活躍する卒業生・在校生

学生の声

中小企業は99%社長で決まる。
だから自分が
成長しなければいけない。

株式会社美鈴
代表取締役社長

鈴木 哲哉さん Tetsuya Suzuki

鈴木 哲哉さん鈴木 哲哉さん

PROFILE

2007年に北海道薬科大学卒業。大手ドラッグストアを経て、父親が経営する株式会社美鈴に入社。薬剤師として勤務し、2015年10月に代表取締役就任。茨城県の県央地域を中心に、調剤薬局15店舗を展開している。

※肩書はインタビュー当時のものです

経営者としての知識や経験がないことに危機感を抱いた。

― 学び始めようと考えたきっかけや動機は何でしょうか?

「いずれ父から会社を譲り受ける」という覚悟と使命感をもちながら日々働いてきました。一方で、経営者としての知識や経験がないことに危機感や焦りも感じていました。そんな中、2015年に事業継承し、代表取締役に就任。100人もの社員の人生を背負う立場になり、危機感や焦りは増していくばかりでした。

そんな時、アメリカの大学でMBAを取得した友人に悩みを相談したところ、グロービスを勧められました。調べてみると、水戸にも特設キャンパスがあり、「体験クラス&説明会」を開催しているというので、まずは足を運んでみることにしました。

試しに受けた授業で、新たな視点に出会い感銘を受けた。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

試しに単科生として受講した「アカウンティング基礎」の授業がきっかけです。経営に必要な会計・財務に関するスキルを身につけ、実務ですぐに使いたいと考えて受講したのですが得られたのはスキルだけでなく、「数字の向こうには、経営者の考えや想いがある」という視点でした。

今まで、ただの数字だと思って見てきた財務諸表は、先代のさまざまな想いが積み重なり築き上げられてきたものだと知り、感銘を受けました。そこから、MBAを取得したいという気持ち以上に、純粋に「グロービスで学び、もっと成長したい」と思うにようになったのです。

通学と遜色ない授業が受けられるオンラインクラス。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

オンラインでも受講できる点です。従業員に何かあった際や、人手が足りない時は、私も薬剤師として店頭に立つことがあります。自分では業務時間をコントロールできないことも多いため、東京校のクラスに通い続けるのは難しいと判断し、オンラインクラスを受講することにしました。

オンラインクラスは、開講クラスも多く、教室での授業と同様にディスカッション形式で進行するので、通学と遜色のない学びを得られます。オンラインクラスではもし欠席となっても、後で授業の録画を視聴できキャッチアップできる点はとても助かっています。

中小企業は99%社長で決まる。だから自分が成長しなければいけない。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

事業を継いだばかりの頃は、自社を永続的に発展できる会社にしたいと思い、自分なりのやり方で奮闘していました。そんな折、ある人から「中小企業は99%社長で決まる」と言われました。

組織を強くするには、まずトップである自分が成長しなければいけないと考えるようになり、アメリカでMBAを取得した友人に相談し、自分もMBAを取得し、経営能力を最大限高めようと決意したのです。

単科生制度を利用して負荷を確認。その間、家族と話し合いを重ねた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

仕事と家庭、そして勉強のバランスをうまく取れるかが不安でした。小学生の子どもが3人おり、受験を控えた長男は、塾の送り迎えが毎日のようにあります。さらに仕事は、休みや業務時間が不規則。そのような状況の中で、2年間学び続けられるかという懸念がありました。

そこで、単科生制度を利用して、実際に数科目受けてみることにしました。1つの期に1科目だけ受講するパターン、2科目を同時に受講するパターンなど、さまざまなパターンの検証を重ねました。その間、家族とも話し合いながら少しずつ不安や懸念を払拭し、出願に至りました。今こうして本科で学べているのは、理解してくれた家族のおかげです。

自分の考えを自信を持って話せるようになった。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

ビジネスパートナーやステークホルダーと、対等に話せるようになってきたと感じています。今までは専門外の話になると、自信がないために気後れしてしまったり、言葉を飲み込んでしまったりといったことが多かったのですが、最近は自信をもって自分の意見を言えるようになってきました。

例えば銀行とのやり取りでは、以前は「借り入れが増えるとリスクが大きくなる」「金利が上がったらどうしよう」といった不安を抱くばかりだったのですが最近は、銀行から融資を提案される機会も増え、立場が大きく変化してきたことに自分でも驚いています。

グロービスで過ごす時間は、かけがえのないもの。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスは、「少しでも何かを変えたい」「もっと成長したい」という想いを実現できる場所です。

普段、仕事を通じてでは出会わないような立場や業界、職種の仲間とともに、ディスカッションを重ね、新しい知識や考え方に触れる時間は、自分にとってかけがえのないものになっています。あのとき勇気を出して受講をはじめて、本当に良かったと心から思っています。

私は、両親から事業を受け継いだとき、多くの方にサポートいただきました。今後は会社を持続的に成長させると同時に、ともに学ぶ仲間も含めてお世話になった人たちに少しでも恩返しできるよう、努力を続けていきたいと思っています。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

鈴木 哲哉さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。