オンラインMBA

ビジネスセミナー
(オンライン)

<オンライン中継>【1月入試直前!学長&学生登壇セミナー】

グロービスMBAで切り拓く、自分の未来

~グロービス経営大学院 学長 堀 義人/卒業生スピーチ~

  • 一般
  • 単科生
  • 受講生

2020年度入学向けの最終入試(1月入試)を前に、創立者である学長 堀義人と、卒業生が、グロービス経営大学院のMBAについてお話しいたします。


「MBAで、本当に自分は成長できるのか?ビジネスにつながる価値を得られるのか?」

「時間、費用、周囲の理解など色々な制約の中で修了できるだろうか?」

「自分にとって、今のタイミングが適切なのだろうか?」


いざMBA取得を目指そうと考えたとき、このようないくつかの不安を持つことがあるかと思います。

本セミナーでは、実践的な教育方法にこだわってきた学長の堀が、グロービスMBAの価値を、質疑応答も交えながらお伝えします。


また後半では、グロービスMBAを実際に経験した卒業生から、「20代という時期に学ぶ意味」「異なる業界への転職と成果創出の実現」「ビジネスを自ら立ち上げ拡大させるためには」など様々な視点で、学びとご自身のビジネスのつながりについて具体的にお話しをいただきます。


学長の堀、また学生が登壇するセミナーは、最終入試を前に最後の機会となります。ぜひご参加ください。

| 概要

■ 日 時 : 12月3日(火)19:00~21:30※日本時間

 (18:40よりログインいただけます。)

■ 場 所 : 東京校からのオンライン中継

■ 定 員 : 80名

■ 参加費 : 無料

■第一部:

学長が語る「グロービスのMBAとは」

■第二部:

卒業生が語る「グロービスMBAでの成長と変化」

※第一部・第二部ともに、質疑応答のお時間がございます。

※「質疑応答」では、オンライン中継参加の皆さまにはチャットにて質問をお寄せいただき、スタッフが数問ピックアップして代読させていただきます。すべてのご質問にお答えすることができかねますことをご了承ください。

※社会人経験の無い方、当大学院本科生及び卒業生は、参加をご遠慮ください。

| 受講環境・初回セットアップのご案内

● 本オンラインイベントに参加いただく方は、事前に開催システム「Zoom」のインストールをお願いいたします。インストールはこちらからお進めください。

●パソコンにてご参加ください。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からご参加の場合、一部機能が制限されます。

● 通常のオンラインクラス同様、ウェブ用カメラ(PC内蔵可)、マイク付きイヤホンをご使用いただきます。

● 当日は開始15分前にはログインしてください。

| スピーカープロフィール

堀 義人 Yoshito Hori

堀 義人Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。
住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian
Leaders日本代表、世界の成長企業(GCC)の共同議長、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)、米国ウィルソンセンターのグローバルアドバイザリーカウンシル等を歴任。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、現在一般社団法人G1の代表理事を務め、日本のビジョンである「100の行動」を執筆する。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、現在一般財団法人KIBOWの代表理事を務め、KIBOW社会的インパクトファンドを組成し運営している。2016年に水戸ど真ん中再生プロジェクトを始動。2016年4月からは茨城ロボッツの取締役兼オーナーとなる。他には、公益財団法人日本棋院理事、いばらき大使、水戸大使等歴任。5男の父親で、水泳のジャパン・マスターズに毎年出場している。

著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす
100の行動』(共著、PHP研究所)、『創造と変革の技法~イノベーションを生み続ける5つの原則』(東洋経済新報社)等がある。


<書籍>こちら

<GLOBIS知見録>こちら

| 卒業生スピーカー プロフィール

釜野 千絵美(GMBA 2019年卒業) Kamano Chiemi

釜野 千絵美(GMBA 2019年卒業)Kamano Chiemi

株式会社マイナビ 経営企画室 ベンチャー企業支援統括部 管理部 部長


大学卒業後、マイナビに入社。国内最大規模の就職情報サイトを運営する事業部の首都圏営業部に配属。求人広告営業を通して、クライアントの採用広報戦略、採用基準設計、社内育成などクライアントの様々なニーズに応える提案を行う。6年間同エリアを担当し、大手クライアントの新規開拓・売上拡大に成功。全社顕彰にて準プレーヤー賞を受賞。その後、本社に課長職として異動。3年後、同事業部最年少女性営業部長に就任。同年、グロービス経営大学院に通学を開始する。グロービスでの学びと自分の強みを活かすために、異動希望を申告。今春、ベンチャー企業との事業連携を促進するベンチャー企業支援統括部に異動。現在は、同部門を組織化するための仕組み作りや、出資企業のモニタリング分析、社内情報発信を行いながら事業連携促進などを行っている。

星野 貴之(GMBA 2016年卒業) Hoshino Takayuki

星野 貴之(GMBA 2016年卒業)Hoshino Takayuki

ユアマイスター株式会社 代表取締役社長


慶應義塾大学入学、体育会ソフトテニス部で主将を拝命。楽天株式会社に入社し、楽天市場の営業を担当、全国1位の収益を創出。全社MVP年間MVPなどを受賞。25歳で九州全域の副責任者となり、新卒研修、楽天市場全体会議のプロジェクトオーナーになる。25歳の時、グロービスに入学。26歳に幹部育成プログラム1期生に最年少で選抜。IRへ異動後、経営陣と共に決算・増資・投資家対応をEC中心に担当。社内IRを立ち上げる。2016年3月MBAを取得後、2016年8月にユアマイスター株式会社を設立。グロービス経営大学院にて、多くの仲間や講師と出会い、卒業後もサイバーエージェントやジャフコと共に、グロービス経営大学院から出資を受け、サポートを受けながら日々奮闘中。4期目で約70名弱のチームを牽引している。

増田 憲介(GMBA 2018年卒業) Masuda Kensuke

増田 憲介(GMBA 2018年卒業)Masuda Kensuke

外資系コンサルティングファーム 経営コンサルタント マネジャー


大学院修了後、大手精密機器メーカーに入社。主力事業の製品開発・設計に従事した後、新規事業創出のため同社中央研究所に異動。世界初の全天球カメラの開発のほか、画像処理技術を活用した製造業のデジタルトランスフォーメーションを推進、ともに事業化へと導く。戦略部門異動後は組織・人材開発を中心としたマネジメント・イノベーションに従事、同社の構造改革委員として全社成長戦略策定にあたる。グロービス経営大学院にて新規事業創出や構造改革推進に悩みを抱える同志と多く出会い、日本の産業再生を目標にコンサルティング業界への転職を決意。現在は主にハイテク業界を中心にマネジメント・イノベーションの普及、AI/IoTを活用した新規事業創出や中長期戦略策定支援にあたる。2006年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻修了。2018年 グロービス経営大学院 経営研究科 経営専攻修了。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

グロービス経営大学院では「体験クラス」を各キャンパスで、随時開催しています。

実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルやキャンパスの雰囲気をご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

<オンライン中継> 【1月入試直前! 学長&学生登壇 セミナー】 グロービスMBAで切り拓く、自分の未来 ~グロービス経営大学院 学長 堀 義人/卒業生スピーチ~ (オンライン) のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。