セミナー情報

【特別セミナー】売れる製品を生み出す新方式 ~次々と新製品を生み出すマクアケ(Makuake)の正体~

  • 一般
  • 単科生
  • 本科生
  • 卒業生
  • 受講生

2013年にスタートし、日本最大となったクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」。毎月、約200件の新製品や新たな体験が生まれています。


クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイディアに賛同してくれる支援者を募集する仕組みです。Makuake(マクアケ)は国内トップクラスの実績と人気を誇るクラウドファンディングサービスです。


そのマクアケに、今、大手企業が相次いで新商品開発の相談に訪れています。マクアケ・インキュベーション・スタジオ(MIS)では、企業の担当者と併走しながら、コンセプトや製品デザイン、加えて社内提案のコツまでをサポートしています。企業は、マクアケを利用することで、顧客のニーズを確認し、一定の資金を確保した上で製品を量産できます。これまでシャープ社、ライオン社、キングジム社など、約30の新製品を世に出しています。

本セミナーは、マクアケ・インキュベーション・スタジオ(MIS)の責任者である木内氏に、次々と新製品み出すマクアケについて、大手企業にみられるイノベーションの阻害要因や、MISがそれをどのようにクリアしているかについて、具体的な事例を交えてお話しいただきます。

対談では、グロービス経営大学院の卒業生でもある木内氏に、マクアケやMISの事業を始めた経緯や、どのようなことに苦労しながら事業を育ててきたのか、グロ-ビスでの学びやネットワークがどのように役だったのかについて伺います。

新製品開発や新規事業に興味のある方や、企業内でご自身のやりたいことを形にしたい方は必聴です。多くの方のご来場をお待ちしております。

概要

■日 時:2019年 9月 13日(金)19:00~21:00

     (受付18:30開始)

■場 所:グロービス経営大学院 仙台校

■参加費:一般の方 2,000円/受講経験のある方 1,000円

※参加費は当日受付にてお支払いください。

■定 員:80名

  • 第1部 ご講演 木内 文昭 氏
  • 第2部 対談    木内氏 × グロービス経営大学院 梶屋 
  • 第3部 質疑応答
  • ※質疑応答では、参加者の皆さまから質問を承ります。
〒980-6126 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル) 26F
  • JR「仙台」駅西口/徒歩2分市営地
  • 下鉄南北線「仙台」駅 北8番出口/徒歩3分

一般の方(受講経験のない方)

単科生・受講生の方

大学院 本科生・卒業生の方

スピーカープロフィール

木内 文昭 氏 Fumiaki Kiuchi

木内 文昭 氏Fumiaki Kiuchi

株式会社マクアケ 共同創業者/取締役

新卒でリクルートグループに入社以降、複数の新規事業創出に携わる。グロービス東京校2007期生。2009年にサイバーエージェントへ転職し、2013年5月のMakuake設立から現職。現在は企業の研究開発テーマから具体的な商品・事業を生み出す『Makuake Incubation Studio』事業責任として、東証一部上場企業20数社での具体的なプロジェクトを実施。

スピーカープロフィール

梶屋 拓朗 Takuro Kajiya

梶屋 拓朗Takuro Kajiya

慶應義塾大学総合政策学部卒業、グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了(MBA)。
日本GE株式会社を経てグロービス経営大学院勤務。東日本大震災後、東北復興への貢献を目的に開校したグロービス経営大学院仙台校の立ち上げメンバーを経て、同校の運営責任者を担当。財団、高等学校、NPOの事務局長、理事等を務める。仙台ロータリークラブ副幹事(2015年度)・会報委員長(2016年度)・プログラム委員長(2017年度)、仙台経済同友会会員。 共著:「日本型「無私」の経営力」(光文社)、「東北発10人の新リーダー 復興にかける志」(河北新報出版センター)。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を開催しています。

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

受講をご検討の方へ