活躍する卒業生・在校生

卒業生のキャリアケース:転職

卒業生のキャリアケース:転職

五十嵐 一嗣さん

実現したいことを叶えるためのキャリア選択

新日本製鐵を経て、日本電産株式会社グループマネージャー

五十嵐 一嗣さんKazutsugu Igarashi

※年齢・肩書きはインタビュー当時のもの

今までのキャリアについて

~グローバルキャリアを求めて~

 大学で物理学を専攻していたことから、卒業後は素材系メーカーに就職しようと考え、就職活動ではタイヤメーカーと鉄鋼メーカーの工場見学に参加しました。工場の雰囲気が気に入ったため、鉄鋼メーカーに就職を決意。新日本製鐵株式会社にて、工場の生産技術で、主にプロセス改善、操業改善、製造コスト管理、設備投資の企画・実行に携わるなど約10年間勤務しました。
その後、2010年に、日本電産株式会社へ転職。かねてからの希望であった海外工場の立ち上げに携わりました。アメリカ人、メキシコ人、フィリピン人、中国人、ドイツ人といった多国籍のメンバーと共にプロジェクトを進めるのは初めての経験で、今後この様な働き方が増えるという点からも、とても良い経験になりました。
一方で、日本人ならば簡単に納得してもらえるような内容でも、外国人には理解してもらえないという場面に遭遇することもあり、日々、様々な意思決定の場面において苦労しました。同時に、日本人と外国籍のメンバー間の仕事のスタイルが異なったため、かなりフラストレーションが溜まったこともありました。しかし、そのようなことも含めて、今の環境を楽しめていると感じます。

キャリア選択のベースとなる価値観について

~日本の製造業の強みを検証したい~

 就職してから数年後、国内市場を相手にするビジネスに閉塞感を感じる中で、いつしか海外市場をアグレッシブに攻めたいと思うようになりました。そのような中、ある商品をグローバルに拡販することになり、クロスファンクショナルなプロジェクトを結成し、そこに工場側の責任者として参画する機会を得ました。
なかなか考え通りにうまく事は進みませんでしたが、その段階で既にビジネススクールでマーケティングを学び終えていたので、それを活かして建設的な意見が言えたり、製造、販売一体となり、コストを低減することができたりと、そのチャレンジを通じて良い経験ができたと感じています。
それらの経験を含めて約10年間新日本製鐵にて勤務した後、やはり海外市場で勝負をしたいという想いのもと転職を決意。転職活動をする中で、生活面への影響・変化も考えましたが、まずは仕事内容を優先し、海外工場の立ち上げができる会社を重点的に探し、検討しました。さらに、海外で勝つためにはアグレッシブな社風が必要と考えた中、運良く条件に適う会社を見つけることができ、日本電産に転職をしました。
 今の職場では、社内で非常に重要な位置付けにある「生産拠点拡大」というテーマのもと、買収したアメリカの会社と協業で、彼らのもつ工場の中に生産ラインを立ち上げるという仕事に携わりました。
そもそもなぜ海外工場の立ち上げにこだわったかというと、新興国の厚板市場における成功要因は価格が安いことで、鉄源確保の問題があるものの低コスト化を図るには新興国に工場をつくるのが一番だという考えがあったことによります。鉄鋼はサプライチェーンがシンプルなので、それほど産業集積がされていない新興国でも十分に成り立つ産業だと確信しています。
ちなみに現在は、「日本の製造業について考える場」を自ら主催しそこでのネットワークを通じて、コスト競争をいかに避けるかを議論しています。仮説はできましたので、実践する機会を探っているところです。

必要なスキルと能力開発について

~グローバルに活躍するために日本人に必要なこと~

 グローバル社会、組織において存在感を出すためには、日本人の強みを徹底的に昇華させる必要があると考えます。外国人と2年間に渡り仕事をしてみて感じた、日本人の強みを3点上げるとするならば、

1. 日本が世界に誇るべき和の精神「和をもって尊しとなす」
2. 繊細さ、きめ細かさ
3. 勤勉さ
だと思います。

繊細さ、きめ細かさにおいては、私には少々欠けているところがあるので、今後特に意識していきたい部分です。後は、日本の「ものづくり」に関して、日本人の心を世界に広めていきたいと考えています。そして、長年製造にこだわってきたことからもう少し視野を広げ、「ワクワク」「ドキドキ」する製品アイデアの実現に貢献したいです。
キャリアに終わりはないので、常に自分は何をしたいのかを探求し続けることは非常に大切だと感じています。
  • LINEで送る

マネージャーへの転職事例 日本電産 五十嵐氏 のページ。実践的なMBA(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでMBAプログラムを提供しています。