お知らせ

「第4回 GLOBIS Venture Challenge」受賞3チームが決定

2016年11月21日

11月20日(日)、グロービス経営大学院 東京校にて、ビジネスプランコンテスト「第4回 GLOBIS Venture Challenge (GVC) 失敗したっていいじゃないか。ガンガンに行こう!」の最終選考会を開催しました。
今年は過去最多となる54チームからの応募があり、6チームが最終選考会でプレゼンテーションを行いました。

 GLOBIS Venture Challenge(GVC)
 起業を目指す多くの在校生・卒業生にビジネスプランを競う場を提供し、立ち上げ資金を支援することで、より多くの起業を促すものです。
 加えて、その企業が将来的にメガベンチャーへ成長する足掛かりをグロービス・コミュニティから得られることを目的としています。
 出資にあたっては、学校法人グロービス経営大学院と株式会社グロービスがファンドを組成。受賞者は大賞500万円、優秀賞300万円(複数授賞の場合は総額最大2000万円)の出資を受ける権利を得ます。
 審査基準は、ビジネスプランの市場性、競争優位性、実現可能性、収益性が見込めることに加えて、社会性や経営メンバーの意志や志などグロービスの教育理念に即しているかを重視します。



■第4回 GLOBIS Venture Challenge受賞ビジネスプランとチーム代表者(順不同・敬称略)

【大賞(500万円)】
 ・MiCAN Technologies  
  代表者:宮崎和雄(グロービス経営大学院2008期生、大阪校)
 ・wish-alize
  代表者:谷内要亮(グロービス経営大学院2014期生、大阪校)
 ・Blincam
  代表者:高瀬昇太、田中敦(グロービス経営大学院2012期生、東京校)


グロービスニュースリリースはこちらより
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

「第4回 GLOBIS Venture Challenge」受賞3チームが決定 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ