日本型インダストリー4.0:
「和ノベーション」で創造する未来
【 Stimulated by Roland Berger 】

不確実性の時代である今、自らが生み出したい世界を構想し、それを形にしていくアプローチが企業や社会に求められています。本科目では、ドイツに本社を置き、世界34カ国で展開する戦略コンサルティングファームであるローランド・ベルガーが、ドイツ発「インダストリー4.0」のダイナミックなインパクトを読み解き、IoTやAIによる効率一辺倒でないより良い社会のあり方や、日本の構造的な課題をも解決へと向かわせる日本型イノベーションのあり方を、受講生の皆さまとの議論を通して共に探っていきます。クラスは、レクチャー、ケース、ワークショップを織り交ぜて進行します。

  • Day1

    テーマ:

    • 「インダストリー4.0」の本質を理解

    ケース:

    • フォルクスワーゲンのモジュラー・ツールキット戦略
    • インダストリー4.0への挑戦:シーメンス スマート・ファクトリー
  • Day2

    テーマ:

    • 日本の現状と課題の抽出

    ケース:

    • ファナックのIoT戦略
    • インダストリー4.0時代の≪ミスミQCTモデル≫
  • Day3

    テーマ:

    • グループ課題:「未来構想」の発表
  • Day4

    テーマ:

    • 刺激の半日:「和ノベーション」ワークショップ

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

_FACULTY

長島 聡

早稲田大学理工学研究科博士課程修了
学位:博士(工学)

ローランド・ベルガー代表取締役社長。大学院修了後、早稲田大学理工学部助手、ローランド・ベルガーに参画。自動車、石油、化学、エネルギー、消費財などの製造業を中心として、グランドストラテジー、事業ロードマップ、チェンジマネジメント、現場のデジタル武装など数多くの プロジェクトを手がける。特に、近年はお客様起点の価値創出に注目して、日本企業の競争力・存在感を高めるための活動に従事。自動車産業、インダストリー4.0/IoTをテーマとした講演・寄稿多数。

OTHER CURRICULUM

TECHNOVATE SUBJECTS