名古屋校

名古屋校学生ブログ

【MBA生活】学びから実践へ ~グロービスが提供する「場」に触れて~

2010年入学 宮地琢磨
株式会社ビルコート 常務取締役
ミヤ電子株式会社 常務取締役
MIYA ELECTRONICS(HK) LTD 取締役議長就任予定

グロービスに入学し、1年が経つ。

この1年をグロービスが提供する場に当てはめて
自分自身を振り返ってみたいと思う。

グロービスが提供する場は以下の3つである。

1. 理論と実践を融合した能力開発の場
2. 将来にわたる人的ネットワーク構築の場
3. 自らの志と生き方を見つける場

僕は貧乏性なので、どこまでこの場を
有効に活かせたかを自分の言葉で表現したい。

まずは、ケースメソッドを用いた能力開発だ。
これは非常に大変である。

1クールに3科目受講をする場合、
1回のクラスに向けた準備(予習→復習)のサイクルを
4日くらいで回し続けなくてはいけない。
当然仕事をしながらである。

ましてや、全く分からない業界のケース(企業事例)も多い。
ケースを正しく理解するのにも時間がかかる。

僕は中小企業の二代目であるが、
創業者のKKD(勘・経験・度胸)は研ぎ澄まされている。

だからこそ、自分のよくわかる業界であれば、
経験が先に立ち、理論を深く理解できない面がある。

しかし、多彩な経験に裏付けられた直感と、
これを裏付ける理解しづらいケースを通じて理論を学ぶことにより、
理論に裏付けされた自信となり、行動へのD(度胸)がつくのだ
ということを実感し始めている。

ただ活字を追うだけであれば1時間で理解した気になる。

しかし、ケースを通じて考え、アウトプットし、
多くの受講生の意見を聞き議論することで、より深く行間がよめ、
腹落ちする。

大変であるが、楽しい。
2年目以降は、理論を応用し、自分らしい経営感覚を披露したい。

次に、人的ネットワーク構築である。

この年ではあるが、学生になることで、多くの学友ができる。
当然人的ネットワークが形成される。
しかもかなり良縁のネットワークだ。

僕は、現社長(父)から2つのものを継承した。
1つは事業であり、もう一つは2代目の良縁のネットワークだ。

小さいときから多くの家族会に参加してきたことで、
通称「こども会」という良縁のネットワークとなり、
いまでもいつでも会える独特の仲間たちがいる。

グロービスネットワークも近いものを感じる

先日、クラス最終日には,講師も交え、
日間賀島で1泊2日の懇親会が企画された
(震災の翌週ということもあり延期となったが)。

この場は家族同伴をOKとした。
20名近くの参加者と、3家族、数名のフィアンセが参加予定であった。

「良縁の人的ネットワークは世代を超えて伝承する」
かどうかはわからないが、こういう企画は非常におもしろい。

ただでさえ、仕事と勉強で忙しい中、多くのイベントをくっつけることで、
家族ネットワークという名の家族サービスを融合させる。
積極的に一石二鳥の精神で楽しみたい。

そして、志醸成の場である。

皆、必ずしも志が明確なわけではない。

むしろ、社会に何か貢献したいと思い、志を模索している。
僕も、少なからず同様だ。

しかし、多くの仲間に励まされ、勉強することで、
得意分野やワクワクすることが、
仲間たちとの健全な議論の中で生まれそうな気がする。

今後も全力で素直な自分と対面し、自分らしい志を醸成したい。

この1年、特に必修クラスを中心に受講した。

クリティカル・シンキング、アカウンティング、ファイナンス、
経営戦略、マーケティング、人材マネジメント、組織行動とリーダーシップ。

ヒト、モノ、カネ、思考系と多くのケースに取り組み、活発な議論をする。

当然、自分自身の事業に自然と置き換えて、頭の中で整理もする。
最善の解を導き出す思考で正しく考え抜くこと。
多くの基礎科目を通じ、学んだことだ。

2011年は弊社にとって、海外事業元年となる。
同時に今まの布石を活かし競争優位を発揮できる事業へ資源集中する年になる。

経営者にとって、決断は非常に難しいが、
この一連の決断も、複雑な経営という生き物をわかり易く整理して、
考え抜くことで、踏み込んだ決断だ。

グロービス入学を迷われている方がいれば、
是非一歩踏み出して、門戸をたたいてほしい。

多少閉塞感のある日本で、これだけのパワースポットはないと思う。

今後の日本をダイナミックに創造し、
変革するそんな「創造と変革の志士」として共に学びましょう。
そして、クラスでご一緒になった際はお手柔らかに。

  • LINEで送る

「【MBA生活】学びから実践へ ~グロービスが提供する「場」に触れて~」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。