カリキュラム・教員 カリキュラム・教員

科目検索

クリエイティビティと組織マネジメント講座

「クリエイティビティと組織マネジメント」のページです。 グロービス経営大学院では、「クリエイティビティと組織マネジメント」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

科目詳細

  • 展開科目
  • 創造
  • 1.5単位
  • あり(DAY6)
  • 6回
  • あり
  • 35
  • ケースメソッド

科目概要

テクノロジーの進歩や競争の激化により、近年のビジネスでは商品やサービスの単なる品質向上やコスト削減では、競合に差をつけることが難しくなってきています。このような環境の中、企業が新たな価値を生み出し、成長し続けていくために、リーダーには組織の持つクリエイティビティを引き出し、それを企業の目的達成につなげていくことが求められます。創造系の展開科目の一つである本コースでは、組織のメンバーがクリエイティビティを発揮できる環境を作り、そのクリエイティビティを活かして組織の目標達成につなげるために、どのようなリーダーシップを発揮すべきか、どのような仕組や組織を作るべきかを学びます。
他科目で重視される論理的な頭の使い方に加え、本科目では発散的・感覚的な頭の使い方を身につけ、それを組織運営に取り入れるために、ケーススタディを通じた議論だけでなく、体験型のワークを取り入れます。また、Day1でグループを設定し、三ヶ月間継続的にワークをしながら、実際に商品/サービスを創り出し最終プレゼンテーションで発表するグループワークも行います。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。
※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

自分自身がクリエイティブな頭の使い方を習得すると同時に、ビジネスリーダーとして、組織のクリエイティビティを引き出すための仕組みやチーム運営の方法を身につけ、実践していきたいと考えている方を主な対象とします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A

テーマ :  クリエイティビティを生むプロセス

ケース : IDEOの製品開発

セッション B

テーマ : ブレイン・ストーミング

ケース : ワーク:ブレイン・ストーミング

Day2

セッション A

テーマ :  手と目を使ったクリエイティビティ

ケース : ワーク:レゴ・ブロックを用いたワーク

セッション B

テーマ : 手と目を使ったクリエイティビティ

ケース : ワーク:レゴ・ブロックを用いたワーク

Day3

セッション A

テーマ :  常識・ルールを破る

ケース : エル・ブジ:イノベーションの味

セッション B

テーマ : 常識・ルールを破る

ケース : ワーク:ルール・ブレーキング

Day4

セッション A

テーマ :  クリエイティビティを生む理念、文化

ケース : グーグルらしくあり続けるために

セッション B

テーマ : 中間プレゼンテーション

ケース : 中間プレゼンテーション

Day5

セッション A

テーマ :  クリエイティビティを生む個人、チーム、組織(前半)

ケース : トヨタ ハイブリッドカープリウスの開発

セッション B

テーマ : クリエイティビティを生む個人、チーム、組織(後半)

ケース : ティンバーランドのイノベーション:既成概念を打ち破る

Day6

セッション A

テーマ :  クリエイティビティの共有

ケース : プレゼンテーション

セッション B

テーマ : クリエイティビティの共有

ケース : プレゼンテーション

この講座の受講は、事前に以下の講座の履修が推奨されます。

  • Google+でシェアする
  • LINEで送る

クリエイティビティと組織マネジメント のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネスリーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。

ページトップへ戻る
受講をご検討の方へ