セミナー情報

【茨城水戸】10年後、私たちはどのような仕事をするのか

~AI時代に起こる変化と、“自分の志”を考える~

  • 一般
  • 単科生
  • 受講生

「何のために働くのか?」

「自分自身は、何を付加価値として社会に還元していきたいのか?」

「AI時代が到来し、自分の働き方はどう変わるのか?」


忙しい毎日を送る中でも、時折、このような問いを考えることもあるかと思います。

そのために、静かな場所で一人で考えてみたり、仲間と話しながら考えてみる。ですが、その答えはすぐには見つからない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

グロービス経営大学院では、志を醸成するきっかけを得て有意義な人生を歩まれる方が一人でも増えることを目指し、「志を育てる」という本を執筆しました。書籍には、志は遠い存在ではなく、誰でも見つけることができるものであると書いてあります。

今回のセミナーでは、執筆者である、グロービス経営大学院研究科長の田久保善彦講師が、インタビューで聞いた実際の話や、本科生や卒業生の話を基に一人ひとりの志の見つけ方、育て方について、分かりやすく説明していきます。さらに、テクノロジーの進展による社会の変化を紐ときながら、これからの働き方、生き方をともに考えます。

「志」とはなにかを考えたい方、自分自身の志をどのように定めるべきか悩んでいる方、志を抱きその実現の方法をより具体的に描きたい方など、多くの方のご参加をお待ちしております。

| 概要

    ■日 時:2017年3月16日(金)19:00~20:30

     (受付は20分前から開始します)

  ■ 場 所:茨城水戸・特設キャンパス(まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO))

                    茨城県水戸市南町 3 丁目 6 番 8 号

■ 参加費:無料      
■ 定 員:50名 

    ■ 対象者:一般の方、受講生(単科生)

※当日ご参加いただいた皆様には、以下の書籍を進呈させていただきます。

「志を育てる-リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために」田久保善彦 執筆・監修 東洋経済新報社

| スピーカープロフィール

田久保 善彦 Yoshihiko Takubo

田久保 善彦Yoshihiko Takubo

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

学校法人グロービス経営大学院 常務理事

慶應義塾大学理工学部卒業/同大学院理工学研究科修了/スイスIMD PEDコース修了。

株式会社三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁(経済産業省、文部科学省他)、自治体などを中心に調査、研究、コンサルティング業務に従事。現在グロービス経営大学院及びグロービス・マネジメント・スクールにて企画・運営業務・研究等を行なう傍ら、グロービス経営大学院及び企業研修におけるリーダーシップ開発系・思考科目の教鞭を執る。経済同友会幹事、経済同友会教育問題委員会副委員長(2012年)、経済同友会教育改革委員会副委員長(2013年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問、NPO法人の理事等も務める。著書に『ビジネス数字力を鍛える』『社内を動かす力』(ダイヤモンド社)、共著に『志を育てる』、『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』、『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済新報社)、『日本型「無私」の経営力』(光文社)、『21世紀日本のデザイン』(日本経済新聞社)、『MBAクリティカル・シンキングコミュニケーション編』、『日本の営業2010』『全予測環境&ビジネス』(以上ダイヤモンド社)、『東北発10人の新リーダー 復興にかける志』(河北新報出版センター)、訳書に「信念に生きる~ネルソン・マンデラの行動哲学」(英治出版)等がある。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ