活躍する卒業生・在校生

学生の声

梅澤 一成さん梅澤 一成さん

他校と比べて、
実務に直結すると
確信した。

外資系製薬会社

梅澤 一成さん Kazunari Umezawa

PROFILE

製薬業界内で転職をし、現在は希少疾患関連の医薬品開発に携わっている。

※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

「いつか時間ができたらやろう」と思っていても、永遠にそんな時間は訪れない。

― MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

私は製薬会社に勤めています。MBAには以前から興味はあったのですが、忙しさなどを理由に一歩を踏み出せずにいました。入社当初は営業、マーケティングを担当していましたが、現在は開発部門で働いています。主に希少疾患と言われる、患者様の数が非常に少ない疾患に対する医薬品の開発を、海外の本社や国内の規制当局と連携しながら国内で進めていく仕事をしています。

この部署への異動後、自分とバックグラウンドの異なる人達をうまく巻き込みながら仕事を進めることができず、チームの中でリーダーシップを発揮できていない自分に思い悩みました。なんとか現状を打破して、成果につなげたいという想いが日に日に強くなっていきました。
こうした想いを抱く中で、リーダーシップ等の人に関する領域だけでなく、ビジネスで成果を出すために必要な力を体系的に学ぶことができるMBAへの興味が強まってきました。

さらに大きな転機となったのは、子供が生まれたことです。新たな自分の生きがいが得られて嬉しいという気持ちと共に、純粋に自分のためだけに使える時間は、今後減ることはあっても増えることはない、という危機感も芽生えました。「いつか時間ができたらチャレンジしよう」と思っていても、永遠にそんな時間は訪れないのです。「学びたい、もっと成長したい」と強く思えたこの時に、MBA取得を決意しました。

他校と比べて、実務に直結すると確信した。

― なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

私は、東京在住であるため、当初は東京校に通学して学ぶことを考えていました。グロービスも含め様々なビジネススクールのオープンキャンパスや短期講座に参加してきましたが、グロービスの授業はアウトプットの機会が他校に比べて格段に多いと感じました。ここでなら学びがより実務に直結すると考え、グロービスに通うことを具体的に考え始めました。

そんな時、オンラインMBAがスタートすることを知りました。子供が生まれたばかりだったので、通学時間をゼロにできるならばこんな嬉しいことはないと考え、すぐにオンラインの授業を1科目、単科生として受講してみました。
短期講座や会社の研修でグロービスの授業は体験していたのですが、それらと比較しても、オンライン授業の学びの深さは想像以上でした。

具体的には、リアルタイムでの教員とのディスカッションが通学授業と大差ないスピード感で実施できたこと。それに加えて、チャット機能を活用した発信、受講生同士のやり取りも加わり、90分間休む暇なし、という感覚でした。

オンライン授業を選択することで、通学のために使わなければならなかった時間を予習や復習などの時間に使えますし、休日は自宅で受講できるので、授業終了直後に家族と共に過ごすことができます。子供の成長過程を見守ることは今しかできないので、まさに自分に相応しい学び方だと思います。

突拍子もないことを言っても、それを実現できると思わせてしまう力がある。

― 卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

オンラインで学ぶ魅力は、学生の多様性です。私がこれまで受講したクラスでは、北海道や沖縄に住んでいる人もいましたし、アメリカやシンガポールなど海外在住の方もいました。海外での店舗展開を第一線で担っている方や、海外のグループ会社の役員の方、さらには海外で起業準備をされている方などもいました。こうした海外で活躍される皆さんの話は非常に刺激的で、国内にばかり目を向けていてはいけないと強く動機づけられました。

授業内容は当然ですが、それ以上にそこに集まる学生からの刺激を私は大切にしています。例えば、ある科目で一緒になった方は、「学校を作りたい」という想いを授業前の自己紹介で発表していました。グロービス以外の場で聞いたら、非現実的だと思ってしまいますが、グロービスの仲間と一緒に聞くと、この人はきっと実現させると感じてしまうのです。それは、誰もネガティブなことを言わないから。グロービスに集まる人はみな、実現させるためにはどうすれば良いのかを考える人たちばかり。突拍子もないことを言っても、それが実現できるという雰囲気にさせてしまう力がグロービスにはあると思います。

また、これは副次的なメリットかもしれませんが、グロービスのオンライン授業はライブ形式ですので、海外はもちろん、国内の遠隔地ともテレビ越しに会議をすることが当たり前になってきている現代に必要なコミュニケーションスキルが鍛えられて、すぐに仕事に活かせるのではないかとも思っています。

今より暇になることはない。与えられた時間をいかに有効に使うか。

― グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

仕事、学び、プライベートのバランスを上手くとれるかという不安がありました。今後さらに仕事上での自身の役割を増やしていきたいと考えていますし、プライベートにおいても父親としての役割も加わります。そこにさらに学生としての役割が加わることで、すべての役割をしっかりと果たすことができるのかという懸念を抱いていました。

しかし、オンラインMBAであれば、通学時間が必要ないですから、その時間を有効に活用することで仕事やプライベートとのバランスを取ることも可能だと思っています。学生同士で自主的に開催する勉強会も、もちろんオンラインですから、開催場所への移動時間も必要ありません。今でも不安は尽きないのですが、年をとればとるほど、仕事もプライベートも様々な役割が増えていきます。今より暇になることはまずないでしょうから、心配ばかりせず、与えられた時間を効率的に使う方法を積極的に考えることに努めています。

行動する前に、自らに「本当にそれでいいのか?」を問い、客観的に考察する癖がつき始めた。

― 出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

グロービスの授業は、ケースメソッド方式。実際の企業で起こった事例について、学生各々が自分の意見を出し合って議論をしていきます。第三者の立場で、ケースの主人公のことを批判するのであればいくらでも言うことはできると思います。しかし、課題で問われるのは、「もしあなたがこの主人公だったらどうするのか?」です。ケースに何度も取り組んできたことで、最近は何らかの行動をする前に必ず自分の胸に手を当てて、「本当にそれでいいのか?」と自分に問う癖がついてきました。その結果、これまでは反射的にコミュニケーションをとるタイプだったのですが、一歩立ち止まり、相手の前提を確認した上で対応できるようになりました。

また、臨床試験に関しては、進め方に決まったフォーマットがあり、これまでは海外の事例をそのまま展開することが多かったのですが、「自分が臨床試験の責任者になったらどういう戦略で展開するか?」「これまでの常識に捉われていないか?」「どこにインパクトの大きい障害要因があるか?」など自問自答するようにもなりました。

iPS細胞など革新的な技術の研究が進んでいけば、臨床試験の新しいやり方が必要なってくる場面も出てくるでしょう。そんな時に、前例に捉われず考えられる姿勢は必ず役に立つと信じています。

長い人生を考えると、早い段階で決断した方がチャンスは多く巡ってくる。

― 入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

私はオンラインMBAを受講する3年程前に、会社の研修でグロービスの授業を受講し、大きな刺激を受けました。その研修がきっかけとなり、経営を体系的に学んでみたいと感じ、まずは書籍などによる自己学習をしようと考えていたのですが、仕事の忙しさを理由にほとんど何もやってきませんでした。

グロービスで学びたいと思っているような成長意欲の高い方は、この先、今より仕事が暇になることはないのではないでしょうか。もし、「学びたい、もっと成長したい」という強い想いがあるならば、躊躇せずに早く一歩を踏み出して欲しいと思います。

MBA取得までの2年という時間は、検討当初は長いと感じていたのですが、途中で考え方を切り替えました。これからの長い人生を考えると、早い段階で決断した方がMBAでの学びを活かせる時間が長く、より多くのチャンスにめぐり逢えるはず、と今は考えています。もし、今、MBAに興味はあるけれども、踏み切れずにいるという方がいらっしゃったら、ぜひ、「いつやるのか?」とご自身に問いかけてみて下さい。

他の学生の声を見る

  • LINEで送る

梅澤 一成さんのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。