カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

全ては「創造と変革の志士」の
輩出のために

グロービス経営大学院は「創造と変革の志士」を世に送り出すことをミッションとしています。したがって、カリキュラムは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担う「ビジネスリーダー」にふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

マーケティング・経営戦略基礎の
評判・学生の声

この科目を通じて学び感じたことを学生の皆さんが語ります。

フレームワークを実務で
確実に使えるようになりました。

日本マイクロソフト株式会社 千田尚子さん

日本マイクロソフト株式会社

千田 尚子さん

顧客の経営状況を理解し、その会社が何を課題としているかを把握した上で、自社の商品を提案するのが私の仕事です。いち早く現場で活用できる科目を取りたいと考え、まずは「マーケティング・経営戦略基礎」からの受講を決めました。
経営学の用語としてよく出てくる3Cや4P、PESTといったフレームワークは知ってはいたものの具体的な実務への活用方法までは理解できていませんでした。しかし、この科目を受講したことで、実際にフレームワークを実務で使い、市場動向分析やターゲット分析を行う機会が増え、知識を顧客提案に紐付けることができるようになりました。また、この科目の受講をきっかけに、小手先の分析手法だけではなく、企業のあるべき姿や、経営全体を俯瞰して考えられるスキルが身に付きはじめたと思います。加えて、戦略の実行のためには、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を効果的に活用する手法を学ぶ必要があることも強く感じるようになりました。
この科目は、早めに受講することをおすすめします。この科目の学びをご自身の仕事に活かすことで、きっと誰もがグロービスの実践的なクラスの価値を認識できると思いますし、他の科目への興味を駆り立てられるはずです。

予備知識がない私でも、
ビジネスの仕組みを理解できました。

AstraZeneca Singapore Pte Ltd 大山尚貢さん

AstraZeneca Singapore Pte Ltd

大山 尚貢さん

私は理系出身で、所属する製薬企業でも、研究開発に従事しており、「マーケティング」や「経営戦略」に触れる機会はありませんでした。MBAで学ぶにあたり、早い段階で「ビジネスの基本的な仕組み」を理解することが重要と考え、この科目を受講しました。
初学者にもわかりやすく設計された教材と、常に実務を意識させながら進んでいく実践的な授業に引き込まれ、あっという間に6回の授業が終了しました。MBAの基礎となるフレームワークを一通り学ぶことができたと同時に、その日から使えるような臨場感を持った授業であったため、「今の仕事が事業全体のどの部分担っているのか?」を見つめ直す機会を得ることが出来ました。フレームワークはビジネスにおいて重要なツールではありますが、万能ではなく、最後は自分で考え抜く必要性も同時に学びました。MBA全体では25科目ほどを学ぶのですが、その礎としてのこの科目の重要性を感じています。卒業した今でも、折りに触れテキストを見直しています。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る
ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ