名古屋校

名古屋校学生ブログ

2017年

【卒業後~MBAを終えて~】「集団出世主義」 一緒に関わる人の応援団になりつつ、自らも成長していく

2015期小出真由美さん_160×160.jpg

【名前】小出 真由美

【勤務先】コンタクトレンズメーカー

【入学年】2015年

<自己紹介>

コンタクトレンズメーカーでIRを担当。2年前の自社株式上場の際、上場の審査や準備を担う。上場後は、投資家・株主の方々に自社情報を提供しつつ、投資家の皆様からのご意見を経営層に伝えるという、双方向コミュニケーションの橋渡し役として従事。グロービス経営大学院2015年入学、2017年修了。

■実務で使えるスキルを求めて、グロービスへ

グロービスを知ったのは3年前、株式上場の担当になったものの、アカウンティング、ファイナンスといったお金系に弱く、業務に必要な知識を得なければと思い始めたことがきっかけでした。本から独学で学ぶ方法や簿記の専門学校も調べてみましたが、知識を得ただけで実務に使えるようになるのか疑問を持ち、会社の先輩に相談したところ、薦めていただいたのがグロービスでした。

検討にあたり、体験クラスに参加したのですが、金融の実務経験豊富な講師の方が、私の質問に丁寧に答えていただいたことに感激しました。疑問を解決でき、ここなら自分の求めていることが得られるのではと期待し、すぐに単科受講を決めました。

(続きを読む...)

【MBA生活】医師の私がグロービスMBAで学ぶ理由

2016期水野晶子さん.jpg

【名前】水野晶子

【勤務先】瑞穂ガーデンクリニック

【入学年】2016年

<自己紹介>

国立大学医学部卒業後、大学病院、日本赤十字病院、民間急性期病院に呼吸器内科医として勤務。外来、病棟、救急、当直業務を行い、多くの病気を治す一方で、多くの死と直面。30代後半で呼吸器内科部長となり若手医師の育成を行いながら病院経営に参加。同時に栄養サポートチームを組織して患者の栄養状態改善と治療効果向上に貢献。健診センター長を兼務して予防医学に取り組んだ経験も持つ。2017年1月、ともに輝く人生を送るため「瑞穂ガーデンクリニック」を開院。グロービス経営大学院2016年入学。在学中。

■医療現場で感じた、良いマネジメント・良い経営の必要性

大学を卒業して医師となり、基本的な医術を習得する10年が過ぎた頃、医師にも組織の中でリーダーの役割が回ってきます。若手医師の育成や、多職種のメンバーで結成されたプロジェクトの遂行、部門長として約20名の部下を持ち人事考課まで行うなど、今まで学んできた医学だけでは対処できない役割に戸惑いながら、独学でマネジメントを勉強していました。

そんな中、私が一時期所属していたある組織で、現場のスタッフは優秀で良い人達ばかりなのに、マネジメント層が悪いために現場の人が苦しみ、良い成果を上げることができないという環境を経験しました。

(続きを読む...)

【MBA生活】「事業継承×グロービス」家業としての責任・使命に加え、「誇り」を持つことができた

2015期中村浩康さん_160×160.jpg

【名前】中村 浩康

【勤務先】株式会社秋田屋本店

【入学年】2015年

<自己紹介>
大学卒業後、食品メーカーにて就職し、営業部門でスーパーなどの売場提案と製造部門にて食品製造工程を経験。2008年にベンチャー企業に転職し、4年間広告営業に従事。
2012年に家業である秋田屋本店に入社。将来的には事業継承を視野に入れ、商品開発、営業、人事を担当。グロービス経営大学院2015年入学。

■グロービスとの出会い-自分の無知さを痛感し入学を決意

私は大学卒業後2社を経験し、30歳で事業継承を前提として家業である「秋田屋本店」に入りました。養蜂・食品製造を行っている会社で、現社長(父親)が9代目となります。会社を経営する祖父や父を見ながら育ったこともあり、幼少期から漠然と、いつかは自分が会社を継ぐのかなぁと考えており、30歳を機に戻ってきたという形です。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】「志」の実現に向けた「ワイルドな道」の選択 中小企業支援へのキャリアチェンジ

2011期杉山正和さん_160×160.jpg

【名前】  杉山 正和

【勤務先】 関市ビジネスサポートセンター Seki-Biz

【入学年】 2011年

【自己紹介】
1971 年生まれ。愛知県犬山市出身。食品卸売業大手の国分株式会社(現 国分グループ本社株式会社)入社。21 年間一貫して営業職として勤務し、食料品および酒類の販売に従事。主に全国展開するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの大手組織小売業を担当し、PB 商品開発、販路開拓、商品育成、商品提案、棚割提案など売場活性化の提案活動に加え、物流改善活動などにも数多く携わる。

2016年4月より、関市ビジネスサポートセンターセンター長に就任。2014年グロービス経営大学院経営学研究科 経営学専攻修了(MBA)、中小企業診断士(2016 年4 月登録)。

■「社内で突き抜けた人材になってやろう」~グロービスとの出会い~

私は大手食品専門商社に入社後すぐに「会社組織でやりたいことをやるためには役職を上げてゆくしかない」と感じ、徹底的に仕事に打ち込みました。しかし、大企業では単に仕事ができるからといって昇格できるものではありません。
私は順調に昇格していたものの、40歳を前にして「もっと早い出世を望むなら、会社内で誰とも比較されない絶対的な存在、突き抜けた人材になってやろう」思い始めました。

(続きを読む...)

【卒業後~MBAを終えて~】サービス業へのMBAの活かし方

2013期勝木誠さん_160×160.jpg

【名前】  勝木 誠

【勤務先】 外資系コーヒーショップ

<自己紹介>
大学卒業後、サービス業に従事。現場での経験を経て、2011年より外資系コーヒーショップの地区マネージャーとして勤務。地区の戦略立案や、9名の店長と300名のスタッフとコミュニケーションをとり、店舗運営の戦略的アドバイスを様々な角度から行う。
2013年グロービス経営大学院入学、2016年卒業。


■経験だけでは最適なアドバイスができないと感じ、学びを決意

グロービスで学ぼうと思ったきっかけは、マネージャーとして自分の仕事の質に疑問を持ち始めたことでした。

2011年春、9年の現場経験を経て、地区マネージャーに昇格しました。
マネージャー1年目は自身の経験を店長にアドバイスをすることで、ある程度の成果が得られていましたが、2年目以降徐々に危機意識を持ち始めました。それは自分の経験が、少しずつ今の現場の感覚とずれていて、経験だけでは店長に最適なアドバイスが与えられていないと感じたからです。

(続きを読む...)
  • LINEで送る

名古屋校学生ブログのページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。