セミナー情報

【経営セミナー】

創造に挑み、変革を導く-MBAに学び、MBAを創る

~グロービス経営大学院 学長 堀 義人 講演~

  • 一般
  • 単科生
  • 受講生

グロービス経営大学院 名古屋校

グロービス・マネジメント・スクール 名古屋校 共催


「日本にもハーバードのようなリーダーを育てるビジネススクールを創りたい。」


学長の堀は、ハーバードでの学びを通してMBAの必要性を強く感じ、多くのビジネスパーソンが日本にいながら同じ学びを得られる環境を創りたいという想いで、MBAを発行する経営大学院を、ゼロから立ち上げました。


グロービス経営大学院が目指すのは、MBAを通して自分自身の可能性を広げ、創造に挑み、変革を導き、社会をより良く変えるビジネスリーダーを育てること。


2017年4月には782名の入学者を迎え日本最大の経営大学院となり、「創造と変革」を体現しながら、アジアNO.1のビジネススクールを目指しています。


本セミナーでは、MBAで学び、起業・経営をしてきた堀の実体験から

・なぜグロービス経営大学院を立ち上げたのか。

・MBAでなにを学び、それを経営にどのように活かしてきたのか。

・自らの可能性が、MBAによってどのように広がったのか。

をテーマに話を進めます。


また、後半の質疑応答の時間では、起業家・経営者・ベンチャーキャピタリストなど多様な立場を担う堀の経験から皆さまの質問にお答えすると共に、「激変する時代のビジネスリーダーに求められる資質、必要な能力開発」について一緒に考えていきます。


MBAを学ぶことを検討している方はもちろん、これからビジネスリーダーを目指していく方やキャリア・能力開発に関心をお持ちの方も、ぜひご参加ください。

概要

■ 日 時:2017年7月15日(土)10:30~12:00

     (受付10:00開始)

■ 場 所: グロービス経営大学院 名古屋校

〒450-6627

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー27F

※JR・市営地下鉄(東山線・桜通線)「名古屋」駅/桜通口直結

■ 定 員:100名

■ 参加費:無料


※新キャンパスでの開催となりますので、お気を付けください。

第一部 学長 堀 義人 講演

    「MBAに学び、MBAを創る」

第二部 質疑応答


◆対象◆

・起業や経営、MBAにご興味をお持ちの方

・これから、ビジネスリーダーを目指していきたい方

・キャリア/能力開発に関心をお持ちの方


※ビジネスパーソンを対象としておりますため、学生(未就業者)の方はご遠慮くださいませ。

一般の方

単科生・受講生の方

大学院 本科生・卒業生

スピーカープロフィール

堀 義人 Yoshito Hori

堀 義人Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー


京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。

住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。

現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、一般社団法人G1の代表理事を務める。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす 100の行動』(共著、PHP研究所)等がある。


堀義人blog:『起業家の風景』

Twitter: YoshiHoriGLOBIS (英語版) / YoshitoHori (日本語版)

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインでMBAプログラムを提供しています。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ