グロービス経営大学院 東京校 グロービス経営大学院 東京校

セミナー詳細

  • 一般
  • 単科生
  • 受講生

学長セミナー 創造に挑み、変革を導く~MBAに学び、MBAを創る~

学長:堀 義人

日 時:4/4(木) 19:00~20:30

定 員:100名

場 所:グロービス経営大学院 東京校/オンライン(Zoom)

本学創立者である学長 堀義人が、グロービス経営大学院のMBAについてお話しいたします。

「日本にもハーバードのようなリーダーを育てるビジネススクールを創りたい。」

グロービス経営大学院の学長の堀は、ハーバードでMBAを取得した後、その本当の意味を伝え価値を提供したいという想いから、MBAを発行する経営大学院をゼロから立ち上げました。

グロービス経営大学院が目指すのは、MBAを通して自分自身の可能性を広げ、創造に挑み、変革を導き、社会をより良くするビジネスリーダーを育てること。

2023年度入学者数は東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンラインのキャンパスを合わせて1,068名となりました。

今回のセミナー前半は堀自身がMBAで学び、起業・経営をしてきた実体験から
・MBAを通じてなにを学び、それを経営にどう活かしてきたのか?
・自らの可能性が、MBAによってどのように変化したのか?
をテーマに対話形式で進めてまいります。

後半の質疑応答の時間では、皆様からご質問をお寄せいただき、堀がひとつずつお答えしながら、「MBAで本当に自分は成長できるのか?ビジネスにつながる価値を得られるのか?」「自分にとって、今のタイミングが適切なのだろうか?」など、激変する環境下でビジネスリーダーに必要とされる資質や考え方、そしてそのための能力開発について、一緒に考えていきます。

MBAを考えている方はもちろん、今の時代において求められるビジネスリーダーの在り方や、必要な能力について関心がある方はぜひご参加ください。

概要

■日 時:4月4日(木)19:00~20:30
■場 所:グロービス経営大学院 東京校/オンライン(Zoom)
■定 員:100名
■参加費:無料

■当日のスケジュール
18:40- 受付開始
19:00- 学長 堀 義人 講演 「MBAに学び、MBAを創る」
※事務局スタッフから質問を投げかける対話形式となります
19:30- 質疑応答

◆対象◆
・起業や経営、MBAにご興味をお持ちの方
・これから、ビジネスリーダーを目指していきたい方
・キャリア/能力開発に関心をお持ちの方
※ビジネスパーソンを対象としておりますため、学生(高校生、大学生)の方はご遠慮くださいませ。

一般の方(受講経験のない方)

一般の方(受講経験のない方)

受講生の方・受講経験のある方

スピーカープロフィール

堀 義人 Yoshito Hori

堀 義人Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。
住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian
Leaders日本代表、世界の成長企業(GCC)の共同議長、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)、米国ウィルソンセンターのグローバルアドバイザリーカウンシル等を歴任。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、現在一般社団法人G1の代表理事を務め、日本のビジョンである「100の行動」を執筆する。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、現在一般財団法人KIBOWの代表理事を務め、KIBOW社会的インパクトファンドを組成し運営している。2016年に水戸ど真ん中再生プロジェクトを始動。2016年4月からは茨城ロボッツの取締役兼オーナーとなる。他には、公益財団法人日本棋院理事、いばらき大使、水戸大使等歴任。5男の父親で、水泳のジャパン・マスターズに毎年出場している。

著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸
「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす
100の行動』(共著、PHP研究所)、『創造と変革の技法~イノベーションを生み続ける5つの原則』(東洋経済新報社)等がある。

<書籍>こちら

以下、堀による情報発信
<X(旧:twitter)> こちら
<Facebook> こちら
<ブログ> こちら
<100の行動> こちら