オンラインMBA

ビジネスセミナー
(オンライン)

【15周年記念セミナー】
人類のWell-beingとは何か?~データから見る人間が目指すべき指標=GDW(Gross Domestic Well-being)~

楽天グループ株式会社 常務執行役員
CDO(チーフデータオフィサー)
グローバルデータ統括部 ディレクター 北川 拓也氏

  • 一般
  • 本科生
  • 卒業生
  • 受講生

グロービス経営大学院 開学15周年を記念し、セミナーを開催します。


経済指標であるGDPが各国、そして世界の目標数値になってから100年近くたち、その間多くの国でGDPが大きく成長しました。資本主義の中でお金は人のWell-being=「良い状態」に大きく寄与するものとして追い求められてきています。しかし、この20年、一人当たりのGDPは伸びているのにも関わらず、Brexitやアラブの春、アメリカの政治的分断など、人や社会がよい状態とはいえない事象が続いています。


十分に成熟した先進国において、人々のWell-beingとより多くのお金はどこまで関係があるのか?お金は引き続き重要な資源であることは間違いないですが、目標とする指標にWell-beingを加えることの重要性がデータから見えてきているそうです。本セミナーではそのWell-beingを構成する要素として見えてきた示唆についても北川様にお話しいただきます。


北川様からは、「第一次ルネッサンスは500年前に神中心主義になりすぎた社会から人間への回帰として人類に文明を花開きました。今は第二次ルネッサンスの時期です。資本主義とお金中心主義になりすぎた社会から、Well-beingを主軸に置いた人間への回帰が必要とされています。これからの500年を形作るコンセプトをみなさまと議論できるのを楽しみにしています。」とコメントをいただいています。


社会が大きく変化していく中、何を大切にしていくのかを考えるきっかけになると幸いです。多くの方のご参加をお待ちしております。

【スケジュール】

第1部 講演:北川 拓也氏(30分)

第2部 対談:北川 拓也氏 × 田久保 善彦(20分)

第3部 質疑応答(20分)

※セミナー中にご案内する専用サイトに質問を入力いただきます。


参加費】無料

グロービス経営大学院は開学15周年を迎えました

多くの方に支えられ、グロービス経営大学院は2021年4月をもって開学15周年を迎えることができました。今年度は、15周年を記念したセミナーを年間を通して開催して参ります。


15周年を記念したWEBサイトでは、開学当初から15年間の歩みをまとめた動画を掲載しています。また、在校生や卒業生など様々な方からお寄せいただいた、グロービス経営大学院とのエピソードも随時、掲載していきます。ぜひご覧ください。

https://mba.globis.ac.jp/15th/

お申込み期限について

一般の方(受講経験のない方)は、ログイン情報のご案内のため【開始1時間30分前】までにお申し込みください。受講生・卒業生はマイページからもログインできますので開始時間直前までお申込み可能です。ログイン情報は、開催直前にメールでご案内いたします。



本セミナーはグロービス経営大学院の講座(クラス)ではございません。講座(クラス)にご興味がある方は、ぜひ別途開催している「体験クラス&説明会」にもご参加ください。
体験クラス&説明会のお申し込みはこちら

一般の方(受講経験のない方)

グロービス受講経験のある方

スピーカープロフィール

北川 拓也氏 Takuya Kitagawa

北川 拓也氏Takuya Kitagawa

楽天グループ株式会社 常務執行役員
CDO(チーフデータオフィサー)
グローバルデータ統括部 ディレクター


ハーバード大学で数学と物理学を専攻し、同大学院物理学科博士課程を修了。物性物理の理論物理学者として、『Science』、『Nature Physics』、『Physical Review Letters』などの学術雑誌へ20本以上の論文を発表。その後、楽天でデータサイエンスの組織を立ち上げ、現在は、CDO(チーフデータオフィサー)としてグループ全体のAI・データ戦略の構築と実行を担い、日本だけでなく、アメリカやインド、フランス、シンガポールを含む海外拠点の組織も統括。データに関しては、収集から管理、データサイエンスに関連したプロダクト開発、コンサルティング、プロダクトのセールスまで、あらゆる価値の創造に貢献している。
現在、消費者および人間行動の理解を目指して科学的なアプローチによる分析を加速化させること、さらに、消費者のより深い理解を基にした新たなビジネスの創造に注力している。楽天データマーケティング株式会社では2017年より取締役を兼任。データ基盤作りや科学的な理解に基づく顧客体験の提供、広告事業の立ち上げ、データによるビジネスイノベーションなどを推進している。

モデレータープロフィール

田久保 善彦 Yoshihiko Takubo

田久保 善彦Yoshihiko Takubo

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長


慶應義塾大学理工学部卒業、修士(工学)、博士(学術)、スイスIMD PEDコース修了。株式会社三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁、自治体などを中心に調査、研究、コンサルティング業務に従事。現在グロービス経営大学院にてマネジメント業務・研究等を行なう傍ら、リーダーシップ系・思考系科目の教鞭を執る。経済同友会幹事、経済同友会・新産業革命と社会的インパクト委員会副委員長(2016年度)、新産業革命と規制・法制改革委員会 副委員長(2017、2018年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問等も務める。

著書:『ビジネス数字力を鍛える』(ダイヤモンド社)、『社内を動かす力』(ダイヤモンド社)
共著:『志を育てる』、『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』、『これからのマネジャーの教科書』(東洋経済新報社)、『MBAクリティカル・シンキングコミュニケーション編』(ダイヤモンド社)ほか多数。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

グロービス経営大学院では、MBAプログラムの「体験クラス」を全国7つのキャンパスとオンラインにて開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

【15周年記念セミナー 】 人類のWell-beingとは何か?~データから見る人間が目指すべき指標=GDW(Gross Domestic Well-being)~ ※PC/スマートフォンから参加可能(オンライン開催) (オンライン) のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。