カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目別担当教員紹介

教員略歴

谷 保廣Yasuhiro Tani

関西学院大学商学部首席卒業
米テキサス大学オースチン校経営大学院修士課程修了
学位:MBA
資格等:公認会計士・税理士・証券アナリスト

大手監査法人にて法定監査に従事したのち独立し、谷会計事務所を設立。現在、所長として監査業務、税務業務、財務コンサルティング業務に携わる。日本公認会計士協会・理事、日本公認会計士協会兵庫会・副会長、北京中央財経大学院・教授を歴任。財務会計基準機構・国際会計人材ネットワーク登録メンバー。国際税務文科会・理事。日本会計研究学会会員、戦略会計研究会会員、国際租税協会(IFA)会員、日本ファイナンス学会会員、日本不動産金融工学学会会員。

執筆書籍等

編著:『Q&A 「評価損」と「欠損金」をめぐる税務と会計』(清文社)、『Q&A 海外駐在・移住のための税務ハンドブック』(財経詳報社)

共著:『IFRSと引当金会計』(清文社)、『国際相続ハンドブック Q&A』(TFP出版) など

クラス運営方針

アカウンティングは世界共通の〈事業の言語〉です。それは、あなたのビジネスの成功にとって、大切な二重の意義を有しています。

まずは前向きな、能動的な意義。当然ながらあなたは、この公用語の習得によって、財務データの読み書き、聴き語りに長けることになります。すなわち、財務データを読み込み(Reading)、財務データから財務諸表を作成し(Writing)、財務データに対する情報感度を高め(Listening)、財務データで利害関係者を説得する(Conversing)ことが叶います。

次はより切実な、受動的な意義。あらゆる経営行動の成果(あなたの会社の、競合する相手の、そしてあなた自身の)は、この公用語でもって、測定され評価されます。あなたが仕事で流した汗と涙は、〈事業の言語〉で表現されなければ、ついに報われることはありません。それがゲームのルールです。ゆえにあなたは、その文法と語彙を誰よりも早くそして深く学ぶ必要があるのです。

クラスでは、財務報告と管理会計の双方を平易丁寧に指南します。では皆さん、豊饒なるアカウンティングの世界へようこそ。

担当科目

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

谷 保廣 Yasuhiro Tani アカウンティング基礎 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ