名古屋校

名古屋校 学生ブログ

◆卒業後~MBAを終えて~

【卒業後~MBAを終えて~】変化に対応するため、環境を変え、自分を変える

鵜飼さんの写真.jpg【名前】鵜飼 真也

【勤務先】株式会社愛知銀行

【入学年】2015年

<自己紹介>

2008年新卒で愛知銀行に入行。営業店を3拠店経験し、主に法人営業を担当。
2017年メガバンク本部に出向。
2018年愛知銀行の本部に帰任し、ソリューション営業を推進。主に事業承継やM&Aを担当。
グロービス経営大学院2015年入学、2018年修了。

■激変する業界に危機感を抱き、グロービスへ

地元企業の役に立つ仕事がしたいと、期待に胸を膨らませ銀行員になった頃、リーマンショックが発生。愛知県の経済にも大きな影響を及ぼしました。企業の設備投資は消極的になり、資金需要は低下しました。

以降、景気は回復しつつあるとはいえ、愛知県には元々金融機関が多く、貸出金利が名古屋金利と言われるほど低下するなど、金利競争に巻き込まれ、競争は激化。収益は逼迫しています。加えて、他業種から金融業に参入するなど更にプレイヤーが増え、テクノロジーが銀行員の業務を代替していくようになるなど、金融業界は再編の波にさらされ、大きな変革期を迎えていました。

そんな中、私の仕事は、気が付くと銀行同士で取引先の奪い合いをしているだけで、支店や自分の成績のためだけに仕事をしているような気がして、世の中に何の価値も生み出せていないのではないかと、自分の仕事に自信が持てなくなっていました。

「銀行の安定という、これまでの常識は続くのか?」「淡々と毎日の業務をこなしている自分は、それで充分か?」「企業の役に立ちたいと言いながら、そもそも自分の様な若造が、人生経験も豊富で百戦錬磨の企業の経営者と対峙するだけの能力なんて持ち合わせているのか?」「銀行員の私って何も出来ないじゃないか?」などと思考を巡らせる中で、自分の中に危機感が芽生え、何か自分を変えなければならない、他の銀行の担当者よりも選ばれる存在になりたい、そもそも自分の価値を高めなくては、と考えるようになりました。そんな時に電車の広告で知ったのがグロービスでした。

グロービスに初めて足を運んで、そこで見た光景は、沢山のビジネスパーソンが集い、ホワイトボードを囲んでグループで真剣にディスカッションしている光景です。私が毎日を平然と過ごしている間に、自分の価値を高めようと努力している人がこんなにも沢山いるのだと驚きました。そして、そこにいる人達の、前向きで意識が高くイキイキした表情を見ていると、私には彼らがとても輝かしく見えました。そんな雰囲気の虜になり、こんな場所に身を置き、刺激を受けることで、自分を変えられればという思いから、29歳の時グロービスに入学を決めました。

■経営者の視点を持ち、質の高いアウトプットを生み出す

グロービスでは、ケースメソッドを通して、定性面・定量面の両面から企業を分析し、その事業において優位となるポイントを見極め、戦略を立案・意思決定をする能力を身に付けることができました。

銀行員という職業柄、お客様である企業の経営者から、企業の経営戦略を踏まえた提案・アドバイスが求められますが、経営戦略を学んだことで、実際に企業のオーナーと目線を近づけて接すること、経営者の本当の悩みや企業の課題を聞き出すことができるようになりました。経営者が抱える課題を一緒になって解決していくお手伝いをすることで、経営者とリレーションが高まり、信頼して仕事を任せていただけるようになったと実感しています。

それ以外にも、学びを通じて組織を俯瞰して見られるようになり、自分自身の働き方も変わったと感じています。経営陣が何を考えているのか、今の自分が組織の中のどの部分にいて、どんな役割を担い、自分の仕事がどのように繋がっていくのか、どうすれば人が動いてくれるのかを考えられるようになりました。また、業務の意図を理解し、取捨選択ができるため、時間を有効的に使えるようになり、アウトプットの質は向上したと思います。1人の担当者であっても、そこを意識するかしないかでは、大きく働き方が変わると思います。

■人との違いが価値を生む

グロービスでは、どのクラスもディスカッション形式で進んでいくのですが、20代の方から管理職や経営者まで、業界も年齢も違う様々なバックグラウンドを持った受講生と、常に議論を繰り返していきます。そこは職場とは違い、利害関係がないフェアな立場で自分の意見をぶつけることができる場です。何百回ものディスカッションを通じて、相手を動かすために必要なロジックの組み立て方を身に付けることができました。

また、クラスでのやりとりを通じて、人との違いを純粋に楽しめるようになり、違いこそが価値であることに気が付きました。特に愛知県は製造業が盛んな地域ですが、製造部門の人、営業部門の人だけでも考え方は大きく違います。グロービスに入学当初は、自分と違った意見が出てくると、とてももどかしく感じ、自分が人と違う意見を出すことに勇気が持てず、その場の正解を求めがちだったように思います。しかし、違った視点で意見を出し合うことで、新たな気づきが生まれ、新たな発想が生まれます。自分だけの力では出しえなかったであろうアウトプットが生まれる、感動の瞬間を何度も体感しました。人と違う経験や考え方は、その人だけしか持ち得ない特別なもの。人と違うことは、間違っていることではなく、面白いことなのだ。グロービスのクラスだから訪れる、特別な展開を楽しむことができました。

■「地域に貢献したい」という想いの実現に向けて

グロービスではクラスが終わった後、講師とクラス仲間と懇親会に出掛けることが多いのですが、ある時、講師から私に「銀行の中で本部も経験するといいよ。」とアドバイスを頂いたことがありました。決して特別な一言ではないのですが、私は心を動かされました。MBAを経て経営の本質を掴むには、戦略の立案・意思決定ができる部署に行き、学んだことを実践で使うべきだということと捉え、その言葉を頂いてからは、本部でグロービスでの学びを実践してみたいと会社に働きかけました。現在は銀行の本部の営業を推進していく部署で、グロービスでの学びを総動員させ、良い企画を生み出せるよう奮闘しています。

今は銀行員として、お客様と同じ地域に生きる一人として、目の前のお客様をしっかり支援していく。その積み重ねが、さらにその先のお客様のためにもなり、地域経済を成長させていく。そのスパイラルの中に自分の身を置くことが、自分自身を次のステップに誘ってくれることと信じています。その為には、更に自分のスキルを高め、地域の為に出来ることを探し続けていく必要があると思っています。今後も多くを学び、価値ある人間に成長し、家族や仲間が暮らす地域の発展に寄与していきたいです。

■最後に

グロービスでの生活では、実務家の講師や意識の高いビジネスパーソンに沢山出会うことができます。それと同時に、新たな気づきや新たな発想、さらに自分を動かすキッカケとなる言葉とも出会える場所であると思います。

グロービスでの在学期間中は、仕事をしながら時間を捻出して学びに取り組まなければなりません。本当に大変で挫けそうになることもあります。でもやり切ったその先には、必ず成長した自分に出会えるでしょう。グロービスで様々な出会いを楽しんでいただきたいです。

【卒業後~MBAを終えて~】学び続け、人とつながる中で見える景色が変わる

2015期白須誠さん(160X160).jpg【名前】白須 誠

【勤務先】住友商事株式会社

【入学年】2015年

<自己紹介>

2009年4月住友商事株式会社に入社。入社以来、一貫してリスクマネジメントを担当。現在はリスクマネジメント第二部にて、資源・エネルギー分野を中心に大型投資案件の審査に従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■GMS、単科生、そして本科へ

私は新卒で住友商事に入社し、約3年半、全社的な視点でリスクマネジメントに関する社内制度設計やシステム開発等に従事しました。その後、中部支社に異動し、金属事業部門のリスクマネジメント担当として、主に自動車メーカー向け鋼板取引に係る与信審査、法務関連サポート等を行うこととなりました。

与信審査では取引先の信用力を様々な視点で評価し、自社がどこまでリスクを取るのか判断する必要があります。一方、与信判断に説得力を持たせることが出来ない壁に突き当たっていました。原因は経営戦略、財務会計等、経営全般に関する知識・スキル不足であり、体系的に学習する機会が必要だと感じました。

書籍等による自学自習では限界があるとも感じていた中、会社派遣でGMSに通学していた同僚が事前課題(ケーススタディ)に取り組む場面に遭遇し、課題を見せてもらったところ、直感的に「これは面白そうだ!」と思いました。経営の意思決定を迫られているケーススタディの登場人物に、自分自身が重なったのです。「実践的な学びを得られる」との同僚の後押しもあり、GMSの受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】手に入れたものは自信と覚悟

WEB用完成(160X160).jpg

【名前】久保 元気

【勤務先】株式会社濱田総業

【入学年】2014年

<自己紹介>

大学卒業後、平成9年4月三重県津市に本社を置く百五銀行に入社。法人営業、企業再生、債権回収、中小企業向けコンサルティング業務(プロジェクトファイナンス、事業承継、M&Aなど)を担当。平成29年9月、20年間務めた百五銀行を退社し、赤福、マスヤ、おかげ横丁などを傘下に持つ、三重県伊勢市の濱田総業へ転職。現在はグループ会社の結婚式場オランジェの常務取締役として経営実務を担当。グロービス経営大学院2014年入学、2017年修了。

■人生最大の失敗の末、目標を見失った日々から脱出するためにグロービスへ!!

社会人になって10年程たった頃、私が代表者兼監督兼選手を務めていた社会人サッカーチームを母体として、三重県初のJリーグチームを創出しようという活動を始めました。小学生のころからの夢であった「サッカーを職業にすること」が実現できるかもしれないと思い、その活動に夢中になりました。元Jリーガーを監督として招聘し、全国から選手を集め、地元企業の支援をいただきながら活動しましたが、結果的には、数年間で失敗。夢を断念することになったのみならず、人生を賭けて三重に来た選手達、夢を抱きチームや選手に憧れを持ってくれた子供達、応援してくれたサポーターや地元企業など多くの人達の期待を裏切ってしまいました。原因は、私にリーダーシップやマネジメント力、そして「覚悟」がなかったことでした。最期の日の光景は今でも忘れられません。

また、ちょうどその頃、勤務していた百五銀行では中間管理職となり、営業責任者としての役割を任されるようになりました。それまでの銀行業務において、個人では頭取賞などの社内賞を受賞するなど結果を残してきたのですが、チームや組織を率いる立場となってからは、なかなか結果が出せない日々が続きました。学生のころから部活動ではキャプテンを務めるなど、リーダーシップには自信があっただけに自信喪失です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

2015期小出真由美さん_160×160.jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

2011期杉山正和さん_160×160.jpg

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年

【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】サービス業へのMBAの活かし方

2013期勝木誠さん_160×160.jpg 【名前】  勝木 誠

【勤務先】 外資系コーヒーショップ

<自己紹介>
大学卒業後、サービス業に従事。現場での経験を経て、2011年より外資系コーヒーショップの地区マネージャーとして勤務。地区の戦略立案や、9名の店長と300名のスタッフとコミュニケーションをとり、店舗運営の戦略的アドバイスを様々な角度から行う。
2013年グロービス経営大学院入学、2016年卒業。


■経験だけでは最適なアドバイスができないと感じ、学びを決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、マネージャーとして自分の仕事の質に疑問を持ち始めたことでした。

2011年春、9年の現場経験を経て、地区マネージャーに昇格しました。
マネージャー1年目は自身の経験を店長にアドバイスをすることで、ある程度の成果が得られていましたが、2年目以降徐々に危機意識を持ち始めました。それは自分の経験が、少しずつ今の現場の感覚とずれていて、経験だけでは店長に最適なアドバイスが与えられていないと感じたからです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】自分自身を見つめ直すことでビジネス、人生がより楽しいものに

2013期杉原千鶴さん_160×160.jpg
【名前】  杉原 千鶴

【勤務先】 電力会社

【入学年】 2013年




〈自己紹介〉
電力会社の販売部門で新サービスの企画・運営を担当。ポイントサービスの新設や家庭ごとの電気の使用状況や省エネのポイントがわかるエネルギーコンサルサービスの企画に携わる。今年8月より、家庭向けサービス担当から、法人向けサービス企画担当に部内異動。グロービス経営大学院2013年入学、2016年修了


■将来安泰だと思っていた中、感じた危機感

私が電力会社に入社したのは、インフラ系の企業であれば、一生安泰に給料を得られるのではないか、また福利厚生がしっかりしているので、出産・育児と仕事を両立しやすいのでは、といった、待遇面のメリットが主な理由でした。入社してからも、特別に何かしたいことがあるわけでもなく、日々目の前の業務を淡々とこなす毎日を送っていました。このような私がなぜ、「創造と変革の志士」といった熱い思いを持つ人々が集まるグロービスへ入学し、そして何を得たのかをお伝えしたいと思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】営業から部門最年少のエリア責任者へ

2013期廣瀬琢磨さん_160×160.jpg
【名前】廣瀬 琢磨

【勤務先】外資系製薬会社

【入学年】2013年

【自己紹介】
外資系製薬会社にMR(Medical Representatives:医薬情報担当者)として入社。MR時代には、多くの社内報賞を獲得。グロービス在籍中に静岡県で10人のMRを率いるエリア責任者へ昇格。
2015年グロービス経営大学院修了。


■自分自身を変えるために学ぶ

グロービスとの最初の出会いは、社内の研修でした。経営陣主催の若手リーダーを育成するクラス(通称:College)に選抜され、1年間かけて製薬会社の開発/製造/流通/MKT/営業/HR/財務など経営に必要な最低限の基礎知識を学ぶ機会を持ちました。この社内選抜クラスの第1回目が、グロービスのクリティカル・シンキングと知ったのです。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】安定的な業界・専門的な職種で働く人が、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶメリット

2014期川崎達哉さん_160×160.jpg
【名前】川崎 達哉

【勤務先】大手損害保険会社

【入学年】2014年

【業務内容】自動車保険の支払査定部署で、支払担当者のマネジメント業務

私が属する損害保険業界は金融庁による規制産業故に、相対的に外部環境への意識が希薄です。その中でも特に専門的かつ対外交流の少ない支払部門に所属していた私は、日常業務以外は何も知らず、その狭い社会で評価されれば良いと思っていた人間でした。

グロービスで学び、卒業した今感じることは、「規制産業等で安定的な環境にいる社会人ほど、多様性の高い場所でビジネスの本質を学ぶべき」ということです。
グロービスに限らないようですが、国内MBAには外資を除き金融やインフラ等、規制産業所属の学生が他業種より少ないと感じます。変化よりも安定性を求める業界特性、かつそれに魅力を感じる人が働いている業界でもあるので、何か劇的なきっかけが無い限りはMBAレベルの学びを必要と感じないのは当然かもしれません。
しかし私が卒業まで学んで感じることは上記とは逆です。そのような環境にいる人ほど、変化のために学んだ方が良いと思います。同様の環境にある方に、少しでも関心を持って頂ければ嬉しく思います。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「理学療法士×MBA」で医療介護のイノベーターを目指す

2014期松山太士さん_160×160.jpg
【名前】松山太士

【勤務先】社会医療法人財団新和会 八千代病院
     総合リハビリセンター 技師長

【入学年】2014年4月


<自己紹介>
理学療法士(※)として複数の病院勤務を経て現職。リハビリテーション専門職総勢99名のマネジメントに従事。地域課題をリハビリテーションの視点で解決することを目的とした「安城地域リハビリネットワーク」を立ち上げ、代表として活動している。大学や愛知県理学療法士会などで、年に数回非常勤講師を務める。
グロービス経営大学院2014年入学、2016年卒業。

(※)理学療法士
主に「動作」の専門家として病気やケガの回復を促し、社会や日常生活に戻るまでを支援する役割を担う。さらに、生き甲斐やその人らしさをサポートする自立支援、生活支援、健康増進、介護予防などの分野や、プロスポーツチーム、教育、研究機関などさまざまな場面でも活躍しているリハビリテーションの専門職。



■グロービスMBAを卒業した、理学療法士である私の志

日本の医療介護は、団塊の世代が後期高齢者となり医療介護需要が激増する2025年に向けて大変革の真っ只中です。国策としての地域包括ケアシステムを構築するためには、今までのように各病院や各施設のマネジメントのみならず、地域全体をマネジメントすることが求められます。

(続きを読む...)
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ