名古屋校

名古屋校学生ブログ

【MBA生活】 『CHANGE~将来へ』

私は、某予備校で働いています。
グロービスとの出会いは、今からちょうど2年前。

当時、私は自分の偏ったスキルに嫌気がさし、
自分がしたいことを実現するために、
自分の強みである「学ぶ」ことを活かして、
今の状況を打破するべくいろいろなものを模索していた。

あるときは本を乱読し、あるときには資格試験を受けてみたりと
自分で探し、独学し、「うーん」と考え・・・
私がしたいことに近づいているのかもわからず1年ほど過ごした。

そんなとき、グロービスで勉強しているという方の話を聞き
試しにクリティカル・シンキングの体験授業に参加した。

初めてのクラスは、速さについていけず、自分の不甲斐なさを感じた。
その時の講師であった田久保講師と話をした時にこんなことを言われた。

「学ぶときに必要なものは3つある。

1つは、時間

1つは、お金

1つは、やる気

このうち人から借りられるのは、お金だけ。もし、やる気があり、

時間も許されるのであればお金は借りてでも学んだ方がいい。」

と。(確かにグロービスは授業料が高いと感じた。)
悪い見方をすれば営業トークということになるのだろう。

しかし、私も予備校で学生に受験科目を教える立場の人間として、
その言葉にはなんの違和感も感じることなく、逆に田久保講師の
真剣さ、真面目さを感じここで学びたいと強く感じた。

これが私の人生で初めてとなる「経営学」というものに触れ、
将来の可能性を見出す希望を感じた瞬間だった。

それから2年が過ぎ、10科目を受講した。

その結果、何かが変わっただろうか?

この1年、大学院で学んだ結果の変化は3つある。

1つ目は「知識」。2つ目は「仲間」。3つ目は「自分の心」の変化である。

学べば必ず知識は増える。
それは本を読んでも同じであり、その変化は当たり前といえる。

この1年、働きながら勉強をすることをしたが、やはり予習とクラス、
振り返りなどに時間がかかり悩むことも多かった。
くじけそうになることもあったし、実際にくじけることもあった。(笑)

その中での悩みを仲間に話をするとみな同じ状況の中で学んでいた。
そしてお互いに励まし、共に勉強するという経験をすることができた。

また、仲間からの励ましで自分の夢に対する思いも一層強くなり、
私がやりたいことは必ず成功すると感じるようになった。

この数年の私の中の変化は、私の将来へと続く変化の一部である。

今、私の横で寝る1歳4カ月の娘と、職場の教え子たちに
将来キラキラ光る私の後ろ姿を見せれたらと思う。

その為の変化であれば、苦労してでも得るだけの価値がある
と私は思う。

あと残りの科目をまた苦しみながら、楽しみながら
仲間と共に熱い思いで頑張りたい。

あと最後に、
今私を支えてくれている妻に
ありがとう
と言いたい。

2009年入学 笠岡 崇史

  • LINEで送る

「【MBA生活】 『CHANGE~将来へ』」のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。