講師紹介

講師紹介

多くのベンチャー経営に関わってきたベンチャー・キャピタリストや起業家が学びをリード

数多くのベンチャー企業を見続け、実際に経営に関わってきたベンチャー・キャピタリスト、あるいは組織構築に携わってきたヘッドハンターが講師となり、クラスでの学びをリードします。本プログラムは、国内最大規模の独立系ベンチャーキャピタルであるグロービス・キャピタル・パートナーズが講師面で全面的にサポートします。

また、実際のケースに登場するベンチャー経営者をゲストにお迎えするセッションなども予定しています。

セッション1・9 担当
堀 義人
堀 義人 ● Yoshito Hori

京都大学工学部卒業。ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。

住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur’s Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。
現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、一般社団法人G1の代表理事を務める。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす 100の行動』(共著、PHP研究所)等がある。

セッション2 担当
川上 慎市郎
川上 慎市郎 ● Shinichiro Kawakami

早稲田大学政治経済学部卒業。IESEビジネススクール(スペイン)IFDP修了。

日経BP「日経ビジネス」誌記者として流通・自動車・家電・IT業界等の企業取材、(社)日本経済研究センター研究員等を経て、複数のネット媒体のマーケティングやシステム開発等に従事。その後グロービスに入社し、グロービス経営大学院のマーケティング領域リード・ファカルティを務める。同領域のプログラムやケースの開発、経営大学院や企業研修での講師を務める傍ら、ケースメソッドによる経営教育の方法論の研究に従事する。共著書に『プラットフォームブランディング』(ソフトバンククリエイティブ)、『MBAマーケティング 改訂3版』(ダイヤモンド社)、『メディア・イノベーションの衝撃』(日本評論社)、『WEB2.0キーワードブック』(翔泳社)など。電子コンテンツサイト「Cakes(ケイクス)」にて、コラムを連載中。

セッション3 担当
塩野 誠
塩野 誠 ● Makoto Shiono

株式会社 経営共創基盤(IGPI) パートナー/取締役マネージングディレクター
IGPI シンガポールCEO

国内外において企業や政府機関に対し戦略立案・実行のコンサルティング、M&Aアドバイザリー業務を行い、自己資金投資に関しても10年以上の経験を持つ。近年ではAI/IoT領域において全社戦略や事業開発のプロジェクトを多く手掛ける。主な著書に『世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?』。共著に『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』『事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック』等がある。ゴールドマン・サックス、起業、べイン&カンパニー、ライブドア等を経て現職。
経済産業省 産業構造審議会 分散戦略WG委員
人工知能学会倫理委員会委員
政府系実証事業採択審査委員を多数務める。
慶應義塾大学法学部卒、ワシントン大学ロースクール法学修士

セッション4 担当
芹沢 宗一郎
芹沢 宗一郎 ● Soichiro Serizawa

一橋大学商学部経営学科卒業。米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修士課程修了(MBA)。

外資系石油会社にて、研究所の研究効率向上プロジェクト等の組織開発に携わった後、コントローラー部門で、全社予算方針策定、設備投資評価、株主レポーティング、リエンジニアリングプロジェクト等に従事。グロービスでは、法人クライアントの経営者育成を手掛けるコーポレート・エデュケーション部門代表、経営管理本部長(人事、経理財務、システム)、グロービス・エグゼクティブ・スクールの責任者を歴任。現在は、エグゼクティブスクール、企業研修、グロービス経営大学院で人/組織系領域の講師や研究活動、クライアント企業の理念策定/浸透などのプロセスコンサルティングに従事。
共著・訳書に『MBAリーダーシップ』、『個を活かす企業』(ダイヤモンド社)、『MITスローン・スクール 戦略論』(東洋経済新報社)などがある。

セッション5 担当
岡島 悦子
岡島 悦子 ● Etsuko Okajima

筑波大学国際関係学類卒業。ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。

株式会社プロノバ 代表取締役社長
経営チーム強化コンサルタント、ヘッドハンター、リーダー育成のプロ。「日本に”経営のプロ”を増やす」ことをミッションに、経営のプロが育つ機会(場)を創出し続けている。成長ステージに合致した経営チーム組成のための「経営チーム診断/強化コンサルティングサービス」を提供。経営課題に合わせ「次世代経営者抜擢(苗代プログラム)」「外部招聘」「経営チーム合宿」等の支援サービスを提供。経営者やファンド等の株主から「経営×人」領域のディスカッション・パートナーとして高く評価されている。
三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2002年、グロービス・グループの経営人材紹介サービス会社であるグロービス・マネジメント・バンク事業立上げに参画、2005年より代表取締役。2007年、プロノバ設立、代表取締役就任。
株式会社経営共創基盤 アドバイザー、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) ヒューマン・アドバイザー。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leader 2007」に選出される。2014年6月より、株式会社丸井グループ、社外取締役に就任。

セッション6 担当
井上 陽介
井上 陽介 ● Yousuke Inoue

学習院大学法学部卒業。フランスINSEAD:IEP(International Executive Programme)、スイスIMD:HPL(High Performance Leadership)修了。

大学卒業後、消費財メーカーに入社し、海外部門にて中国工場のオペレーション管理、国内部門にて営業・マーケティングに携わる。グロービス入社後はグロービス・コーポレート・エデュケーション(GCE)部門にて、様々な業種の企業に対してコンサルティング及び研修プログラム提供を行う。グロービス名古屋オフィスの立ち上げではリーダーとして、グロービス・マネジメント・スクール名古屋校の新規立ち上げ等を推進。その後GCE部門ディレクターを経て、現在GCE部門マネジング・ディレクターを務める。また、創造(ベンチャー、新規事業)領域の研究・開発グループの責任者として、講師育成やコンテンツ開発等にも取り組む。自身もグロービス経営大学院や企業研修において「リーダーシップ」「クリエイティビティ」「イノベーション」等のプログラムの講師や、大手企業での新規事業立案を目的にしたコンサルティングセッションを講師としてファシリテーションを行う。

セッション7・8 担当
仮屋薗 聡一
仮屋薗 聡一 ● Soichi Kariyazono

慶応義塾大学法学部卒業。米国ピッツバーグ経営大学院修士課程修了(MBA)。

株式会社三和総合研究所でのコンサルティング、グロービスのベンチャーキャピタル事業設立を経て、現在に至る。グロービス・キャピタル・パートナーズでは世界各国の機関投資家より約660億円の資金を預かり、日本における有望ベンチャー企業へ、成長のために必要となる「ヒト(人材)」「カネ(資金)」「チエ(経営ノウハウ)」の総合的な支援を行っている。著書に、『機関投資家のためのプライベートエクイティ』(きんざい)、『ケースで学ぶ起業戦略』(日経BP社)、『MBAビジネスプラン』(ダイヤモンド社)、『ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言』(税務研究会)がある。