大阪校

大阪校のセミナー

【MBA×事業承継】

アックスヤマザキに学ぶ「縮小する業界での新たな挑戦」

  • 一般
  • 単科生
  • 本科生
  • 卒業生

日本企業の約 97%がファミリービジネスであり、次世代にその事業を承継していくことは日本経済のためにも極めて重要なテーマです。


しかし、業界が衰退傾向で事業承継に二の足を踏んでしまう方が多い実情があります。


今回のセミナーでは、株式会社アックスヤマザキの山崎 一史氏をお招きし、市場が縮小傾向にあるミシン業界において、いかに生き残り、業界全体を活気づけていくかについて実体験を交えてお話いただきます。


山崎さんは大学を卒業後、機械工具卸会社に入社し、2005年に営業担当として家業の株式会社アックスヤマザキに入社。業績は下降傾向にあり、精力的な営業によって取引数は拡大する一方で、利益確保には苦戦を強いられました。業界全体が低迷していく中で、競合と市場を奪い合い体力勝負になっていることを実感し、脱却の方法を模索し始めます。

山崎さんは経営能力を高めるためにグロービス経営大学院に入学し、卒業されたのち、社長に就任されました。MBAで学んだ経営知識を活かして、ターゲットを「これまでミシンを使ったことのない人」に転換し、新商品を開発したところ、大反響となり、業界全体の活況にも貢献しています。


どのような着想から新たな顧客を開拓していったのか、そこに至るストーリーを紐解きながら「縮小する市場における事業承継」を考えていきます。「事業承継者」、事業を継ぐ予定がある方、事業承継と関わりのある皆様のご参加をお待ちしております。

___________________________________

※本セミナーは、朝日新聞が運営するウェブメディア「ツギノジダイ」との共催セミナーです。セミナー当日の様子は「ツギノジダイ」へ記事を掲載する予定です。また、参加者の情報など個人情報について、学校法人グロービス経営大学院と朝日新聞にて共有させていただく場合があります。

ツギノジダイ(https://smbiz.asahi.com/)とは 
 「ツギノジダイ」は「引き継ぐ経営 勝ち抜くヒント」をキャッチフレーズに、後継者不足という社会課題の解決に向けたウェブメディアです。事業承継や新型コロナウイルスの影響に悩む企業のヒントになる記事の発信や、イベント・勉強会の開催、後継ぎ同士のコミュニティづくりに取り組んでいます。

概要

■日 時:2021年6月25日(金)19:30~20:40

■ 場 所:オンラインにて開催

申込後、参加方法の詳細をメールにてご連絡いたします。

■参加対象者:「事業承継者」、事業承継の予定がある方、事業承継と関わりのある方

■参加費:無料

■ 当日のスケジュール

19:00- 接続開始

※開始20分前にはログインしてください

19:30-19:55 山崎氏ご講演
19:55-20:15 教員との対談
20:15-20:35 参加者からの質疑
20:35-20:40 事務局からの案内・アンケート回答

参加方法について

※本セミナーはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。

※本イベントにご参加いただく方は、事前にこちらよりセットアップを行い、受講環境をご確認ください。接続に不安のある方は、事前にこちらから接続確認いただけます。 


<オンライン参加で必要なもの>

・パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境

・イヤホン※ヘッドセットも可

・Webカメラ※パソコン内蔵も可

一般の方(受講経験のない方)

グロービス受講経験のある方

スピーカープロフィール

山崎 一史 Kazushi Yamazaki

山崎 一史Kazushi Yamazaki

株式会社アックスヤマザキ 代表取締役社長(3代目)


グロービス経営大学院 大阪校2010期卒業生


大学卒業後、機械工具卸会社に入社。ある時、当時の社長(父)から話があると言われる。急激な市場縮小や主要取引先の事業解散などの影響で売上がピーク時の3分の1位以下まで落ち込んだ状態にあると、父から出た弱音を初めて聞き、家業への入社を決意。


既存事業の延長線では厳しい市場の状況を変えることができず、自身の経営能力を高めるべくグロービス経営大学院に入学。グロービスの変革系クラスで得た新たな着想を実現化させ、2ヶ月で2万台の大ヒット商品となり、黒字のV字回復を果たす。その後も新たな商品開発を行い、大ヒットとなり、創業以来最高益を達成。


国内デザイン賞(グッドデザイン賞金賞、キッズデザイン賞優秀賞、JIDAデザインミュージアムセレクション)の3冠達成。2020大阪活力グランプリ特別賞にも選ばれる。

対談者プロフィール

村尾 佳子 Keiko Murao

村尾 佳子Keiko Murao

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

関西学院大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻修士課程修了(修士)、高知工科大学大学院工学研究科博士後期課程修了(博士)。 大手旅行会社にて勤務後、総合人材サービス会社にてプロジェクトマネジメント、企業合併時の業務統合全般を経験。現在は、グロービス経営大学院経営研究科副研究科長として、事業戦略・マーケティング戦略立案全般、大阪校・名古屋校・福岡校のマネジメントに携わる傍ら、マーケティング系・志系科目の教鞭を執る。また複数の企業やNPOに取締役や理事として関与する。

 共著:『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『志を育てる』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネスリーダー基礎力10』(東洋経済新報社)等。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

【MBA×事業承継】 アックスヤマザキに学ぶ「縮小する業界での新たな挑戦」 ※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) (大阪校) のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。