経営幹部にとってのグロービスのMBA

「真の経営人材」となるために

「真の経営人材」となるために

経営幹部 × グロービスのMBA

経営幹部に最も求められる能力は「意思決定力」。激変するビジネス環境下において、過去の経験則だけに頼っていては、不確実な未来を予測しビジネスを成功に導くことは困難です。多様なケースを通じて「自分ならどうするのか?」を考え抜き、議論を積み重ねることで、組織をさらなる高みへと導く真の経営人材に。

ビジネス経験だけでは培えない
「意思決定力」を得る

廣瀬 聡

管理職である皆さんは、目の前の仕事に精一杯取り組み、多くの成果を上げてきたからこそ、今のポジションを得ているのでしょう。しかし、変化が激しいこの時代、さらにもう1段、2段と高いポジションを得て会社全体の舵を取るには、担当事業にとらわれず全体最適を考慮し物事を判断する力が求められます。つまり、経営の体系的な知見に基づく「意思決定力」が必要なのです。こうした力を磨くには、競合に打ち勝ち自社の優位性を構築するための「経営戦略」、新たな投資への資金調達を可能にする「ファイナンス」、必要となる人材確保のための「人事戦略」、組織が円滑に機能するための「リーダーシップ」などが組み合わさった総合力を養う必要があります。こうした経営全体を見渡す視点があってこそ合理的な意思決定ができ、組織全体の成長に貢献できるのです。携わっているビジネスだけでは、得られる経験がどうしても限られます。ここに、皆さんがグロービスで学ぶ意義があるのです。

グロービス経営大学院 経営研究科 事務局長

廣瀬 聡Satoshi Hirose

慶応義塾大学経済学部卒業、カーネギーメロン大学経営管理工学科(MSIA/MBA)修了。大手銀行にてデリバティブ・リスク管理等に従事後、米系戦略コンサルティング会社に入社し、大手金融機関や事業会社の全社/事業部戦略立案、提携戦略支援、M&A推進等多数のプロジェクトに参画。その後、AIG/AIU保険会社執行役員、ベルシステム24常務執行役員・共同COOを経て、2016年よりグロービスに参画。

「真の経営人材」に近づく理由

  1. 経営者視点での意思決定力が鍛えられる

    経営者視点での意思決定力が
    鍛えられる

    多様な業種、職種のケース(企業事例)を用いて実戦さながらに経営者視点での意思決定を繰り返します。実務経験豊富な教員や学生同士でのディスカッションを通じ、一段高い視座での意思決定力を養っていきます。

  2. 一生涯高め合える仲間を得られる

    一生涯高め合える仲間を得られる

    成長意欲あふれる学生が互いに切磋琢磨しながら議論を交わし、時には役職や年齢、職種を越えた「同士」として語り合う。忙しい時間を割いて学ぶ仲間との凝集性の高い繋がりは、生涯にわたっての財産となるでしょう。

  3. 揺るぎない「志」が醸成される

    揺るぎない「志」が醸成される

    リーダーの想いに共感すればするほど、組織は意思決定された戦略や方針に基づき、迅速に動き、成果を出すものです。グロービスでは、リーダーとしての「志」を醸成するための科目が多数用意されています。

人生を変える学びが始まる。
グロービスの「MBA体験クラス」

これからグロービスで学ぶことを検討されている方を対象に「体験クラス&説明会」を開催しています。各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをぜひ体験してください。

学生の声

  • 経営を体系的に学ぶことは必要不可欠

    堀越 裕文さん
    株式会社大西 常務取締役
    (兼 経営管理本部本部長)

    堀越 裕文さんHironori Horikoshi

    経営者として、財務担当として、また各々の立場において自分の言葉で、つまり腹落ちした上で物事を進めることができるか、交渉できるかということが大切であり、そのためには意思決定の疑似体験が非常に重要であるということです。

  • ノーリスクで経営の意思決定のリハーサルができる

    津田 恵さん
    大阪ガス株式会社 IR部長

    津田 恵さんMegumu Tsuda

    自分が経営者であればどうするかを考え抜き、クラスでアウトプットし、修正すべき点をクラスのメンバーや教員から学んでいく過程はまさに、ノーリスクで意思決定のリハーサルをやっているようなもの。

よくある質問

なぜグロービスは「実践的なMBA」と評価されているのですか?

「実践的なマネジメント能力」の開発のみならず、ビジネスリーダーとして成果を上げるために必須の「志」や「人間力」を育むことに徹底してこだわっているためだと考えています。ビジネス界から高く評価され国内最大のビジネススクール(MBAプログラム)となったグロービスの、他校には真似ができない取り組みについては、こちらのページをご覧ください。

MBAは大企業の経営に必要なものという印象が強いのですが、中小企業でも役に立ちますか?

優れた経営者やリーダーに求められる要素は大企業も中小企業でも変わらないため、MBAの学びは十分役に立つと考えています。実際に、中小企業からも経営陣や管理職、そういったポジションを目指している方など多くの方が通われており、学びを活かし活躍されています。中小企業では、「ヒト・モノ・カネ」と呼ばれる経営資源が十分に満たされない中で舵を取る能力が求められます。ゆえに、中小企業のリーダーは、環境変化が激しい昨今の状況下において、その変化を的確に分析し、必要に応じて戦略を転換し、少ない経営資源でいかに効率的に戦うかという戦術を策定する力を磨いておくことは必須と言えるでしょう。

「テクノベートMBA」とは何ですか?

「テクノベート」とは、テクノロジーとイノベーションを掛け合わせたグロービスの造語です。また、「テクノベートMBA」とは、最新のテクノロジーを理解した上でイノベーションを起こし、次の10年を率いるビジネスリーダーを育てるためのグロービス独自のプログラムになります。具体的には「経営の定石」「考える力」「人を巻き込む力」という既存のMBAプログラムで培う能力に加えて、「テクノロジーの定石」「テクノロジーで競争優位を築く構想力」「AI/ロボットを含むリーダーシップ能力」という新たな3要件を積み上げ、時代の要請に応える人材を育てることを意図したプログラムです。テクノベート関連の科目の内容については、こちらのページのカリキュラムマップ内の「テクノベート特別講座」の科目名をクリックしてご確認ください。また、「テクノベートMBA」を提供する背景については、こちら(外部ページ)もご覧ください。

卒業生の活躍について教えてください。

「売上げアップに貢献できた」「新規事業を立ち上げた」「起業した」「希望していた転職や異動希望が叶った」など様々な卒業生の活躍を「学生の声」ページでご紹介しています。また、グロービスでの学びを仕事に活かした具体的な事例については「卒業生の活躍ストーリー」「卒業生のキャリアケース」ページでご紹介しています。加えて、卒業生のこれまでの成長や活躍を明らかにし、それに対してグロービスのMBAがどのように役立ったかを把握するために実施している「卒業生キャリアアンケート」については、こちらのページでご確認いただけます。

グロービスではどのような教員が登壇しているのですか?

グロービス経営大学院に登壇する教員は、経営に関する体系的な知識はもちろん、経営者やコンサルタントなどの実務経験、専門分野での知見を持ち合わせるプロフェッショナルです。加えて、授業の中で議論をコントロールし、学生の「考える力」を鍛えていくための「高いファシリテーション能力」を有しています。個々の教員の紹介についてはこちらのページからご覧いただけます。また、グロービスの教員がどのような考えを持って授業を運営しているのかについては、こちらのページをご覧ください。

単科生制度とは何ですか?

大学院本科入学前に、グロービス経営大学院の基本科目を1科目(3ヶ月)から先行して履修できる制度です。在籍期間は1年間(本科生入試合格時は在籍期間が入学まで延長されます)で、1受講期あたり2科目まで、1年間で最大12単位(8科目相当)まで受講いただけます。大学院本科入学者の98.6%は、単科生から受講を始めています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

受講前に、どのような授業が行われるのか体験できる機会はありますか?

各キャンパス(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・オンライン)、特設キャンパス(横浜、茨城水戸)にて「体験クラス&説明会」を随時開催しておりますので、ぜひご参加ください。参加費は無料です。開催日程はこちらのページからご確認いただけます。

学び始めるためのステップ

自分のキャリアとスキルの強化に、グロービスは必要か。
その答えを見つけるため、グロービスはたくさんの機会を用意しています。

  1. STEP1グロービスを詳しく知る

  2. STEP2グロービスを体験する

  3. STEP31科目(3ヶ月)から学べる単科生制度を利用して学ぶ

    98.6%
    本科進学前に単科生として学んでいた方の割合

    「グロービスのMBAが自分にあっているのか」
    実際に1科目を受講して確かめる。

    本科生として入学する前に、基本科目を1科目から先行して受講することが可能です。また、年4回(1月、4月、7月、10月から)学び始める機会があり、本科生として入学される方の9割以上の方が、単科生から受講をスタートしています。

  4. STEP4本科に出願する

    入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる

    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
    • 入学試験(5月・9月・1月)に出願し、4月から本科生となる
  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

経営幹部にとってのMBAのページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ