カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

日本型インダストリー4.0:「和ノベーション」で創造する未来【Stimulated by Roland Berger】講座

「インダストリー4.0」のダイナミックなインパクトを読み解き、IoTやAIによる効率一辺倒でないより良い社会のあり方や、日本の構造的な課題をも解決へと向かわせる日本型イノベーションのあり方を、受講生の皆さまとの議論を通して共に探っていきます。

科目詳細

  • 展開科目
  • テクノベート特別講座
  • 1.0単位
  • あり(DAY3)
  • 4回
  • あり
  • 25

科目概要

不確実性の時代である今、自らが生み出したい世界を構想し、それを形にしていくアプローチが企業や社会に求められています。本科目では、ドイツに本社を置き、世界34カ国で展開する戦略コンサルティングファームであるローランド・ベルガーが、ドイツ発「インダストリー4.0」のダイナミックなインパクトを読み解き、IoTやAIによる効率一辺倒でないより良い社会のあり方や、日本の構造的な課題をも解決へと向かわせる日本型イノベーションのあり方を、受講生の皆さまとの議論を通して共に探っていきます。クラスは、レクチャー、ケース、ワークショップを織り交ぜて進行します。


※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。

受講対象者

リーダーとして活躍される方全てです。IoTやAIの社会的インパクト、および、実務上の課題について、大局的に捉え、能動的に思考・行動したいと考える方を対象とします。



※本クラスでは、ケースの内容に留まらないトピックスについても講師との対話や質疑応答に多く時間を割く予定です。そのため、ケースの予習以外にも、本テーマに対する日頃からの関心の高さが問われます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ : 「インダストリー4.0」の本質を理解

セッション B

テーマ : 「インダストリー4.0」の本質を理解

ケース : フォルクスワーゲンのモジュラー・ツールキット戦略
インダストリー4.0への挑戦:シーメンス スマート・ファクトリー

Day2

セッション A

テーマ : 日本の現状と課題の抽出

ケース : ファナックのIoT戦略
インダストリー4.0時代の≪ミスミQCTモデル≫

セッション B

テーマ : 日本の現状と課題の抽出

Day3

セッション A

テーマ : グループ課題:「未来構想」の発表

セッション B

テーマ : グループ課題:「未来構想」の発表

Day4

セッション A

テーマ : 刺激の半日:「和ノベーション」ワークショップ

セッション B

テーマ : 刺激の半日:「和ノベーション」ワークショップ

※クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

テクノベートについて

あらゆるビジネス領域においてテクノロジーへの理解が必要不可欠な時代に生きています。テクノロジーの進化が既存のビジネスモデルや市場構造を大きく変えるテクノロジー×イノベーションの時代では、エンジニアと共創する力が求められます。各分野のトップランナーが、テクノベート(テクノロジー×イノベーション)について学ぶ重要性を語ります。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

日本型インダストリー4.0:「和ノベーション」で創造する未来【Stimulated by Roland Berger】 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

受講をご検討の方へ