松原 孝博さん 松原 孝博さん

仕事が面白くなり、
キャリアビジョンが明確に。

  • 通信会社
  • 経営企画部門

松原 孝博さんTakahiro Matsubara

PROFILE

広島大学経済学部卒業後、NTT西日本へ。NTTから現在の会社への出向を機に地方から東京へ。初の大都会の生活に戸惑いを感じつつ、出会うメンバーの能力の高さなどに焦りを感じる。一度会社を離れ、人からの刺激を受ける中で、自らと会社について客観視し、改めて今後のキャリアについて深く考えた結果、グロービスで学びを深めることに。大きな価値観の変化があり、現在は、仕事と家庭と勉強のすべてに全力投球することをモットーに日々を過ごす。


※こちらの記事は、在学時のインタビューとなります

百聞は一見に如かず。今のままではまずいという焦りを感じた。

MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

書籍を読む中で、その内容に納得感があり尊敬できる著者の多くがMBAホルダーであることを知り、MBAに興味をもつようになりました。とはいえ、その頃は身近にMBA取得者がおらず、仕事も経営に近い内容ではなかったうえに地方勤務であったことなどから、現実的にMBA取得を考えることができず、遠い憧れのように感じていました。

そのような日々を過ごすうちに、ある時、東京へ転勤することとなりました。経営層に近い部署に異動したこと、能力が高いメンバーに囲まれたこともあり、MBAへの憧れが再燃しました。MBAに関するあらゆる情報を調べている最中、グロービスの「体験クラス」の存在を知り、まずはMBAを肌で感じてみたいと考え申し込みました。

百聞は一見に如かず。参加してみると、授業の内容の濃さ、面白さ、そして教員の説明の分かりやすさに驚きました。そして、これまでまともにビジネスについて勉強をしてこなかったことを反省するとともに、今のままではまずいという焦りを感じたのが、本格的にMBA取得を考える動機となりました。

経営を学ぶだけでなく、人生のベクトルである自らの「志」についても深く考えることができる。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

グロービスを選択した理由は大きく2つあります。
1つ目は、「実践的な経営能力」「良質な人的ネットワーク」「志の醸成」という3つの教育理念に共感したことです。グロービスは、経営を学ぶだけでなく、人生のベクトルである自らの「志」についても深く考えることができ、多種多様な業種とキャリアを持つ仲間たちと出会えるということに魅力を感じました。

2つ目は、学ぶ仕組みと環境が充実していることです。グロービスは、通学だけでなくオンラインでも受講できます。さらに、急な仕事などが入り予定クラスを受講できなくなった場合でも、クラスを振り替えて受講することができます。加えて、全国5拠点への転校制度も整っていることから、転勤などで東京を離れることになっても、学び続けることが可能です。また、学生による自主勉強会を推奨していたり、ライブラリなどの施設が充実していることから、学びの環境も整っています。このように、自分のライフスタイルに合わせた柔軟かつ積極的な学びの仕組みが整っているのは、グロービスならではの魅力だと思います。

授業を受けるたびに、現場でどう実践するが楽しみになる。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

これも大きく2つあります。1つ目は、実務に近い実践的な授業内容であることです。MBAというと、アカデミックな内容を想像しがちですが、グロービスは、実際に起こったケースを題材にして、徹底的に当事者意識をもって考え抜き議論します。

授業は、現場で繰り広げられる生々しい話や学生同士のリアルな現場での体験談などをシェアしながら、ディスカッション形式で進められます。もちろん、MBAの醍醐味である「経営の定石」をどのように当てはめるべきかについても深く考えていきます。また、ビジネスの第一線で活躍している教員がとにかく分かりやすく教えてくれるので、理解もしやすく、授業を受けるたびに、学びをどのように現場で実践しようかと考えることが楽しくなります。

2つ目は、熱く前向きで聡明な仲間と出会えることです。学生は、所属組織を少しでもよりよくしたい、もっと成長したいといった前向きなエネルギーを持ったメンバーばかりです。だからこそ、授業での議論も活発になり、学びが深まります。年代も業種もさまざまなので、社内の狭いコミュニティで過ごすだけでは触れることができない価値観や考え方に刺激を受けることが多くあります。また、グロービスには互いに支え合う文化があるため、授業内容だけでなく、仕事やプライベートについても相談し合いながら、共に高めあうことができるのです。グロービスで出会った仲間は、私の一生の財産です。

グロービスへの投資は、必ず何倍にもなって返ってくるはず。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

懸念点としては、主に2つありました。1つ目は、仕事とプライベートの両立ができるかどうかということです。

ただ、実際に入学してみると、思いのほか学習時間を捻出することができました。自分でも驚きですが、入学前の生活リズムを見直してみると、かなり無駄な時間を過ごしていることに気づいたのです。ダラダラとTVを見る時間、通勤時間、寝すぎる時間などを少しずつ見直し、あまり負担なく、学習時間を確保できるようになりました。これによって、日々の時間の使い方が圧倒的に効率的になりました。とはいえ、当然のことながら、何かを犠牲にすることも必要になります。私の場合は、家族との時間でした。ただその分、一緒に過ごせる時間を格段に凝縮させることで、充実した時間となっています。

2つ目の懸念は、費用面でした。決して安くはない投資です。ここは何度も家族と相談しました。そこで背中を押してくれたのは、ファイナンシャル・プランナーである妻の「短期的には負担は大きいけれど、長期的に見て、回収できると思うのであればやってみたら」という言葉でした。さすがにファイナンシャル・プランナーらしい言葉だと感心しながらも、こうした検討内容を忘れず、入学後はコスト意識を持つように心がけています。
もし、費用面でお悩みの方がおられたら、この投資を何年で回収するかをぜひ考えてみてください。グロービスへの投資は、必ず何倍にもなって返ってくるはずです。ぜひ前向きに検討していただきたいと思います。

仕事が面白くなり、キャリアビジョンが明確に。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

変化は主に3つあります。1つ目は、仕事を面白いと感じられるようになったことです。

グロービスでは、経営に関するあらゆる分野の勉強ができ、多面的にビジネスを捉えられるようになります。結果、自社の事業構造やお金の流れなど全体を俯瞰しながら仕事ができるようになりました。特に、今の仕事がその後どのように流れるか、どのような影響があるかと考えながら仕事をするようになり、面白さを感じる場面が増えました。

2つ目は、キャリアビジョンが明確になったことです。あらゆる分野の勉強を進める中で、自ずと自身の得意不得意も分かってきます。さらに、異業種でさまざまなキャリアを持つ仲間と仕事内容や将来について語り合うことで、多くの気づきを得ることができました。それによって、私自身が得意とし、強みと感じることを踏まえて、将来どうなっていたいのかが明確になりました。

3つ目は、論理的に物事を考え、説明できるようになったことで、周囲からの納得を得られる機会が増え、仕事がスムーズに進むように変化したことです。グロービスでは、論理性と人を巻き込む力を徹底的に追求する授業が行われます。その結果、仕事においても、論理的に物事を捉え説明できるようになりました。また、誰をどのように巻き込めばスムーズに仕事を進められるかを意識するようになり、適切な方法を選択できるようになってきたと感じています。結果、周囲からの信頼を得ることができ、日々円滑に仕事を進めることができています。

一歩を踏み出せるかどうかで、その後の人生は大きく変わる。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

多くの方はおそらく、「そもそもMBAにチャレンジすべきなのか」「チャレンジすべき時期は今なのか」を悩まれるのではないでしょうか。私も同じように随分と悩みました。ただ、最終的に決断できたのは、「純粋に成長したい」という心の声が聞こえてきたからでした。チャレンジするものが大きいほど、最初の一歩を踏み出すためには勇気が必要です。ただ、実際にその一歩を踏み出せるかどうかで、良くも悪くもその後の人生は大きく変わるはずです。

私も、出願を悩んでいる時に、ある方から「考えるべきは、いつまでに望むキャリアを実現したいか。そこにMBAが必要であるか。もし必要であるならば、勇気をもって一歩を踏み出した方がいいのでは」と助言をいただき、深く考えさせられました。人生は、「やる」か「やらない」かの選択だけだと思います。やらない後悔は一生続きますが、やった(やりきった)後悔は自信につながるはずです。私は、MBAへチャレンジして本当によかったなと思います。それ以上に、その選択を価値あるものにできるよう、日々もがきながら前に進んでいます。

一歩踏み出したその先の世界は、きっと見えるものが変わる――そう信じて、ぜひ皆さんもグロービスのMBAという価値ある選択をしてほしいと心から願っております。

他の学生の声を見る

聞きたい質問項目

所属キャンパス

条件を追加する

業種

職種

役職

受講方法

受講のきっかけ

在校生・卒業生

性別

その他