若手ビジネスパーソンにとってのMBA

どこでも通用する力を、今、グロービスで。

どこでも通用する力を、今、グロービスで。

20代・30代 × グロービスのMBA

目指すキャリアの実現のため。人生の選択肢を広げるため。多様なバックグラウンドの学生と学ぶグロービスのMBAは、次世代ビジネスリーダーに必要なスキルと確固たる志を手に入れる場所となります。

若手ビジネスパーソンの
卒業後の変化

  • 98%

    キャリアのポジティブな
    変化を実感

  • 164%

    入学時と比較した年収増加

  • 76%

    希望する異動・昇進、やりたい仕事を
    実現した人の割合

※グロービス経営大学院の卒業生(入学時20代だった人のみ)を対象としたキャリアアンケートより(詳細はこちら)

チャンスは準備をしている人に
訪れる

田久保 善彦

ビジネススクールへ進学する動機は「起業したい」「希望の部門へ異動したい」「ビジネスパーソンとして実力を高めたい」など人によってさまざまです。
MBAを目指すにあたり、20代・30代の人たちが意識しておくべきことは何か。それは「若さ」です。早い段階でビジネスの基礎力を身につけておくことは、先輩たち以上に何十年もその力を活かせることにつながります。20代・30代の人たちは、これからの長いキャリアの間に多くのチャンスにめぐり合うでしょう。その際、能力を高めておかなければ、希望するポジションにつくのは難しいでしょうし、やりたいことを任せてもらう機会も得られないでしょう。今は会社が皆さんを手厚く育ててくれる時代ではありません。マーケティングをやりたいと言っているだけの人と、マーケティングを任せてもらえるように自ら準備をしている人がいれば、どちらにチャンスが訪れるかは明白です。めぐってくる機会を最大限に活かせるように、できるだけ早いタイミングで自らの成長に真剣に向き合ってみてください。

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長

田久保 善彦Yoshihiko Takubo

三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁、自治体などを中心にコンサルティング業務に従事。経済同友会幹事、経済同友会教育問題委員会副委員長(2012年)、経済同友会教育改革委員会副委員長(2013年度)、経済同友会・新産業革命と社会的インパクト委員会副委員長(2016年度)ベンチャー企業社外取締役、顧問、NPO法人の理事等も務める。グロービス経営大学院にて企画・運営業務・研究等を行なう傍ら、リーダーシップ系・思考系科目の教鞭を執る。

学生の声

  • 志が明確になったことで、あらゆることに挑戦する勇気が芽生えた。

    中村 雄志さん
    パナソニック株式会社
    メカトロニクス事業部 北米新事業担当 主幹

    中村 雄志さんYushi Nakamura

    ケースメソッドによる授業でフレームワークの活用や経営判断の疑似体験を積み重ねたことにより、当初私が望んでいた商品企画力に加えて、経営の定石を網羅的に学ぶことができました。その後は、経営企画で経営幹部と一緒に仕事をするという貴重な経験も得ることができました。

  • 20代までは全力で仕事をこなすことで、それなりに評価もされ満足感があった

    河野 文子さん
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 商品戦略部 部⾧代理

    河野 文子さんAyako Kono

    自分のありたい姿と現実にギャップを感じはじめたのが、グロービスに通うきっかけでした。任された仕事に対して、もっとより良いやり方があるのではないか、他にも違った考え方があるのではなはいかと漠然とした問題意識を常に持つようになっていました。

学生プロファイル(2017年度入学生)

在校生の出身大学・大学院上位15校

  1. 早稲田大学
  2. 慶応義塾大学
  3. 明治大学
  4. 同志社大学
  5. 日本大学
  1. 関西学院大学
  2. 京都大学
  3. 青山学院大学
  4. 立命館大学
  5. 中央大学
  1. 大阪大学
  2. 東京大学
  3. 神戸大学
  4. 法政大学
  5. 東北大学

(2017年4月1日現在)

在校生の所属企業(一部抜粋)

  • IT・通信・ネットワーク
    楽天、ソフトバンク、NTT データ、NTTドコモ、NTT 東日本、NTT 西日本、NTTコミュニケーションズ、KDDI、日本オラクル、ワークスアプリケーションズ、電通国際情報サービス、大塚商会 他
  • 半導体・電機・機械
    キヤノン、シャープ、ソニー、東芝、日本電気、パナソニック、三菱電機、トヨタ自動車、日産自動車、デンソー、アイシン精機、日本電産、富士ゼロックス、ブリヂストン、ヤマハ発動機、三菱重工業、オムロン、キーエンス 他
  • 化学・医薬・食品
    アステラス製薬、アストラゼネカ、MSD、大塚製薬、大正製薬、小野薬品工業、グラクソ・スミスクライン、塩野義製薬、第一三共、大日本住友製薬、武田薬品工業、中外製薬、日本イーライリリー、ノバルティス ファーマ、ファイザー、資生堂、花王、スリーエムジャパン、テルモ、旭硝子、味の素、サントリー酒類、サントリー食品インターナショナル、スターバックスコーヒージャパン 他
  • 商社・流通・小売
    三菱商事、住友商事、丸紅、豊田通商、三菱食品、岩谷産業、ローソン、丸井グループ、アマゾンジャパン 他
  • 金融
    アメリカンファミリー生命保険、プルデンシャル生命保険、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行、大同生命保険、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、ジェーシービー 他
  • サービス・その他
    凸版印刷、博報堂、電通、インテリジェンス、マイナビ、リクルート、リクルートキャリア、リクルートジョブズ、ミズノ、LIXIL、朝日新聞、髙島屋、福岡地所、大和ハウス工業、クインタイルズ・トランスナショナル、アビームコンサルティング、デロイトトーマツコンサルティング 他

(2017年4月1日現在)

20代・30代がグロービスを選ぶ理由

  1. 「考える力」「伝える力」が鍛えられる

    「考える力」「伝える力」が
    鍛えられる

    「ヒト・モノ・カネ」といったMBAの基本科目に加え、「思考」系科目があるのがグロービスの特徴のひとつです。論理思考や定量分析、プレゼンなどの技術を学び多くの人を動かす思考力やコミュニケーション力を養うことで、役職や権限に頼らないリーダーシップ力や業務推進力を得られます。

  2. 向上心溢れる学生たちと学べる

    向上心溢れる学生たちと学べる

    グロービスには業種や職種が多岐に渡る成長意欲の高い学生が集っています。ディスカッション中心の授業やクラブ活動、各種イベントなどを通じ、年代や拠点を越えて「生涯と友」と呼べる仲間と出会えるはずです。また、多様な経歴の学生から様々なビジネス事例を学ぶ機会にもなるはずです。

  3. 困難を乗り切るための「志」が醸成される

    困難を乗り切るための
    「志」が醸成される

    挑戦し続ける人ほど、困難な状況に直面することが多いものです。そうしたときに、自分を支え、奮い立たせてくれる「志」があれば、必ず乗り越えられるはずです。グロービスには自らの「志」を明確にするための科目が数多く用意されています。

人生を変える学びが始まる。
グロービスの「MBA体験クラス」

これからグロービスで学ぶことを検討されている方を対象に「体験クラス&説明会」を開催しています。各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをぜひ体験してください。

仕事と両立できる、
無理なく通える仕組み

  • 1科目から受講できる制度(単科生制度)
    単科生制度は、大学院の授業を1科目(3ヶ月)から受講できる制度です。大学院本科出願を決める前に、本科生と同じ環境で実際に授業を受けることで、MBAの必要性や授業の内容、仕事との両立の方法、一緒に学ぶ仲間たちなどを確認できます。単科生として取得した単位は大学院の修了単位に組み入れることが可能です。大学院本科入学者の9割以上が単科生を経て入学しています。
  • 教育訓練給付制度(最大112万円給付)
    グロービス経営大学院は、厚生労働大臣より専門的・実践的な教育訓練講座として指定を受けています。本学の学生は、通学でもオンラインでも、どちらの受講方法でも必要な条件を満たせば、最大で112万円の給付金の受給が可能となります。
    ※受給金額「112万円」は2018年4月から。2017年までの入学生は最大「96万円」の受給となります。
  • 通学・オンライン併用受講可
    全国に5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)があり、最寄りのキャンパスへ通学することができます。また教室で学ぶ際と同様にリアルタイムで教員や学生とディスカッションするオンラインクラスも開講しているため、科目ごとに受講方法を選択することもできます。忙しいビジネスパーソンが環境の変化に合わせて最適な学び方を選択できるようになっています。
  • アクセス
    全国にある5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)は、都心にあり駅からすぐの好アクセスな立地です。また、オンラインクラスは、ご自身のPCやモバイル端末から受講が可能です。忙しいビジネスパーソンでも時間を無駄にせず、平日仕事のあとでも無理のない受講が可能です。
  • 授業振替制度
    やむを得ず欠席しても、同一期内に複数クラスを開講している科目の場合は、欠席回を他の日に振り替えて受講できます。振替は別のキャンパスで同時開講しているクラスに出席することもできるので、出張先の最寄りのキャンパスで授業を受けることも可能です。
  • 転校制度・休学制度
    転勤や転居に際しては、5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)とオンラインのどこにでも転校することが可能です。さらに異動や長期出張などの場合でも、3ヶ月単位で最長2年間の休学制度を利用することもできます。
  • 長期履修制度
    標準2年間で修了可能なMBAプログラムですが、在学中に想定外の仕事に携わることになるなど、業務が多忙になった場合は長期履修制度を利用して修了年限を最長5年まで延長することができます。(3年目以降の在籍には所定の長期履修費用が必要)
  • クオリティ・ギャランティ
    修了要件を満たしても当初想定していた学習効果が得られなかったと判断された場合、入学後にお支払いいただいた学費全額を返金します(ただし、学位授与と卒業後のサービスの提供はされません)。高い教育効果を誇る、グロービスならではの制度です。

よくある質問

グロービスでは、20代は何割ぐらい学んでいるのですか?

グロービス経営大学院に20代で入学された方は、12.5%(2017年度)となっています。2017年度の学生プロファイルはこちらをご覧ください。

20代でMBAを取得する意味はあるのですか?

20代の内に経営を体系的に学ぶことで、より早期に活躍する場を確立できる可能性は確実に広がります。また、自らのキャリアの選択肢も広げることができます。20代で大学院に進学し、修了された方のアンケートをこちらからご覧ください。

MBA取得は企業から評価されますか?

急激な環境変化に対応するために意思決定のスピードも要求されるようになる中で、短期間で効率よく経営の幅広い知識やマネジメントスキルを身につけることができるMBAプログラムは、日本企業からも注目されています。ただし、企業が評価するのはMBAという学位ではなく、MBAで学んだものを活かして実務で実績を出せることですので、学びを通じて実績に繋がる能力、特性を身につけることができるビジネススクールを選ぶことが重要になります。

転勤がありそうなのですが、他のキャンパスに転校できますか?

転勤や転居に際しては、5つのキャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)とオンラインのどこにでも転校することが可能です。さらに異動や長期出張などの場合でも、3ヶ月単位で最長2年間の休学制度を利用することもできます。加えて、海外転勤の場合は、最長5年間の休学が可能です。尚、キャンパスに通うことが難しい場所への転勤や海外に赴任される場合は、休学制度を利用せずオンラインで受講を続ける方も多数いらっしゃいます。

経営を学んだことがない初学者でも受講できますか?

大丈夫です。ほとんどの学生が経営を初めて学ぶ方ですし、グロービスでは「クリティカル・シンキング」であらゆるビジネスパーソンに求められる論理思考力のベースを鍛え、「マーケティング・経営戦略基礎」「アカウンティング基礎」といった「基本科目」で「ヒト・モノ・カネ」といった各領域の基礎知識とそれをビジネスで活かす基本的な方法論を学びますので、初学者でも安心して学び始めることが可能です。また、グロービスには、大学院入学前に1科目(3ヶ月)から基本科目を受講することができる「単科生制度」がありますので、「授業についていくことができるのか」「仕事と両立できるのか」などを、まず1科目だけ受講して確認することもできます。ぜひご利用ください。

カリキュラムの特徴は何ですか?

グロービス経営大学院は「創造と変革の志士」を世に送り出すことをミッションとしています。したがって、カリキュラムは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「志」や「人間力」を育むことに力を入れています。カリキュラムの特徴はこちらのページをご覧ください。また、どのような授業を行っているかについてはこちらのページをご覧ください。

「テクノベートMBA」とは何ですか?

「テクノベート」とは、テクノロジーとイノベーションを掛け合わせたグロービスの造語です。また、「テクノベートMBA」とは、最新のテクノロジーを理解した上でイノベーションを起こし、次の10年を率いるビジネスリーダーを育てるためのグロービス独自のプログラムになります。具体的には「経営の定石」「考える力」「人を巻き込む力」という既存のMBAプログラムで培う能力に加えて、「テクノロジーの定石」「テクノロジーで競争優位を築く構想力」「AI/ロボットを含むリーダーシップ能力」という新たな3要件を積み上げ、時代の要請に応える人材を育てることを意図したプログラムです。テクノベート関連の科目の内容については、こちらのページのカリキュラムマップ内の「テクノベート特別講座」の科目名をクリックしてご確認ください。また、「テクノベートMBA」を提供する背景については、こちら(外部ページ)もご覧ください。

受講前に、どのような授業が行われるのか体験できる機会はありますか?

各キャンパス(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・オンライン)、特設キャンパス(横浜、茨城水戸)にて「体験クラス&説明会」を随時開催しておりますので、ぜひご参加ください。参加費は無料です。開催日程はこちらのページからご確認いただけます。

学び始めるためのステップ

自分のキャリアとスキルの強化に、グロービスは必要か。
その答えを見つけるため、グロービスはたくさんの機会を用意しています。

  1. STEP1グロービスを詳しく知る

  2. STEP2グロービスを体験する

  3. STEP31科目(3ヶ月)から学べる単科生制度を利用して学ぶ

    98.6%
    本科進学前に単科生として学んでいた方の割合

    「グロービスのMBAが自分にあっているのか」
    実際に1科目を受講して確かめる。

    本科生として入学する前に、基本科目を1科目から先行して受講することが可能です。また、年4回(1月、4月、7月、10月から)学び始める機会があり、本科生として入学される方の9割以上の方が、単科生から受講をスタートしています。

  4. STEP4本科に出願する

    入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる

    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

若手ビジネスパーソンにとってのMBAのページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ