セミナー情報

【特別セミナー】リーダー基礎力10

~30代の活躍を加速させる、ビジネスを理解し動かす力~

  • 一般

プレイヤーからリーダーになった30代若手の方から、下記のような話を伺います。


「チームの目標を設定し戦略を立てろ、といわれても考え方がわからない。」

「会社の財務諸表を読めることが大事と言われるが、そもそも必要性を感じられない。」

「メンバー育成が役割と言われても、やり方がわからないし時間もない。」


プレイヤーとして大きな成果を出してきた人が、リーダーの立場でマネジメントを任されても、うまく機能しないケースはよくあります。なぜなら、リーダーとプレイヤーではそもそも期待される役割や求められる能力が異なるからです。


今回はそのような問題意識を持つ、リーダーになりたての30代やリーダーを目指す20代の若手ビジネスパーソンに向けて『27歳からのMBAグロービス流リーダー基礎力10』(東洋経済新報社)の著者であり監修者の田久保(グロービス経営大学院研究科長)によるセミナーを開催いたします。


本書で取り上げる「リーダーとして身につけたい10の能力」は、20年を超えるグロービスの教育現場における8万人以上の社会人学生との対話や観察から導き出しました。VUCA(※)と表される激動の時代におけるリーダーの武器となる、時代を越える要素です。


●変化の時代をチャンスと捉え活躍していきたい

●リーダーに必要な力を俯瞰し、能力開発のヒントを得たい

●一段高い視座に立ち、仕事のやり方や進め方を見直したい


など、今後の自己成長や価値発揮に関心をお持ちの方に、ぜひお越しいただきたいセミナーです。既にリーダーとして活躍されている方、これからその役割を担っていきたいと考えている方など、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。


※VUCAとは「Volatility(激動)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(不透明性)」の頭文字をつなげた言葉。

| 概要

■日 時:5月15日(水)19:00~20:30 ※18:40受付開始

■場 所:グロービス経営大学院 東京校

■参加費:2,000円 (当日受付にて承ります。お釣りの無いようにご用意ください。)

■定 員:80名

■スケジュール

第1部:田久保 善彦 講演

    「リーダーとして身につけたい10の能力」

第2部:質疑応答


※参加いただいた皆さまに、書籍「27歳からのMBA グロービス流リーダー基礎力10」を進呈いたします。
※社会人経験をお持ちでない場合は参加をご遠慮いただいております。

※大学院の学校概要や単科生受講などについて、セミナー終了後にご相談も承ります。

※本セミナーに興味をお持ちいただいた方は、ぜひMBAやグロービスのクラスをお伝えする場である体験クラス&説明会にもお越しください。

| スピーカープロフィール

田久保 善彦 Yoshihiko Takubo

田久保 善彦Yoshihiko Takubo

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

学校法人グロービス経営大学院 常務理事

慶應義塾大学理工学部卒業、修士(工学)、博士(学術)、スイスIMD PEDコース修了。株式会社三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁、自治体などを中心に調査、研究、コンサルティング業務に従事。現在グロービス経営大学院にてマネジメント業務・研究等を行なう傍ら、リーダーシップ系・思考系科目の教鞭を執る。経済同友会幹事、経済同友会・新産業革命と社会的インパクト委員会副委員長(2016年度)、新産業革命と規制・法制改革委員会副委員長(2017、2018年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問等も務める。

著書:『ビジネス数字力を鍛える』(ダイヤモンド社)、『社内を動かす力』(ダイヤモンド社)
共著:『志を育てる』、『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『27歳からのMBA
グロービス流ビジネス基礎力10』、『これからのマネジャーの教科書』(東洋経済新報社)、『MBAクリティカル・シンキングコミュニケーション編』(ダイヤモンド社)ほか多数。 

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ