福岡校のご案内

福岡校のご案内

福岡開校に賭ける想い

「日本のビジネスパーソンにも、最高の学びの場を提供したい。能力を高め、ネットワークを作り、リーダーとしての志を育む場を、この日本に作りたい。しかも、仕事を続けながら通える環境を提供できたら、日本から数多くのリーダーが生まれ、社会をドラスティックに変えることができるのではないか。」

ハーバード・ビジネス・スクールの中庭の芝生の上で描いたその想いを実現するために、1992年に東京渋谷の貸教室で20名のクラスから始めたのが、このグロービスです。ゼロから始めたビジネススクールが、今では、年間8,500名*を超える科目受講生を抱えるマネジメント・スクール、年間769名*の入学生を迎える経営大学院、年間670社*を超す企業研修を担う、日本最大のビジネススクールへと成長しました。
*は全て2016年時点の数値)

お金もない、ブランドもない、実績もない中で、グロービスが最も大事にしてきたのは、受講生の満足度を徹底的に高めることです。そのために、グロービスでは、カリキュラム、教員、学習メソッドを徹底的に磨き上げ、実務で使える活きた学びを提供することにこだわり続けてきました。結果として、大学院本科生の9割以上が学費を自ら負担して学びに来ています。彼らは当然、目の色が違います。こうした環境が相まって、グロービスの「最高の学びの場」ができあがっているのです。

堀 義人

一方で、働きながら学べる環境を提供するには、日本各地にキャンパスを作る必要があります。東京校、大阪校、名古屋校、そして2012年は、震災後の復興リーダーを育むべく仙台校を開校しました。そしていよいよ、この九州に、「最高の学びの場」を提供できる時が来たのです。

実は何年も前から、九州にグロービスを作ってほしいという声や、九州から東京まで飛行機で通学される方々がいらっしゃいました。こうした方々の期待に応えられることを大変嬉しく思います。住みやすく、アジアに近く、魅力がたくさん詰まったこの福岡に、幕末の松下村塾のように、社会を動かさんとする志士が集う。その志士達が、更に全国のグロービスの志士達とも繋がり、ともに高めあう。グロービス福岡校からも、数多くの“創造と変革の志士”を輩出したいと思っています。

グロービスで会いましょう。

グロービス経営大学院 学長 堀 義人

2016年5月、博多駅直結の「JRJP博多ビル」に拡張移転

九州各県のみならず中国地方からも多数のビジネスパーソンが集まるグロービス福岡校。受講生数の増加に対応するため、2016年5月に新キャンパスへ移転いたしました。

新キャンパスは従来の倍にあたる4教室に増え、受講希望が多い週末クラスをより拡充させることができるようになりました。受講生同士の交流の場であるラウンジや勉強会室も増床し、勉強の合間にくつろいだり、ゆっくり読書を楽しむことができるカフェスペースも増設しております。これまで以上に充実した設備と快適な環境で、学びを深められるようになりました。

また、九州地方最大のターミナル駅である博多駅に直結することにより、福岡県内はもとより、九州全域、中国地方からのアクセスが大幅に向上しました。大阪、名古屋など他キャンパスの受講生が福岡キャンパスで振替受講しやすくなるといった利便性の向上にもつながっています。

グロービス福岡校

気さくで情に厚い福岡らしく、福岡校には「本気で仲間を応援し合い、共に成長しよう」という文化があります。熱い志とエネルギーに溢れる方々が集い、切磋琢磨しながら成長していく姿は、福岡校スタッフにとっても何物にも代えがたい喜びです。

社会を動かさんとする「創造と変革の志士」が九州・中国地方からも多数輩出されるよう、今後もみなさまと共に歩んでいきたいと思います。