お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

影響力のある人とは?人間性とスキル面で周囲からの信頼を築こう

影響力のある人とは?人間性とスキル面で周囲からの信頼を築こう

目次

仕事やプライベートにおいて、影響力が高い人っていますよね。
そして、そうした人に憧れる方も少なくないのではないでしょうか。
今回は、影響力の種類
と高める方法をご紹介します。

影響力とは

影響力とは、「働きかけによって人の心を動かし、行動を喚起したり、考えを変容させたりする力」のことです。
ビジネスでは、1人で完結する業務は少なく、他者の力が必要な場面が多々あります。
そうした中、影響力が高いと周囲の協力を得やすくなり、仕事の推進力もぐっと高まります

影響力の種類

影響力は、パワーの源泉の違いから3つに分類されます。

  • ①ポジションパワー(公式の力)
  • ②パーソナルパワー(個人の力)
  • ③リレーションパワー(関係性の力)

①ポジションパワー(公式の力)

言葉の通り、組織における肩書や役職が持つ力です。
「社長だから」「部長だから」といった、いわゆる上司という立場に不随するものであり、肩書そのものが部下への強制力を生みます。
また、人事権など特定の権限や、予算を持つことも、ポジションパワーの1つです。
誰もが肩書を得ることで持てる一方で、失うと同時になくなることも特徴です。

②パーソナルパワー(個人の力)

個人が持つ魅力」による力です。
その人自身の人間性や人柄、経験、実績、専門性が含まれます。
そうした要素から生じる周囲からの「信頼」が、パーソナルパワーの源と言えます。

③リレーションパワー(関係性の力)

人間同士の関係性からくる力で、「他人の力を借りる力」とも言えます。
ビジネスでは、他者の協力が必要な場面が多々あります。
そのような時に、声をかけたら支援してくれる仲間やネットワークによる力です。

影響力のある人に共通する特徴

周囲にいる、ポジションパワー以外の影響力を持っている人を思い浮かべてみてください。
こういった特徴が挙げられるのではないでしょうか。
まさに、パーソナルパワーとリレーションパワーから構成される特徴ですよね。

  • 前向き
  • 仕事ができる
  • 勇気がある
  • 人柄が良い
  • 巻き込み力がある

20代、30代が意識すべきは「パーソナルパワー」

若手社会人は相対的に職業人人生が短いので、どうしてもポジションパワーやリレーションパワーは低くなってしまいます。
なので、20~30代は個人の魅力による「パーソナルパワー」を意識して高めていくことをおすすめします。
そして、徐々に社内での関係性構築や昇進によって、リレーションパワーやポジションパワーといった力も獲得していきましょう。

ただし、常に注意しておきたいのは、ポジションパワーは肩書に付随し、肩書を失うと同時に消失する力ということです。
また、リレーションパワーに頼りがちというのもよくありません。
「虎の威を借る狐」のように、後ろ盾の人が転職や異動などでいなくなると、一気にパワーを失う可能性があるからです。
なので、どの立場になっても、最も意識すべきはパーソルパワー、そして次にリレーションパワーという順番になります。

これからの時代は、あらゆる年代でパーソナルパワーが重要

さらに、時代背景を考えても、20~30代の若手層に関わらず、パーソルパワーはあらゆる年代の社会人にとって重要なものになってきています。
「肩書によって人を動かす」というのは、どちらかというと前時代的な印象ですよね。
先行きの不透明な現代においては、個々が自律し、主体的に考え、動く組織であることが求められます。
みなさんも、納得性も論理性もないことを「いいからやれ」「社長が言ってるからやれ」と言われたとしても、心からやりたいという気持ちは芽生えませんよね。
これからの時代は、一人ひとりが本質的に理解し、納得しないと自律した組織にはなりません。
そういった観点でも、肩書に頼らずに周囲を巻き込んでいくパーソナルパワーとリレーションパワーがますます重要となってきます。

影響力のある人になるには?パーソルパワーを高める方法

パーソルパワーを高めるうえでのキーワードは「信頼」です。
周囲から信頼される人を目指すことが、パーソルパワーを高めることにつながります。
ビジネスにおいては、「人間性」と「スキル面」の2軸を意識しましょう。

「人間性」による信頼

人間的な魅力と言っても、様々な要素があります。
例えば、このような特徴を持っている人は信頼される傾向にあります。

  • 相手の意見や価値観を否定せず、受容力がある
  • ミスをしても他責せず、謝罪できる
  • 損得に関わらず、他人のために行動できる
  • 口先だけでなく、きちんと約束を守る
  • 勇気と責任感がある

周囲の「この人は信頼できるな」と感じる人がいたら、どのような要素がそのように感じさせているのかを分析し、取り入れてみましょう。
しかし究極的には、それぞれその人らしいパワー発揮の仕方があるので、自分はどんな魅力や長所を持っているのかを見つめ直し、それらを高めていくことが大事です。

「スキル面」での信頼

ビジネスにおいては、人間的な魅力だけでは不十分で、当然スキル面での信頼も必要となってきます。
例えば、ビジネスで信頼される人は、このような特徴があります。

  • 専門知識やスキルが高い
  • 経験が豊富
  • 実績を出している
  • 納期にきちんと間に合わせる
  • 仕事のスピードが速い
  • 仕事の質が高い

これらの特徴は、普段の仕事に対する姿勢と、積極的に自身のスキルを磨き、そしてそれを成果につなげていくことで得られます。

より実践的な影響力について学びたい方にオススメの講座

影響力や関係者を巻き込むうえで必要なスキルを本当の意味で身につけるには、やはり書籍や動画学習などの独学では、限界があります。
私が講師を務めるグロービス経営大学院では、『パワーと影響力』という講座で、より詳細な影響力の行使プロセスや技術論を教えています。
困ったら、ビジネススクールなど外部の機関で学ぶというのも1つの手です。

\講座の詳細はこちら/

210309_CNote科目bnr_pPC.jpg

210309_CNote科目bnr_pSP.jpg

また、グロービス経営大学院では、随時オンラインにて『体験クラス&説明会』を実施しています。
全国から、20~30代の若手リーダーからミドルマネージャーまで、幅広い年齢層&職種のビジネスパーソンが参加されています。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

210312_CNote_OC_PC.png

210312_CNote_OC_SP.png

まとめ

これからの時代は、パーソルパワーによる影響力の重要性がさらに増しています。
パーソルパワーを支えるのは「信頼」です。
周囲からの信頼は、一朝一夕で得ることができません。
日々の努力と地道な積み重ねにより、「人間性」と「スキル」を高めていくことが、とても大事です。

村尾 佳子(グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長)

村尾 佳子(グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長)

関西学院大学社会学部卒業。大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策修士。高知工科大学大学院工学研究科博士(学術)。大手旅行会社にて勤務後、総合人材サービス会社にてプロジェクトマネジメント、企業合併時の業務統合全般を経験。現在はグロービス経営大学院にて、事業戦略、マーケティング戦略立案全般に携わる。教員としては、マーケティング・経営戦略基礎リーダーシップ開発と倫理・価値観経営道場などのクラスを担当する。共著に『キャリアをつくる技術と戦略』、27歳からのMBAシリーズ『ビジネス基礎力10』『ビジネス勉強力』『リーダー基礎力10』がある。

BACK TO CATEGORY

Related Content

合わせて読みたい記事

行動力がある人に共通する特徴と高める方法

行動力がある人に共通する特徴と高める方法

プレゼンを成功に導く話し方と資料作成のコツ

プレゼンを成功に導く話し方と資料作成のコツ

相手に伝わるプレゼン構成とは?基本からシーン別おすすめ構成法

相手に伝わるプレゼン構成とは?基本からシーン別おすすめ構成法

想像力の欠如はデメリットだらけ!想像力を鍛える5つの方法

想像力の欠如はデメリットだらけ!想像力を鍛える5つの方法

「伝わらない」から脱却!言語化能力を鍛えるためのポイント

「伝わらない」から脱却!言語化能力を鍛えるためのポイント

Recent Entries

最新記事

6/3(木)【特別セミナー】医師がMBAでビジネスを学ぶ理由

6/3(木)【特別セミナー】医師がMBAでビジネスを学ぶ理由

5/18(火)【特別セミナー】LOVOTと共に実現したい世界 ~テクノロジーで幸せを届ける~

5/18(火)【特別セミナー】LOVOTと共に実現したい世界 ~テクノロジーで幸せを届ける~

社会人基礎力とは?人生100年時代に必要とされる3つの能力と鍛え方

社会人基礎力とは?人生100年時代に必要とされる3つの能力と鍛え方

なぜ仕事のやる気が出ない?5つの原因とやる気を出すための方法

なぜ仕事のやる気が出ない?5つの原因とやる気を出すための方法

Share