大阪校

大阪校学生ブログ

【MBAを学び始めるまで】共に学ぶ仲間と作成した「Way」に込めた想い

【名前】戸倉 雅子
【勤務先】SAPジャパン株式会社
【入学年】2011年

皆さん、こんにちは。
グロービス経営大学院 大阪校2011期生の戸倉雅子と申します。

この4月に行われた、新入生である2013期生入学式の様子を拝見し、改めて自分が入学した2年前を、懐かしく思い出しました。私が入学したのは、2011年4月。ちょうど東日本大震災の直後でした。
(当日の様子:http://mba.globis.ac.jp/osaka/photo/detail-1672.html

今日は、2年前の今頃に想いを馳せながら、入学前に、大阪校2011期生全員で取り組んだ「Way」作成のエピソードをお話ししたいと思います。

グロービス経営大学院では、入学式前の3月に、在学中の学びを最大化するための「入学前オリエンテーション」に参加します。年齢や性別、仕事や肩書も異なる同期約50名が一堂に会し、一人一人が、「なぜMBAを学ぶのか」の決意表明プレゼンテーションを行いました。

私自身も、震災直後の混沌とした状況の中において、働くこと、生きることの意味を改めて考えさせられ、「一日一日を大切に生きなければならない」という想いの下、決意表明をしたことを覚えています。
同じように、同期一人一人も、それぞれの想いを抱いて、このグロービス経営大学院に集まったのだと思うと、何か縁のようなものを感じ、それぞれの決意表明を聞いていると、改めて、これから始まる学生生活に背筋が伸びる思いでした。

全員の発表が終わった後、オリエンテーションを担当されていた、グロービス経営大学院 研究科長である田久保さんから、「それでは、今から皆さんに3時間差し上げます。3時間で、この学年のWayを決めてください。時間の使い方も、決め方も全て皆さんにお任せします。以上。」と、教室には私達だけが残されました。

教室内はしばらくの間静まり返り、「どうする・・・?」といった雰囲気でした。しばらく沈黙が続いた後、「とりあえず、まずは休憩しましょか~」と立ち上がった一人の男性がいました。まさに、これが自然発生的なリーダーシップ。そこから、そのリーダーを中心として、私達の初めての共同作業、「Way」作りが始まりました。

いくつかのグループに分かれ、それぞれが「Way」にふさわしいキーワードをホワイトボードに書き出し、グループ内で議論しました。グループ毎にそれぞれの案を発表しましたが、最終的に一つの「Way」にするには、かなり混沌とした状態になりました。タイムリミットの時間が刻々と迫る中、対立が起きたりして、一体どうなるんだろう?という状態でしたが、終了時間直前、満場一致で一つの「Way」が出来上がりました。
(当日の様子:http://mba.globis.ac.jp/osaka/photo/detail-1606.html

*****************************************************
グロービス経営大学院 大阪校2011期生 「Way」

「異端と先導~Team WEST 2011~」

Will(意志)先導者たる意志を持つ

Evolution(進化)信念を持って進化し続ける

Stimulus(刺激)刺激しあい、互いを高める

Trust(信頼)仲間を信頼し、信頼されるリーダーになる
*****************************************************

「異端と先導」というのは、幕末明治の激動の時代に、思想家として革新的な活動を展開し、日本の近代化に大きな足跡を残した、福沢諭吉の言葉です。

「異端」として排斥されることを恐れず、権威や世論の大勢に抗して、自分の知性が信ずるところを堂々と述べる勇気と気品を持ちたい。ちょうど、震災直後の大混乱の日本において、この大阪の地で、未来のリーダーになるべくして学ぼうとする私達は、この言葉にとても共感し、そこに、私達オリジナルの行動指針を足して、同期の「Way」としました。

私達の学生生活は、あの日から、あの「Way」から始まった、と言っても過言ではありません。

あれから2年間、共に学び続ける中で、うまくいくことばかりではなく、時には迷ったり、困難に直面したり、心が折れそうになったことも多々ありました。そんな時、この「Way」を思い出し、同期でお互いを支え合い、励まし合うことができたのも、自分たちで「Way」を作るという、共同作業があったからではないかと思います。

グロービス経営大学院では、このようにして毎年、拠点毎、学年毎に同期の「Way」が作られており、「一人で学ぶのではなく、仲間と共に学ぶ」という精神が代々受け継がれています。作成した「Way」は、クラス中に使用するネームプレートとカードにし、いつも忘れないようにしています。今年も、2013期生らしい「Way」ができたようで、毎年、新入生が入る度に、今年はどのようなプロセスを経てこの「Way」ができたのだろうかと、ほほえましく思います。

早いもので、この5月には、2年間の学びを終えた同期達は卒業式を迎えます。入学後も、そして卒業後も、自分達で作った「Way」は全ての原点であり、迷った時や、心が折れそうになった時は、この「Way」がよりどころになることを願って。

この春入学された皆さんと、この春卒業される皆さんに、心より、「おめでとう」の言葉を贈りたいと思います。

  • LINEで送る

「【MBAを学び始めるまで】共に学ぶ仲間と作成した「Way」に込めた想い」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。