名古屋校

名古屋校学生ブログ

【あすか会議を終えて】あすか会議を通じて大切にした心の葛藤

2012期森井良治さん_160×160.jpg
【名前】森井 良治

【勤務先】株式会社共和電機商会

【入学年】2012年



今年のあすか会議で名古屋校の拠点リーダーを務めさせていただいた
名古屋校2012期の森井と申します。
(※大学院入学に至るまでの経緯は、以前書いたこちらのブログをご覧ください)

思えば、グロービスの大学院生として入学した時、
とにかくチャンスがあったら手を挙げようという想いがすべての始まりでした。

■1年目の「あすか会議」

去年4月、GMBA名古屋校2012期生として入学。新たに始まった学び、仕事、
4歳の娘と家族との時間を確保しながら、あすか会議の学生企画委員へ立候補しました。

参加するやいなや、企画準備(全体会・拠点・企画Skype会議など)が次々とはじまり、
また、企画委員の決起大会という意味合いも兼ねて、委員のほとんどが参加する合宿
にも参加できず、自分が参加したこともないあすか会議にどうコミットすればいいか戸惑い、
そして、どんどん気持ち的にもおいていかれてしまう自分がおりました。

そんな葛藤を、委員長や拠点の先輩、同期、企画リーダーや企画委員のみんなに
ぶつけながら、みんなが受け入れて支えてくれたおかげで、心の葛藤を最後まで
抱えながらもなんとか委員としての役割を果たすことができました。

そして、企画委員をやる以上は、参加者としても誰よりも前のめりで
自分の持っているものをぶつけていこうと思い、当日参加。
登壇者の世界観や歴史観、人間観にもの凄く圧倒されましたし、
それまでずっとぼんやりしていた卒業後の姿がはっきりと見えた瞬間でもありました。

参加者として、また、企画委員としてはじめて参加した2012年のあすか会議。
得たものが多かった一方で、終わった直後に感じたことは、

「今年で企画委員は終わりにしよう」
「来年はさすがに同じ時間の使い方は大切な周りに理解してもらえないだろうな」

という想いでした。

■そして、再び企画委員の応募へ。

そして、去年の冬。
2013年のあすか会議企画委員の応募が始まりました。

応募締め切りが近づくにつれて、自分の心の中で、前回自分が苦しかったことや
当初想定していた負荷と実際の作業で感じたギャップ、そして、参加者として
感じた登壇者と自分との間にある「覚悟の差」という大きなギャップを、
両方の立場で経験した自分だからこそ引き継ぎたい!感じてもらいたい!
という気持ちが心の中に芽生えてきて、そして、できることをやろうということで、
いつの間にか委員として再び手を挙げておりました。

今年も志合宿は海外出張と重なるのは必須だし、家族や仕事、それ以外のことも
重なり、フルにコミットできないだろうという心苦しさも事前にありながら、それでも
できる範囲で、次の世代に引き継ぎ、感じてもらいたいという想いで拠点リーダー
という役を引き受けさせていただきました。

それから、当日を迎えるまでは、前回自分が感じていた心の葛藤を大切にし、

①今年新しく加わってくれた学生企画委員に対して、参加したこともないあすか会議に、
どうコミットしていけばいいのかという、去年の自分の苦しかった経験を伝えて、
みんな同じ想いを持っていることを共有しながら進めたい

②参加者に、あすか会議に参加して初めて感じられる、「登壇者との圧倒的な差」を
感じてもらい、自分の心から湧き上がる想いを感じて、行動に移してほしい

という想いでずっと進んでまいりました。

あすか会議当日までは、自分が描いた進み方とは全く違う方向に進んだり、
名古屋の拠点の委員の想いがちゃんとまとまっているのか不安になったりしたことも
ありましたが、それでもみんなあすか会議に向け、やることがいっぱいある中で、
最後まで拠点、企画のために、尽くしてくれて、あすか会議の当日を迎えました。

そして、当日。
名古屋校の同期である杉本さん、宮脇さんが委員長、副委員長を務めてくれたこと、
700人を超える前で堂々と私たちの代表でスピーチをしてくれた姿を誇りに思い、
同時に羨ましさも感じながら、参加者のために、委員のために、自分が思ったことを
ずっと貫かせていただけて、とても幸せでした。

■2年目のあすか会議を終えて

わたしにとって、あすか会議とは、

・地区、年代を越えて、いかに生きるか、人生とは何か?
・なにがその人をしてあのように動かしているのか

を、真剣に議論できる場であり、いかに学び、生きていくかを見つける場でした。

また、あすか企画委員をやってよかったと思うのは、拠点を越えて、
利害を超えた仲間ができたということです。
準備に費やした6ヶ月間、自分自身もそうですが、仲間のいろんな心の葛藤を垣間見て、
そして、自分がどういう行動をとるのか、常に言動や行動を問われていたのを感じていました。

現時点では、この経験がどのようにつながるのかはっきりとはわかりません。
しかし、自分の心の中ではなんだかとても心が躍っているのも事実です。

そして、参加者として感じたことで、物凄く大きかったのは、
昨年、登壇者と自分との間に感じた、圧倒的で追いつけないと思われた距離が、
今年は少しその距離が縮まったかな?という感覚を得られたことです。

より具体的に、今後の学び、そして、卒業後のイメージが具体化できてきて、
自分が成長し続けるプロセスを描けてきたことを実感できたのは大きな収穫でした。

まだまだ、折り返し地点、そして、アジアNo.1のビジネススクールになっていく上で、
このあすか会議がどんな存在になっていくのか、想像するだけでもワクワクしてきます。
これからもチャンスがあれば、手を挙げてどんどん前に出ていきたいと思っております。

そして、最後に一言!

自分自身の人生にイニシアチブをとり続けるために、あすか会議に限らず、
自分への投資を続けていきましょう!
その投資こそが、自分にとって最も頼りになる自分の描く未来に対する
自分自身の意思決定になるはずですので。

自分自身への教育をし続け、常に自分よりも上を見続けることが、
謙虚である秘訣であると信じてますし、あすか会議はそういった、
自分の生き様を問うてくれる場所であるので、一人でも多くの方に、
前のめりでこの場に参加してほしいと思います。

  • LINEで送る

「【あすか会議を終えて】あすか会議を通じて大切にした心の葛藤」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。