名古屋校

名古屋校 学生ブログ

◆卒業後~MBAを終えて~

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

IMG_9810(明るさ&サイズ調整).jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

はじめは単科生として必要な科目だけを受講する予定で、本科への進学は考えていませんでした。しかしながら、一緒に受講したクラスメンバーのエネルギーに大いに刺激を受け、自分の考えをしっかりと自信を持って発言している姿に憧れ、自分自身もそのようになりたいと感じているうちに、いつしか本科への出願を決意していました。

■実務に生かす学び方を学ぶ

グロービスでは、実務に生かす学び方を学ぶことができました。本を読むことで経営に関する知識は得ることができますが、グロービスのクラスは、単に知識を得るということでは終わりません。自分がケースの登場人物だったらどうするか、自分の会社や立場に置き換えたらどうするかを常に問いかけられ、考えていきます。つまり、学びをいかに実務に活かすか、考え続けるトレーニングをしていくのです。これは私にとって、とても大変なトレーニングでした。今まで自分がいかに前例や上司の指示に沿って仕事をしてきたか、きちんと自分の意見を論理立てて伝えることができていなかったかに気づかされました。受講当初は自分の考えたことをクラスで発言することにも壁がありましたが、積極的にディスカッションに参加すればするほど得られる学びは比例して大きくなることに気がつき、自ら学びを掴みにいくことの重要性を実感しました。

また、講師の方々にはいかに実務に活かすか、ご自身の経験を交えながらたくさんアドバイスいただきました。親身になって話を聞いていただき、実際に仕事に活かせたのはとても有難かったです。

■自分の意見に根拠をつけて説明し、相手の理解・共感を得られるように

色々な科目を学びましたが、各科目に対する理解を一つに繋げる体系的な学びは、「研究プロジェクト」から得たものが一番大きかったです。与えられるカリキュラムやケースはなく、自主的にメンバーを募り、研究したいテーマを選んで進めていく科目のため、自分たちで仮説を立て、課題を見つけて、解決策を考えていく難しさと面白さがありました。また、自分の意見を持ち、メンバーとディスカッションして最適な解を作り出すこと、チームビルディングの大変さ、楽しさも経験することができました。

経営を体系的に学んだ結果、自分の意見に根拠をつけて説明できるようになり、相手の理解、共感を得られるようになったと感じています。私の場合は特に、自社の資本政策について提案する際に役立ちました。自社の経営戦略について理解した上で、ファイナンスの観点から手段をピックアップし、効果的に伝える方法や周囲の巻き込み方を考え提案していきましたが、自分自身で部署の戦略を立案し、実行できたのはグロービスで学んだ賜物だと思います。

■全国にできたかけがえのない仲間

クラス以外にもグロービスには様々な機会があります。私はグロービス生活を通じて、一人ひとりが自らの志を持ち、お互いの志を応援し、支え合えるとても貴重な仲間たちに出会うことができました。

名古屋校では同期全員と知り合う機会に恵まれました。個性豊かな仲間たちとクラスの受講、勉強会、課外活動を通じて、学びを深め合い、共に成長することができたと感じています。さらに、同期としての横のつながりだけでなく、縦のつながりが強いことも、名古屋校の恵まれたところだと感じています。在学中は多くの先輩方にも様々な面でサポートいただきました。

さらに、私は全国の学生約1000名が集まるグロービスの一大イベント「あすか会議」の学生企画委員を2年連続で経験しました。半年間をかけて、東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンラインの受講生たちと、ビデオ通話やSNSを使って遠隔でミーティングをしながら、ビジネスカンファレンスの中のコンテンツの企画、運営を務めました。仕事や学びに忙しいメンバーと時間を調整しながら打ち合わせを重ね、企画を練り上げることは想像以上に大変でした。しかし、このプロセスを通じて、自分自身のリーダーシップについて考えられた機会は、そんな苦労を大きく上回る貴重な経験になりましたし、今でもお互いに情報交換したり、仕事上の悩みを相談しあったりできる、かけがえのない仲間を全国に得ることができました。

■最後に

今年グロービスを卒業し、これまで得た学び・経験をさらに実務に活かし、会社のグローバル化に貢献していきたいと思っています。現在担当しているIRは投資家との対話を行う部署なので、事業活動全体を把握するために様々な部署の方と仕事する機会に恵まれています。一緒に働く皆さんのよいところを引き出すリーダーシップを発揮しながら、自分が主体となって、仕事の企画・運営をしていきたいと考えています。また、少しずつ海外に関連する仕事に取組み、活動の場を世界に広げたいと考えています。そのためにも、今の仕事の専門性を高め、社内のネットワークを作り、今の環境を大事にしながら、自分の基盤を着実に築いていきたいと思っています。

グロービスで知った言葉で私の好きな言葉が「集団出世主義」です。一緒に関わる皆様の応援団になりつつ、自らも成長していきたいです。

入学時には自分の志と呼べるものもなかった私ですが、グロービスで学んで、自分の人生をどのように生きるか考えることができたと感じています。卒業後は学んだことを活かしながら、自分の意志を持って行動していきたいとワクワクしています。もし、私のように自分が何をしたいのかよくわからないと思っている方がいらっしゃったら、ぜひグロービスで仲間と一緒に学ぶことの楽しさを体験いただけたら幸いです。

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

杉山さん写真(ブログ加工用)

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年




========================================
【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。
========================================

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】サービス業へのMBAの活かし方

15996110_1212672582151414_1115065934_n



【名前】  勝木 誠

【勤務先】 外資系コーヒーショップ

【入学年】 2013年



====================================================

<自己紹介>
大学卒業後、サービス業に従事。現場での経験を経て、2011年より外資系コーヒーショップの地区マネージャーとして勤務。地区の戦略立案や、9名の店長と300名のスタッフとコミュニケーションをとり、店舗運営の戦略的アドバイスを様々な角度から行う。
2013年グロービス経営大学院入学、2016年卒業。

====================================================

■経験だけでは最適なアドバイスができないと感じ、学びを決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、マネージャーとして自分の仕事の質に疑問を持ち始めたことでした。

2011年春、9年の現場経験を経て、地区マネージャーに昇格しました。
マネージャー1年目は自身の経験を店長にアドバイスをすることで、ある程度の成果が得られていましたが、2年目以降徐々に危機意識を持ち始めました。それは自分の経験が、少しずつ今の現場の感覚とずれていて、経験だけでは店長に最適なアドバイスが与えられていないと感じたからです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】自分自身を見つめ直すことでビジネス、人生がより楽しいものに

15515544_885610491575092_1399740951_o
【名前】  杉原 千鶴

【勤務先】 電力会社

【入学年】 2013年



=====================================================
〈自己紹介〉
電力会社の販売部門で新サービスの企画・運営を担当。ポイントサービスの新設や家庭ごとの電気の使用状況や省エネのポイントがわかるエネルギーコンサルサービスの企画に携わる。今年8月より、家庭向けサービス担当から、法人向けサービス企画担当に部内異動。グロービス経営大学院2013年入学、2016年修了
=====================================================

■将来安泰だと思っていた中、感じた危機感

私が電力会社に入社したのは、インフラ系の企業であれば、一生安泰に給料を得られるのではないか、また福利厚生がしっかりしているので、出産・育児と仕事を両立しやすいのでは、といった、待遇面のメリットが主な理由でした。入社してからも、特別に何かしたいことがあるわけでもなく、日々目の前の業務を淡々とこなす毎日を送っていました。このような私がなぜ、「創造と変革の志士」といった熱い思いを持つ人々が集まるグロービスへ入学し、そして何を得たのかをお伝えしたいと思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】営業から部門最年少のエリア責任者へ


【名前】廣瀬 琢磨

【勤務先】外資系製薬会社

【入学年】2013年

=========================================
【自己紹介】
外資系製薬会社にMR(Medical Representatives:医薬情報担当者)として入社。MR時代には、多くの社内報賞を獲得。グロービス在籍中に静岡県で10人のMRを率いるエリア責任者へ昇格。
2015年グロービス経営大学院修了。
=========================================

■自分自身を変えるために学ぶ

グロービスとの最初の出会いは、社内の研修でした。経営陣主催の若手リーダーを育成するクラス(通称:College)に選抜され、1年間かけて製薬会社の開発/製造/流通/MKT/営業/HR/財務など経営に必要な最低限の基礎知識を学ぶ機会を持ちました。この社内選抜クラスの第1回目が、グロービスのクリティカル・シンキングと知ったのです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】安定的な業界・専門的な職種で働く人が、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶメリット

13443048_1056993237708094_9187627515854229400_o
【名前】川崎 達哉

【勤務先】大手損害保険会社

【入学年】2014年

【業務内容】自動車保険の支払査定部署で、支払担当者のマネジメント業務

私が属する損害保険業界は金融庁による規制産業故に、相対的に外部環境への意識が希薄です。その中でも特に専門的かつ対外交流の少ない支払部門に所属していた私は、日常業務以外は何も知らず、その狭い社会で評価されれば良いと思っていた人間でした。

グロービスで学び、卒業した今感じることは、「規制産業等で安定的な環境にいる社会人ほど、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶべき」ということです。
グロービスに限らないようですが、国内MBAには外資を除き金融やインフラ等、規制産業所属の学生が他業種より少ないと感じます。変化よりも安定性を求める業界特性、かつそれに魅力を感じる人が働いている業界でもあるので、何か劇的なきっかけが無い限りはMBAレベルの学びを必要と感じないのは当然かもしれません。
しかし私が卒業まで学んで感じることは上記とは逆です。そのような環境にいる人ほど、変化のために学んだ方が良いと思います。同様の環境にある方に、少しでも関心を持って頂ければ嬉しく思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「理学療法士×MBA」で医療介護のイノベーターを目指す

13242053_731821336920532_1453087525_o
【名前】松山太士

【勤務先】社会医療法人財団新和会 八千代病院
     総合リハビリセンター 技師長

【入学年】2014年4月


======================================================
<自己紹介>
理学療法士(※)として複数の病院勤務を経て現職。リハビリテーション専門職総勢99名のマネジメントに従事。地域課題をリハビリテーションの視点で解決することを目的とした「安城地域リハビリネットワーク」を立ち上げ、代表として活動している。大学や愛知県理学療法士会などで、年に数回非常勤講師を務める。
グロービス経営大学院2014年入学、2016年卒業。

(※)理学療法士
主に「動作」の専門家として病気やケガの回復を促し、社会や日常生活に戻るまでを支援する役割を担う。さらに、生き甲斐やその人らしさをサポートする自立支援、生活支援、健康増進、介護予防などの分野や、プロスポーツチーム、教育、研究機関などさまざまな場面でも活躍しているリハビリテーションの専門職。

======================================================

■グロービスMBAを卒業した、理学療法士である私の志

日本の医療介護は、団塊の世代が後期高齢者となり医療介護需要が激増する2025年に向けて大変革の真っ只中です。国策としての地域包括ケアシステムを構築するためには、今までのように各病院や各施設のマネジメントのみならず、地域全体をマネジメントすることが求められます。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】いつか来るチャンスを掴む準備、そして新たなチャレンジへ

12768095_978518378889409_891968264_o
【名 前】 多鹿 秀一

【勤務先】 医薬品卸売企業

【入学年】 2013年







===================================================
<自己紹介>
大学卒業後、医薬品卸売企業に入社、病院担当として9年間営業に従事。その後、同社の経営企画部に異動、海外での新規事業企画担当として現在に至る。

グロービスには、社会人3年目の時にグロービス・マネジメント・スクール(GMS)を受講開始。一時中断を経て、2012年に29歳でグロービス経営大学院に入学。
2014年にはグロービス・ベンチャー・チャレンジにて、優秀賞を獲得。2015年3月卒業。
===================================================

■社会人3年目、グロービスとの出会い

今の会社に営業として入社しましたが、思うように実績を上げることが出来ない時期が続いていました。様々な参考書も読みましたが効果は無く、どうすれば成長できるのか悩んでいた時に出会ったのがグロービスでした。

強い課題意識を持っていたため、3年目になると同時に「クリティカル・シンキング」や「マーケティング・経営戦略基礎」など営業に必要とされそうなクラスの受講を開始。
クリティカル・シンキングのDay1では、頭を使いすぎて知恵熱が出た上に、今まで自分が<bどれだけ頭を使ってこなかったのかに落ち込んだことは今でも鮮明に覚えています。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】グロービスで学び、成長し、志を見つけ、そして羽ばたく

11253893_825511307524493_7440008279547523729_n
【名 前】 今永 典秀

【勤務先】 岐阜大学 地域協学センター 特任助教
     (2016年1月~)

【入学年】 2013年


===================================================
<自己紹介>
名古屋大学経済学部卒業後、住友信託銀行で約7年法人営業に従事し、地元名古屋にUターン転職。トヨタグループの東和不動産の経営企画部等で約4年勤務。仕事外のボランティア活動として、大学生や若者のキャリア支援を主目的とした、NAGOYA×FOREVERを設立、代表を務める。

2016年1月から、岐阜大学の地域協学センターの特任助教として、地方創生のため、地域の活性化・地方で活躍するリーダーの育成・キャリア教育を担う
===================================================

■グロービスは自分の知らない世界を知る場 ~学び始めるまで~

グロービスとの出会いは、2012年。
地元・名古屋の企業にUターン転職したタイミングでした。

地元優良企業に入社し、単身赴任生活も解消。周りからは「一生安泰」と羨ましがられ、幸せを手にしたのかもしれないのですが、何かが物足りませんでした。

このまま一生過ごしていいのか?自分は何のために生きているのか?何のために働くのか?悶々と悩んで過ごしている中で、偶然、グロービスの出版書籍『志を育てる』に出会いました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】一歩踏み出す勇気から得たスキルと価値観

大眉毅さん
【名 前】 大眉 毅

【勤務先】 株式会社丹青社

【入学年】 2012年



===================================================
<自己紹介>
2008年4月、「空間デザイン」会社の(株)丹青社に入社。
物販・サービス・飲食店など、様々な店舗空間の立ち上げに従事。
2013年まで東京本社で働き、2013年~現在まで名古屋支店に勤務。
「空間」という無形の商品を、お客様のご要望を満たすカタチに仕上げる営業職を担当
===================================================

■漠然とした焦りから、一歩踏み出す

地元の大学を卒業し、東京へ就職。
学生時代とは異なる環境やスピード感に焦りを感じ、
自分の武器を作らなければと思い始めたのは、入社2年目の時でした。

「発想力豊かな人達と一緒に働きたい、何かクリエイティブな仕事がしたい」という
思いから、今の会社を選んだのですが、当時の私は経験不足で、自分で何かを企てる
ことができていませんでした。
そして、お客様へのプレゼンテーションはデザイナー任せとなり、自分の意見を述べる
ことができず、付加価値を出せていない自分に歯がゆさを感じていました。
また同じタイミングで、自分で企画ができる「プランナー職」の社内公募があり、
挑戦してみたものの、結果は落選。

(このままではいけない。何か力をつけなければ。)
そんな焦りが少しずつ積み重なっていったのだと思います。

ちょうどそんな時、ある大手広告代理店の先輩と話をする機会を持ちました。
何から行動を起こせばいいかわからない、そんな自分の近況について先輩に話す中で、
先輩が、グロービスの「クリティカル・シンキング」を受講していることを知り、
受講を勧めてもらったのです。

「先輩が上手く仕事をできている秘訣が、グロービスにあるのでは?」
そう思った私は、すぐに資料を取り寄せ、説明会・セミナーへ参加を申し込みました。
そして早速、グロービスの雰囲気・クラスが体験できる複数のセミナーに参加。
そんな中、一番印象に残ったのは、堀学長のセミナーです。

堀学長は、セミナーの最後に、一歩踏み出す勇気の重要性について話されました。
「現状を打破するためには、考えていても始まらない」
「一歩踏み出さなければ何も起こらない」
これらの言葉は、その時の自分自身の心境をまさに言い表していました。

(とりあえず、一歩踏み出してみよう。違っていたら元の位置に戻ればいい。)
そう思い、まずは単科生として、クリティカル・シンキングを受講してみることにしました。

クラスを受講して感じたことは、実践的な学びはもちろん、受講生の皆さんがバラエティに
富んでいることです。普段の仕事では関わらない業界・年齢・職種の方々であり、かつ
やる気に満ち溢れ、私と同じように「何かをやりたい!」という思いを持っている方たち
ばかりでした。

そんな人達に囲まれ、自分も変われそうだと感じられたこと、また、今こそ自分をストレッチする必要があるのでは、という思い、そして、「やってみたい」という純粋な気持ちが、
本科への進学を後押しし、単科受講を決意した勢いそのまま、出願を決意していました。


■学びが自信をもたらし、クリエイティブな仕事に出会えた

本科へ入学してからは、「ヒト」「モノ」「カネ」のテーマを中心に、経営者として事業を
成功させるために必要なことを総合的に学びました。100を超えるケースに取り組みながら、ビジネスを考え抜く経験を積みました。

これらの学びは、立場を問わず、実際の仕事でもすぐに活かすことができ、
仕事の進め方にも大きな変化をもたらしました。

わかりやすい変化としては、店舗を出店するお客様との商談で、「こんな店舗にしたい」と
いうお客様の要望をそのまま鵜呑みにするのではなく、
「同じ地域に競合がどのくらい存在し、競合とどう差別化を図るか」
「立地(顧客層)とお店のコンセプトはマッチするか」
「長期のブランディング戦略から顧みて、今回の店舗はどういったポジションにするか」
といった、「デザインコンセプト」の川上にあたる、「ショップコンセプト」を提案に
盛り込むなど、自信を持って自分の意見を発信し、付加価値が高い提案ができるようになり
ました。加えて、デザイナー任せになっていたプレゼンテーションにもプレゼンテーターと
して参画できるようになり、結果、プレゼンの勝率も上がっていきました。

以前は経験不足からできていなかったことが、ビジネスの全体像を考えるスキルを身に付けたことで、自信を持って取り組めるようになりました。
また、以前から自分がやりたいと思っていたクリエイティブな仕事は、仕事の内容だけでは
なく、自分の仕事の進め方を変えることで引き寄せられるものではないか、と今は思っています。


■グロービスは価値観を見つめ直す場

このように、体得した経営スキルはこれからの社会人生活にも必ず役立つと確信しています。
ただ、それと同等かそれ以上に自分にとって大きかったのは、グロービスが、自分自身の
価値観を見つめ直す場になったことでした。

何度もケースを読み込み、事前の勉強会をし、クラス内の発言を通じて皆で切磋琢磨していく毎回のクラスの場は、「事業経営に必要なスキル」を身に付けると同時に、「あなたは人生をかけて何を成し遂げたいのか」を考え続ける機会でもありました。

グロービスに通い続け、常にこの問いを考えるに当たり、自分の価値観・行動指針が
研ぎ澄まされていきました。そして磨かれた価値観・行動指針は、「自分が迷った時」
「悩んだ時」の意思決定に大きな力を与えてくれました。自分の置かれている状況や自分の
感情の流れ、それを自分の目標と照らし合わせながら、今この瞬間に、自分は何をするべきかを整理して、シンプルに行動することが出来るようになったと実感します。

卒業した今も、自分が生涯をかけて取り組むべき、大きな志を探し続けています。
ですが、志は無理やり決めるものではなく、自分の可能性を信じて、100%の力でチャレンジし続ければ、大きな志がいずれ醸成される。今はそれに向けて進む道の途中なんだと思える
ようになりました。

今の自分は、様々なことにチャレンジして、自分の可能性を広げる段階であり、
そのために必要な具体的な行動もはっきり見えています。

「自分を変えたい」というきっかけから入学し、学び続けることで「何のために」自分を
変えるのか、明確に目的意識を持って動けるようになったことは、私にとってとても
大きな財産となっています。


■最後に
今思うと以前の私は、何もアクションしていない自分を変えたかったのだと思います。
グロービスは、空回りしていた自分の気持ちと行動を噛み合わせ、次のステップへと
飛躍するキッカケを与えてくれました。

「何かを変えたい」と思っていても、「行動を変えなければ」何も変わりません。
私にとってそのキッカケが、グロービスであり、その一歩が体験セミナーでした。
入学前の当日の私と同じような思いをされている方には、グロービスの場が
一歩踏み出すキッカケになることでしょう。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ