セミナー情報

【特別セミナー】「テクノベートで変える、保育の現場と家族の絆」~スタートアップW杯で優勝したビジネスプランと志~ 

ユニファ株式会社 代表取締役 土岐 泰之氏

  • 一般
  • 単科生
  • 本科生
  • 卒業生
  • 受講生

2017年3月にサンフランシスコで行われた、第1回スタートアップワールドカップの決勝大会。12カ国1万社以上の予選を勝ち抜いた精鋭ベンチャー起業家達をおさえて、巨大な優勝カップと投資賞金100万ドルを勝ち取ったのは、38歳の日本人、土岐泰之氏でした。


土岐氏が取り組むテーマは、テクノロジーで保育の未来を変えること。例えば、同社の保育園向けサービス「ルクミー午睡チェック」は、園児の衣服にセンサーを付けて午睡中の園児を見守り、うつ伏せ寝による窒息を回避しつつ、保育士の見守りや午睡記録の負担も軽減できるサービスです。また、保育施設向けネット写真販売「ルクミーフォト」は、保育士が専用のアプリで撮影した園児の写真が全自動でサーバーへ送られ、画像認識の技術を活用して整理し、共有されるサービス。保護者や家族のPC/スマホ/タブレットから閲覧できます。


「保育士が今、園児の様子を手書きしている部分を、IoTを活用してどんどん省力化していきたい。その結果として、子供達の今日の様子や健康状態が、だれの手間も介することなく保護者にもお伝えできるようしたい。これによって新しい子育て、家族コミュニケーションを生み出してきたい。」


そう語る土岐氏も、起業当初はたった一人からのスタートだったといいます。「社員も組織もない中で、友人達に事業プランを熱く語り、とにかく投資をしてくれ。とお願いをしていました。”スタートアップの苦労話のあるある”については、大体経験した自負はあります。しかし、どうしてもやりたいテーマが明確に見つかっていたので、乗り越えるべき課題でしかないと、突き進んできました。」


今回の特別セミナーでは、起業家土岐氏の創業の思いから、今日に至るまでの数々の試練、そしてそれをどう乗り越え、何を掴んだのか、更には土岐氏が見据えるスマート保育園構想と家族コミュニケーションの姿まで、存分に語っていただきます。


また、対談パートの特別ゲストとして、ユニファ社の創業期に一番に出資を決めた、SMBCベンチャーキャピタル(当時)の服部氏と、ユニファ社との業務・資本提携を主導した凸版印刷の坂田氏、2名のグロービス卒業生にもご登壇いただきます。


投資家サイドから見たユニファ創業期の状況や、凸版印刷から見たユニファ社との事業シナジー等について、多面的なコメントをいただけるものと思います。


多くの方の皆さまのご参加をお待ちしています。

概要

【日 時】2018年 9月28日(金)19:00-21:00
     ※受付は30分前から開始します。
【場 所】グロービス経営大学院 東京校
【参加費】一般の方 3,000円/受講経験のある方 2,000円
     ※参加費は当日受付にてお支払いください。
【定 員】250名

【第1部】土岐氏ご講演
【第2部】対談(土岐氏 × 坂田氏 × 服部氏 × グロービス経営大学院 教員 加藤)
【第3部】質疑応答

※質疑応答では、参加者の皆さまから質問を承ります。

参加申込み

一般の方(受講経験のない方)

単科生・受講生の方

大学院 本科生・卒業生

スピーカープロフィール

土岐 泰之 Yasuyuki Toki

土岐 泰之Yasuyuki Toki

1980年、福岡生まれ。九州大学 経済学部卒業。

住友商事(株)投資開発部にて主にIT・消費者向けビジネスへの投資検討・事業開発・ファンド運営に従事。外資戦略コンサルティング会社ローランド・ベルガーにて大手企業を中心とした事業戦略、再生支援を実施。デロイトトーマツコンサルティングにて中堅企業の経営管理を中心に事業戦略、会計関連プロジェクトに従事。

二児の父であり、自身の「共働きや単身赴任等で子供と触れ合う時間が少なく、サービスの必要性を痛感」した経験を元に、2013年に「ユニファ株式会社」を設立。代表取締役就任。

パネリストプロフィール

坂田 卓也 Takuya Sakata

坂田 卓也Takuya Sakata

2005年、青山学院大学卒業。

2016年3月グロービス経営大学院経営研究科卒業。


2005年凸版印刷入社後、出版、広告、玩具、ゲーム、駐車場・カーシェアリング、コミュニケーションプラットフォームなど幅広い業界のマーケティング・新規事業支援に携わる。2014年4月より、経営企画に異動し、経営戦略部に所属。次世代の事業の柱を構築するべく、社内の新事業支援を実施。2016年より、戦略投資推進室にて、新事業創出を目的としたベンチャー投資およびM&A業務に従事。

パネリストプロフィール

服部 将大 Masahiro Hattori

服部 将大Masahiro Hattori

1985年生まれ。中央大学法学部卒。

2017年3月グロービス経営大学院経営研究科卒業。


2008年 三井住友銀行

2010年〜2018年 SMBCベンチャーキャピタル 投資第一部次長

2018年 DraperNexus


2008年三井住友銀行に入行し法人融資業務に従事し中堅中小企業を支援。その後、2010年から2018年までSMBCベンチャーキャピタルにて国内スタートアップ起業の支援を行い、これまでに50社以上へのベンチャー投資および、大企業とのアライアンスなど、数多くのスタートアップ企業を支援。すでに複数のIPO、M&A、バイアウトでの投資EXITを果たしている。2018年9月より、投資活動の幅を広めるべく日本とアメリカで活動する独立系ベンチャーキャピタルのDraperNexusへ参加。

モデレータープロフィール

加藤 剛広 Takahiro Kato

加藤 剛広Takahiro Kato

青山学院大学理工学部卒業、同大学院理工学研究科機械工学専攻博士前期課程修了。

大手メーカーにて通信制御の研究・開発を経てネットベンチャーに参画。複数事業の部門長を歴任しながら、新規事業の立ち上げ、人事責任者などに従事し、10億円70人への組織拡大に尽力。現在は株式会社グロービスにて、デジタルプラットフォーム事業部にてデジタルコンテンツや学習インフラの開発、学習データ分析等の統括リーダーとして複数の事業を兼任。加えて大学院の創造系ファカルティに所属しコンテンツ開発、講師育成等も兼務。思考、マーケ、ネットビジネス関連科目、ベンチャー系科目、テクノベート系科目、研究プロジェクト等の講師。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ