カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

インダストリー4.0講座

「インダストリー4.0」のページです。 グロービス経営大学院では、「インダストリー4.0」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 展開科目
  • 特別講座
  • 1.0単位
  • あり(DAY4)
  • 4回
  • あり
  • 25
  • ケースメソッド

科目概要

インダストリー4.0とは、機械化、量産化、自動化に続く「第4次の産業革命」という位置づけで、情報技術を駆使した製造業の革新を図る、ドイツが提唱する国家戦略の呼称です。製造業における「異次元の見える化」と「圧倒的な機動力」を実現することで、効率と価値を同時に最大化することを目的としています。本クラスでは、インダストリー4.0の現在と将来展望について、レクチャーおよびケースを用いて議論を行います。ドイツの事例に加え、日本企業の事例も扱います。


※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×8回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全8回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

リーダーとして活躍される方、特に、インダストリー4.0やインダストリアルインターネットといわれる、IoTを用いた新たな産業革命のインパクトついて、高い関心があり、実務上の問題意識を強く持たれている方。


※本クラスではケース討議に加え、ケースの内容に留まらない最新のトピックスについて、講師との対話と質疑応答に多く時間を使う予定です。そのため、ケースの予習以外にも、本テーマに対する日頃からの関心の高さが問われます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  インダストリー4.0概論

ケース : 『日本型インダストリー4.0』、日本経済新聞出版社、長島聡著
フォルクスワーゲンのモジュラー・ツールキット戦略

セッション B

テーマ : インダストリー4.0概論

ケース : 『日本型インダストリー4.0』、日本経済新聞出版社、長島聡著
フォルクスワーゲンのモジュラー・ツールキット戦略

Day2

セッション A

テーマ :  シーメンスにおけるスマート工場

ケース : インダストリー4.0への挑戦:シーメンス スマート・ファクトリー

セッション B

テーマ : シーメンスにおけるスマート工場

ケース : インダストリー4.0への挑戦:シーメンス スマート・ファクトリー

Day3

セッション A

テーマ :  グループ課題の発表

セッション B

テーマ : グループ課題の発表

Day4

セッション A

テーマ :  日本企業のインダストリー4.0 クローズドからオープンへ

ケース : ファナックのIoT戦略
インダストリー4.0時代の≪ミスミQCTモデル≫

セッション B

テーマ : 日本企業のインダストリー4.0 クローズドからオープンへ

ケース : ファナックのIoT戦略
インダストリー4.0時代の≪ミスミQCTモデル≫

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

インダストリー4.0 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ