名古屋校

名古屋校学生ブログ

◆卒業後~MBAを終えて~

【卒業後~MBAを終えて~】個人病院の事業承継者の私が、グロービスで何を得たのか?

樋口さんブログ写真.jpg【名前】樋口 俊哉

【勤務先】個人病院

【入学年】2016

<自己紹介>

大学卒業後、1000床の大規模病院で医師としてのキャリアをスタート。同病院で消化器内科医としての道を歩き始め、その後医局の人事異動で中規模病院へと異動。20181月より現病院にて副院長兼健診センター長として勤務。

グロービス経営大学院 2016年入学 2019年卒業。

■暗中模索している中でのグロービスとの出会い

グロービスで学ぶことを決意したのは、事業承継者として、祖父から父に引き継がれてきた病院を維持、発展させるためには、経営を学ぶ必要があると思ったからです。

きっかけは、経営についての知識がほとんどなく、将来に不安を抱いていた勤務医時代に、グロービスOBの方と知り合ったことです。その方の戦略などを聞いているうちに、グロービスで学べば私も同じように知識を身に付けることができるのではないかと思いました。そして、その方の勧めで単科生として受講し、ビジネスで使える論理的思考力の身に付け方や、外部環境を意識した経営戦略の立て方、財務三表の読み取り方などを学びました。懇親会でも、多種多様な職種の方たちと話をすることで新しい知見が得られるのと同時に、医療分野でしか生きてこなかった狭い世界が一気に広がりました。これらの経験から、これから事業承継を行う私にとって必要な知識や人脈が得られるという確証を得ることができ、本科へ出願するに至りました。

■新病院にて「理念」を体現する新たな取り組み

本科入学して1年経過した2017年に、50年続いていた旧病院から新病院に新築移転を行いました。その際、図面から実際に建物が完成するまでの間、グロービスで学んだことを生かしながら取り組みました。

例えばグロービスでは、経営の定石を徹底的に学びましたが、理念の浸透に力を入れている企業が成功をしていると感じました。そこで新病院では、法人全体として50年以上続いている理念である「地域医療への貢献」に、「予防医療」という考え方を付け加え、更に浸透させたいと考えました。

そのための新たな取り組みとして行ったのが、予防医療施設、つまり健診センターの立ち上げです。

新病院を設立するまでの自法人は、医療療養病床を持つ一般病院及び老人保健施設を持ち、医療保険及び介護保険から収入を得ていました。しかし、人口減少、少子高齢化、財政難といった社会状況において、保険点数の改定などから収益が減少していくことが目に見えている状況でした。一方で、入院患者さんの在宅復帰や健康寿命の延伸、すなわち予防医療や健診による早期発見・早期治療へのニーズが強くなっていると感じていました。そこで、新病院を建てるにあたり健診センター及び内視鏡センターを新規に併設し、「予防医療」に力を入れることにしたのです。立ち上げるにあたり、自身が消化器内科医であるという強みを生かして、内視鏡専門医及び人間ドック認定医などの資格を取り、さまざまな学会や勉強会に参加しました。

また、健診センターでは「オペレーション戦略」「サービス・マネジメント」での学びを活かし、短時間で効率よく健診サービスを受けられるよう工夫し、満足して帰っていただけるようにしました。その際にはグロービスの仲間にもたくさん相談に乗ってもらい大変感謝しています。

更に、病院会議のたびに予防医療が大事であることを職員に伝え、職員のタイムカードが置いてあるところの掲示板に当日の健診受診者数が分かるような仕組みを作ることで、職員にも少しずつ予防医療への気持ちが浸透してきたと感じています。そのことが数字として表れ、寝たきり患者が多かった病棟では、寝たきり予防(在宅復帰率の上昇)、在院日数の低下を意識することで、平均在院日数が150300日だったところを40日まで下げることができました。職員の頑張りが数字に顕著に表れていると思っています。

■グロービスで出会った他業種の仲間が、自分の幅を広げてくれた

グロービスでの学びは実践に役立つものが多いのですが、いわゆるビジネスの実務経験がほとんどなかった私には理解するのに時間がかかるクラスがありました。特にカネ系は全く分からず、グロービスに入学する時には減価償却という単語をかろうじて知っている程度でしたので、特に苦手意識をもっていました。そんな時、クラスの前後に仲間と集まって予習や復習をしたり、オンラインでの勉強会に参加したりすることで知識が深まりました。

また、卒業してからもSNSやポータルサイト、オンライン飲み会などを通じて仲間の現状を知ることで、モチベーションを維持することができています。分からないことがあって相談した際には、はるばる名古屋から豊川まで足を運んでくれる仲間もおり、大変感謝しています。他業種の仲間がたくさんでき、相談できる幅が広がったことは、これから病院運営を続けていく上でとても心強く思っています。

■最後に

グロービスに入学するにあたり、推薦状をある方に書いていただきました。その方は法人や病院に対してとても深い愛をもっていた方でしたが、グロービスに入学した1年目の秋に原因不明の病で突然他界してしまいました。新病院ができることをとても楽しみにしていましたので、お見せできなかったことがとても残念ですが、その方に恥じないようこれからも努力していきたいと思っています。

私は日々、生死と向き合い、仕事をしています。人はいつ亡くなるかわかりません。自身もいつ死ぬかわかりません。そのため、生きているうちにやれるだけのことはしよう、迷ったらGOの気持ちで今後も取り組んでいきたいと思っています。

今後の目標は、外部環境に柔軟に対応でき、職員が、働いていることに誇りを持てる法人にし続けることです。そのために、新たに始めることや変えるべきこと、今後も続けていくことは何かを常に意識して課題を持ち、解決していきたいと思っています。

実に、このブログを書いているまさに今、コロナで環境が急激に変化しております。グロービスで学んだ、「将来の見えない環境での経営戦略の立案」を基に、スタッフに指示を出しているところです。

グロービスを検討されている皆様へ。

自分の限りある人生を充実させたいと思っている方、やりたいことを見つけたい方は、ぜひグロービスの門を叩いてみてください。きっと途が開けると思います。

【卒業後~MBAを終えて~】無限の可能性の扉を手にして

林さんブログお写真.jpg【名前】林 久美子

【勤務先】塩野義製薬株式会社

【入学年】2014

<自己紹介>

大学卒業後、塩野義製薬株式会社にて、MR(医薬情報担当者)職として、大学病院から開業医までを担当。グロービス経営大学院在学中に、新設部署・医療連携サポート室へ異動。2018年より、新設部署のスペシャリティプロダクト室に異動。

グロービス経営大学院2014年入学、2016年卒業。

■「より、最善な意思決定ができるようになりたい」と思いグロービスへ

初めてグロービスを知ったのは、2013年初旬、岐阜県でMRとして大学病院を担当していた時でした。その頃の私は、ある製品で、全国NO.1の売り上げ・シェアを1年間達成するという成果を出していました。その一方で、「次の成果を挙げるために自分は何をしたらよいのか」「感覚的な仕事の進め方ではなく、成果の再現性を高めるにはどうしたらいいのか」そして、「今後のキャリアはどのように歩んでいけばいいのか」など、迷っている時期でもありました。

これまでは、周りの方々に恵まれ、常にチャレンジングな環境を与えてもらい、少しずつでも課題を克服し、成長することができていました。しかし、より高い課題に挑戦していこうとした時、どうしても自分自身の感情に走り判断のスピードが落ちること、小さなことに囚われすぎて、立ち止まってしまうことがありました。また、上司、同僚、後輩たちのおかげで心地よく過ごしていましたが、今後自分がリーダーとして引っ張っていく時に、このままでよいのかと悩んでいました。さらに、外部環境が大きく変わり始めたことを感じていた中、入社からずっと同じ会社に勤め、製薬・医療業界しか知らないことも、視野が狭いままに過ごしているのではないかという不安がありました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】専門スキルだけでは社会に貢献できない!~医療職にも経営学の知識を~

杉浦さんブログ写真.jpg【名前】  杉浦 太紀

【勤務先】 総合病院

【入学年】 2017

<自己紹介>

2010年に理学療法士国家資格を取得し、愛知県内の総合病院に就職。救命救急センター、一般病床、回復期リハビリテーション病床など、院内の様々な部署で、多くの患者のリハビリテーションに携わる。2015年からの2年間は同法人の療養型病院に出向し、終末期の医療を経験。2017年に総合病院に戻ると同時にグロービス経営大学院入学、2019年に修了。

◆グロービスとの出会い、入学までの経緯

私がグロービスを知ったのは、書店で27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10という書籍を手に取った時でした。当時27才だった私は、「自分のことだ!」と衝撃を受け(まんまと罠にはまり?)、その本を購入しました。直感で購入した本でしたが、その内容のわかりやすさが2度目の衝撃でした。ビジネス書と呼ばれる本は何冊か読んだことはありましたが、こんなに網羅的でわかりやすい本は初めてでした。そして、この本のタイトルにあるグロービスという学校が名古屋にもあると知り、迷わず体験授業を受けることにしました。

体験授業は、ビジネスの世界に疎い私でも理解できる、とても分かりやすい内容でした。また、講義を聴くだけではなく、自ら考え、発言をする授業スタイルが新鮮で、もっと学んでみたいと感じました。そのため、まずは1科目、3か月間だけ頑張ろうと思い、単科生制度クリティカル・シンキングを学ぶことにしたのです。

クリティカル・シンキングを受講した3か月間での成長は、本当に大きかったと自信を持って言えます。漏れなくダブりなく考えることが習慣化され作業効率が良くなり、院内の急性期リハビリテーションの標準化を目的としたプロジェクトで成功を収めることができました。この場に身を置けばさらに成長し、キャリアアップに繋がるのではという期待感から、2科目、3科目と受講し、いつの間にか本科への出願を決めていました。

(続きを読む...)

【卒業後 ~MBAを終えて~】ビジネスに必要な基礎知識がある。ならば自信を持って実践すればいい。

岩間さん写真.jpg

【名前】岩間 紀貴

【勤務先】ブラザー工業株式会社

【入学年】2014年

<自己紹介>

新卒でブラザー工業株式会社に入社、オフィス用のレーザープリンタ開発に従事。2016年より自社としては新規事業となる産業用印刷機の開発部門へ異動。新事業担当として、通常の開発・設計業務に加えて、製造工程での問題対応や、製品の営業活動など、幅広い役割を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2016年修了。

◆エンジニアが、なぜMBAという選択肢を考え始めたか
新卒でブラザー工業に入社し、エンジニアとしてレーザープリンタ開発に約3年携わった頃、今の延長上でのキャリアパスがイメージできるようになったのと同時に、そのキャリアでは満足できないと強く感じ始めました。メカ設計のみで勝負していくことは不安定な状態であり、現状を変えるためには更なる武器が必要だと感じたのです。そして、成長の機会を求め社外での活動に幾つか手を出し始めていたときに出会ったのがMBAでした。

他校を含めた説明会&体験会を経て、最終的に実践的・実用的でかつ熱量の高いグロービスの雰囲気が自分に合っていると感じ、ここでなら新たな武器を手に入れられると思い、単科生を経て2014年より本格的に学び始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】日本社会に役立つ仕事がしたい!~能動的に挑戦することで自らを高める~

杉本さん.jpg

【名前】杉本 憲生

【勤務先】中日本高速道路株式会社

【入学年】2012年

<自己紹介>

NEXCO 中日本の北陸圏(石川県、富山県、福井県)の経営管理や地域連携、採用等の人事を担当。
2013年11月より希望していた人事部で、人財育成や組織改革プロジェクトを担当し、変革に関わる仕事に従事。
2017年7月より現在の金沢支社へ異動。グロービス経営大学院2012年入学、2015年修了。

◆『今』やらないと明日の自分は変わらない。~成長を求めて~

私は、『日本社会に役立つ仕事』がしたいと考え、NEXCO中日本に新卒で入社しました。
NEXCO中日本は、日本社会に貢献できる会社であるとともに、そのポテンシャルはまだまだ高いと感じるため、更なる会社の変革に関わることで、より日本社会の役に立てると考えてきました。
 
そのため、私のようなボトム・ミドル層の社員が、会社の変革に関わるには、先ずは自己成長が必要だと思い、会社の研修でグロービス・マネジメント・スクール(GMS)クリティカルシンキングを受講する機会を得ました。3ヶ月の受講を通じて、社内では感じたことのない意見・意識・思考の広がり、コミュニケーション力などに大きな衝撃を受けるとともに、人的ネットワークの広がりを実感し、「この『場』なら成長できる!」と確信しました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】変化に対応するため、環境を変え、自分を変える

鵜飼さんの写真.jpg

【名前】鵜飼 真也

【勤務先】株式会社愛知銀行

【入学年】2015年


<自己紹介>

2008年新卒で愛知銀行に入行。営業店を3拠店経験し、主に法人営業を担当。
2017年メガバンク本部に出向。
2018年愛知銀行の本部に帰任し、ソリューション営業を推進。主に事業承継やM&Aを担当。
グロービス経営大学院2015年入学、2018年修了。

■激変する業界に危機感を抱き、グロービスへ

地元企業の役に立つ仕事がしたいと、期待に胸を膨らませ銀行員になった頃、リーマンショックが発生。愛知県の経済にも大きな影響を及ぼしました。企業の設備投資は消極的になり、資金需要は低下しました。

以降、景気は回復しつつあるとはいえ、愛知県には元々金融機関が多く、貸出金利が名古屋金利と言われるほど低下するなど、金利競争に巻き込まれ、競争は激化。収益は逼迫しています。加えて、他業種から金融業に参入するなど更にプレイヤーが増え、テクノロジーが銀行員の業務を代替していくようになるなど、金融業界は再編の波にさらされ、大きな変革期を迎えていました。

そんな中、私の仕事は、気が付くと銀行同士で取引先の奪い合いをしているだけで、支店や自分の成績のためだけに仕事をしているような気がして、世の中に何の価値も生み出せていないのではないかと、自分の仕事に自信が持てなくなっていました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】学び続け、人とつながる中で見える景色が変わる

2015期白須誠さん(160X160).jpg

【名前】白須 誠

【勤務先】住友商事株式会社

【入学年】2015年


<自己紹介>

2009年4月住友商事株式会社に入社。入社以来、一貫してリスクマネジメントを担当。現在はリスクマネジメント第二部にて、資源・エネルギー分野を中心に大型投資案件の審査に従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■GMS、単科生、そして本科へ

私は新卒で住友商事に入社し、約3年半、全社的な視点でリスクマネジメントに関する社内制度設計やシステム開発等に従事しました。その後、中部支社に異動し、金属事業部門のリスクマネジメント担当として、主に自動車メーカー向け鋼板取引に係る与信審査、法務関連サポート等を行うこととなりました。

与信審査では取引先の信用力を様々な視点で評価し、自社がどこまでリスクを取るのか判断する必要があります。一方、与信判断に説得力を持たせることが出来ない壁に突き当たっていました。原因は経営戦略、財務会計等、経営全般に関する知識・スキル不足であり、体系的に学習する機会が必要だと感じました。

書籍等による自学自習では限界があるとも感じていた中、会社派遣でGMSに通学していた同僚が事前課題(ケーススタディ)に取り組む場面に遭遇し、課題を見せてもらったところ、直感的に「これは面白そうだ!」と思いました。経営の意思決定を迫られているケーススタディの登場人物に、自分自身が重なったのです。「実践的な学びを得られる」との同僚の後押しもあり、GMSの受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】手に入れたものは自信と覚悟

WEB用完成(160X160).jpg

【名前】久保 元気

【勤務先】株式会社濱田総業

【入学年】2014年

<自己紹介>

大学卒業後、平成9年4月三重県津市に本社を置く百五銀行に入社。法人営業、企業再生、債権回収、中小企業向けコンサルティング業務(プロジェクトファイナンス、事業承継、M&Aなど)を担当。平成29年9月、20年間務めた百五銀行を退社し、赤福、マスヤ、おかげ横丁などを傘下に持つ、三重県伊勢市の濱田総業へ転職。現在はグループ会社の結婚式場オランジェの常務取締役として経営実務を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2017年修了。

■人生最大の失敗の末、目標を見失った日々から脱出するためにグロービスへ!!

社会人になって10年程たった頃、私が代表者兼監督兼選手を務めていた社会人サッカーチームを母体として、三重県初のJリーグチームを創出しようという活動を始めました。小学生のころからの夢であった「サッカーを職業にすること」が実現できるかもしれないと思い、その活動に夢中になりました。元Jリーガーを監督として招聘し、全国から選手を集め、地元企業の支援をいただきながら活動しましたが、結果的には、数年間で失敗。夢を断念することになったのみならず、人生を賭けて三重に来た選手達、夢を抱きチームや選手に憧れを持ってくれた子供達、応援してくれたサポーターや地元企業など多くの人達の期待を裏切ってしまいました。原因は、私にリーダーシップやマネジメント力、そして「覚悟」がなかったことでした。最期の日の光景は今でも忘れられません。

また、ちょうどその頃、勤務していた百五銀行では中間管理職となり、営業責任者としての役割を任されるようになりました。それまでの銀行業務において、個人では頭取賞などの社内賞を受賞するなど結果を残してきたのですが、チームや組織を率いる立場となってからは、なかなか結果が出せない日々が続きました。学生のころから部活動ではキャプテンを務めるなど、リーダーシップには自信があっただけに自信喪失です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

2015期小出真由美さん_160×160.jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

2011期杉山正和さん_160×160.jpg

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年

【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

名古屋校学生ブログのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。