活躍する卒業生・在校生

学生の声

松田 未来さん松田 未来さん

自分の能力の限界が、
所属する組織の可能性を
狭めてしまう。

株式会社リクルートキャリア
エージェント事業本部 九州営業部 RAグループ

松田 未来さん Mirai Matsuda

PROFILE

国際基督教大学を卒業後、新卒で日本オラクル株式会社に入社。営業職として主に流通業界へのセールスに従事。その後、元々関心の高かった人材や教育のドメインで働くことを決め、リクルートキャリアへ転職。個人の転職支援を行うキャリアアドバイザーを経験したのち、現在の法人向け人材紹介の営業に従事。チームリーダーとしてマネジメントも行いつつ、ITベンチャーの営業担当と大手製造業のリクルーターを兼務。

自分の能力の限界が、所属する組織の可能性を狭めてしまう。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

若い社員が多い組織の中で、新人の教育担当やチームリーダーに抜擢された際、自分の能力の限界を感じ、このままでは所属する組織の可能性を狭めてしまうという危機感を感じたことが最初のきっかけでした。このままでは自分を信頼してくれる会社、同僚に対して申し訳ないと思いました。

また、お客様との商談時に、専門とする中途採用以外のことは何も知らないな、と感じることが増えたことも大きいです。経営者や役員層とお話する機会が少なくないのですが、自分がもし経営者ならビジネスの全体像をわかっていない相手に相談したいとは思わないと感じたこともきっかけのひとつになりました。

卒業生の仕事への真摯な姿勢や能力の高さに触れることができた。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

理由は大きく二つです。まず、仕事を続けながら通うことのできる点です。海外MBAを検討していたのですが、海外留学は仕事を辞めないと難しいですし、国内のパートタイムMBAで仕事をしながら学べれば、学びを実務ですぐに活かせる場があり、海外留学よりも身につくだろうと考えました。仕事も好きだったので辞めることは考えられず、グロービスは仕事を続けながら平日夜間や土日に学べる点に魅力を感じました。

二つ目の理由は、上司や同僚にグロービスの卒業生が複数おり、その方々の仕事への真摯な姿勢や能力の高さに触れることができたことです。頑張って勉強すれば、彼ら彼女らのようにビジネスの第一線で活躍できるようになるのかもしれないという期待もありました。

誰もが互いに貪欲に学び合おうという姿勢がある。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

学んだことをすぐにビジネスの現場でアウトプットできること。そして、一緒に学ぶ仲間が素晴らしいことです。

本で読んだ情報は頭には流れ込むものの、実務でのアウトプットに繋がった経験があまりないのですが、グロービスの場合は予習・授業・復習と徹底的に考え抜き、自分なりの意見を求められる機会が多いため、知識のインプットにとどまらず自然と実務でのアウトプットにつながっている感覚があります。また、グロービスに集まっている人たちは、誰もが互いに貪欲に学び合おうとする姿勢や助け合う精神が備わっています。私は在校生の中でもかなり若くビジネスの経験も浅いので、ともに学ぶ皆さんに貢献できるか不安だったのですが、お互いにリスペクトし合う雰囲気があり、一体感を感じながら日々楽しく学べています。

キャンパスのないエリアに転勤になったらどうしよう。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

仕事と両立の難しさは少し気になりましたが、何とかなるだろうと思っていたので大きな懸念はなかったです。唯一気になった点は、キャンパスのないエリアに転勤になったらどうしようということでした。入学してから知ったのですが、グロービスの学生は全員がオンラインの授業を履修することができるので、居住地が変わった場合も安心して学び続けることができます。実際にオンラインの授業を受講してみたのですが、オンラインは世界中から学生が集まっています。通学とオンラインの違いを感じることなく、困ることも特になかったです。通学時間が節約できるので、通学することが難しい地域の方や、育休・産休中の方などにはとてもよい学び方だと思います。

課題を捉える際の解像度が上がった。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

課題を捉える際の解像度が上がったこと。そして、より広い視野で自社の立ち位置や戦略、打ち手を捉えられるようになったことです。

前者については、お客様のビジネスはもちろんのこと、自組織のコンディションの理解度が格段に高くなったように思います。問題を分析する際の枠組みを身につけたことも大きいのですが、さまざまなケース(企業事例)を通じて、視点の引き出しが増えたことが影響している気がします。
後者については、これまで社長や上司からのメッセージを漠然と受け取っていましたが、その意図や背景をくみ取ったうえで理解することができるようになりました。その結果、自身の視座も上がり、自組織のことを我が事として考えられるようになり、自分が果たすべき役割も明確になってきました。

グロービスは、人生に向き合う機会を提供してくれる。

― グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

グロービスはビジネススキルを高めるだけでなく、自身の人生に向き合う機会を提供してくれます。ビジネススクールなので経営戦略やマーケティング、会計・財務などのビジネスに関連する基本的な知識は当然身につくのですが、カリキュラムマップには「」と呼ばれている科目領域があり、じっくりと自分自身に向き合い新たな側面に気づくことができる点がグロービスならではの魅力だと感じています。自身の能力に危機感を感じている方や成長意欲の高い方はもちろんですが、今後の歩むべき方向に悩まれている方も、グロービスはとてもフィットするビジネススクールだと思います。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

松田 未来さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。