カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

新日本的経営講座

「新日本的経営」のページです。 グロービス経営大学院では、「新日本的経営」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 展開科目
  • Japan/Asia/Global
  • 1.5単位
  • あり(DAY4)
  • 6回
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

本科目では、これまでの日本的経営のメカニズムを解明し、環境変化の本質を捉え、今後の新日本的経営のあり方を考察していきます。加えて、歴史的経緯・文化的背景の中で経営を捉える視点について学んでいただきます。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

日本企業が直面する課題の本質について突き詰めて考える気概のある方、歴史・文化・制度が経営に与える影響について学びたい方を対象とします。経営の基本的なフレームワークの理解は前提としてクラスを進めます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  日本的経営の全体像と「経営の全体システム」を捉える視点(前半)

ケース : シャープ株式会社:技術戦略

セッション B

テーマ : 日本的経営の全体像と「経営の全体システム」を捉える視点(後半)

ケース : シャープになろう!:液晶ディスプレイ業界におけるシャープの技術革新

Day2

セッション A

テーマ :  日本的経営の特性、強みと課題(前半)

ケース : トヨタのナレッジマネジメント

セッション B

テーマ : 日本的経営の特性、強みと課題(後半)

ケース : 伊那食品工業:社員を幸せにする会社

Day3

セッション A

テーマ :  日本的経営の人材マネジメント

ケース : オリックス株式会社:日本のインセンティブ制度

セッション B

テーマ : 日本企業の強み・弱み

ケース : 国別のイノベーション・システムと各国産業の盛衰

Day4

セッション A

テーマ :  今後の環境変化と日本企業の課題(前半)

ケース : 新日本製鐵株式会社

セッション B

テーマ : 今後の環境変化と日本企業の課題(後半)

Day5

セッション A

テーマ :  新日本的経営:ビジネスモデル・戦略面(前半)

ケース : コマツのグローバリゼーション

セッション B

テーマ : 新日本的経営:ビジネスモデル・戦略面(後半)

ケース : コマツのグローバリゼーション

Day6

セッション A

テーマ :  新日本的経営:組織運営面(前半)

ケース : 香港公文(A)
香港公文(B)(当日配布)
香港公文(C)(当日配布)

セッション B

テーマ : 新日本的経営:組織運営面(後半)

ケース : エーザイ株式会社における知識創造

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

新日本的経営 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ