竹内愛嘉さん 評判・在校生の声

学生の声

自分がなりたい姿になるために
MBAでの学びが必要だと考えた。

アイシン精機株式会社

イノベーションセンター 主任
グロービス経営大学院 2016年入学 在学中

竹内愛嘉さん Aika Takeuchi

※2016年11月掲載

竹内愛嘉さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

自分がなりたい姿になるためにMBAでの学びが必要だと考えた。
 私はMBAの取得というより、自分がなりたい姿になるためにMBAでの学びが必要だと考え、受講を決めました。
 私は入社以来商品企画に従事していますが、経営に関する知識やリーダーシップ、ビジネス経験の不足に課題意識を持っていました。書籍を読んだり、セミナーに積極的に参加したりしていましたが、成長が実感できず、次第に焦りを感じるようになりました。
 そんな時、ビジネススクールの存在を知り、興味を持ちました。そして直感的に、今の自分に最も必要なのはこれだと感じました。しかし、その時はまだ若く、時間とお金を投資することに躊躇し断念しました。また当時は、学ぶこと自体が目的であり、明確なゴールも描けていませんでした。
 その後、新分野の企画を任され、商品化するも結果が残せず、自分の力不足を痛感しました。新しい企画なので全部がうまくいくはずはありませんが、どこをどう変えれば成功できたのか、答えを見出せませんでした。その時に、ビジネススクールに通うことを心に決めました。自分が納得できる商品を作ることも大切ですが、商品を手にしてくれた人たちに、いい商品だと言ってもらえるものを作りたい。そのために学びたいのだ、という明確な目的が持てた瞬間でした。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

「すぐに業務に活かせること」「すぐに始められること」を満たすビジネススクールを探した。
 数あるビジネススクールの中で、グロービスは当初、検討候補に入っていませんでした。また名古屋在住のため、転職して東京で学ぶことも考えていましたが、生活を変える決心がなかなかつかず、行動を起こせないでいました。
 そんな中、明確な学びの目的ができたことで考え方が変わりました。目的を達成するためには「すぐに業務に活かせること」と「すぐに始められること」の2つの条件を満たすビジネススクールを探す必要があり、もう一度候補を選び直すことにしたのです。そこで初めてグロービスに目がとまりました。生活環境を変えず、名古屋で仕事を続けながら通えること。単科生として年4回の中から好きなタイミングで学び始められることに魅力を感じました。しかし、「学びの質に地域差はないのだろうか?」という疑問も心に残っていたため、体験クラスを受けてみたところ、すぐに不安は解消しました。グロービスであれば、自ら学び取ろうとする姿勢さえあれば、どこで学んでも質は担保できると気づくことができました。
 当初は検討候補でなかったグロービスが、入学後の今では自分の成し遂げたいキャリアと将来ありたい姿の実現にとって最善の選択であったと思えます。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

グロービス最大の魅力は、「人」。

 まだ入学して間もないため、グロービスの魅力を全部語れるとは思っていませんが、今感じているグロービス最大の魅力は、「人」です。
 グロービスには自分の想いを熱く語る人がいっぱいいます。また、私のダメなところを本気で指摘してくれる人がいます。そしてお互いの成長を望み、助け合える人がいます。
 最初、私は「熱い人」に苦手意識を持っていました。しかし、自分のやりたいことを堂々と語る彼ら、彼女らの姿を見ているとそうした想いは次第に薄れていき、今では私が一歩踏み出すことに迷った時、いつも背中を押してくれる仲間になりました。
 相手の成長のために言いにくいことをはっきり言ってくれる仲間は、自分の考え方のクセや足りていない部分を気づかせてくれ、自分を見つめ直す機会を与えてくれています。また多くの人が、自主的に勉強会を開催し人に積極的に教えたり、講演会や工場見学会などを開催したり、仲間の学びに貢献しようとします。驚いたのは、こうした貢献意欲は私が通っている名古屋だけに留まらず、グロービスという学校全体で生じていることです。このような人と深く幅広いつながりを持てるのは、グロービスならではの魅力だと思います。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

家族の理解が得られるか、仕事とプライベートを両立できるか。
 懸念していたのは、家族の理解が得られるかどうかと、仕事とプライベートを両立できるかどうかの2点でした。
 単科生として通い始め、本科生としての入学を決めた時、私は婚約中でした。婚約者に入学の意思を伝えたところ、最初は理解が得られませんでした。その時点で私は31歳、今後のライフプランをも左右する大きな選択だったからです。
 そこで、事務局の方にも相談に乗っていただき、休学制度や通学だけでなくオンラインでも受講できること、また出産などを経て再び学び始める方もいることなどを知りました。しかし、制度は確認できても実際に仕事とプライベートを両立できるかどうかに不安は拭えなかったので自分自身で確かめることにしました。
 仕事が忙しい時期に2つの授業を同時に受講し、そのうち1つは苦手とする科目をあえて選ぶことで、両立できるかどうかを確認し、行動をもって周囲の理解を得るように努めたのです。婚約者も次第に納得してくれ、最終的には出願することができました。
 グロービスの入学式には家族の同席が可能で、家族に学校の雰囲気を知ってもらう機会とともに、同期の仲間に家族を知ってもらう機会となっています。同期や教員の方と主人との交流が始まったことで、今では私のいちばんの理解者として勉強を応援してくれています。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

自分の成長のみに向いていた意識が自然と組織自体へ。

 目線が上がったということが、いちばん大きな変化だと思います。
 グロービスはリーダーの育成を目的にしているため、授業では繰り返し「トップの目線で考えること」を求められます。言うのは簡単ですが、実際にやろうとするととても難しいです。ただ、様々な科目の受講を通じて何度も繰り返し考えているうちに、目線が上がっていくことを少しずつ実感できるようになりました。理想とする状態にはまだ到っていませんが、以前私が提案した企画書やプレゼンを見ると、意思決定者に必要な情報の不足に気づくなど、何が足りないのかを理解できるようになってきています。今では、その目線を起点としてプレゼンの道筋を立てるように心がけており、意思決定者との議論のレベル感が合ってきた実感もあります。
 また、今までは自分の成長のみに意識が向いていましたが、学び始めて、自然と組織自体を強くしたいと思うようになりました。そして思うだけでなく、行動に移しています。私が現在所属している部署は新設されたもので、当初はスキルの個人差が大きく、育成方針も決まっていませんでした。そこで、必要なスキルを個人ごとに客観視できるシステムを作ることを上司に提案し、苦手分野を強化するチームを編成するべく動き出しています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

まずは小さい行動から不安を解消し、迷いのない選択を。
 ビジネススクールに進学するかどうか、その中でもグロービスでよいのかどうかを迷っている方は、単科生として授業を受講してみることをお勧めします。HPやパンフレットで得た印象と、実際に受講してからの印象には、いい意味でのギャップがあります。私の決断の最後の決め手となった学校の雰囲気やグロービスに集まる人たちの熱さは、通ってみなければ分からないものでした。私は最初、何に迷っているのかが明確でない状態でした。そこで、まずは体験クラスで授業の進め方や教員の方との相性を見て受講を決め、単科生になってからは他の学生との相性や学校の雰囲気をずっと見ていました。加えて、仕事とプライベートとを両立できるかどうかをひとつずつ検証していったのです。そして、最終的には迷いなく本科への出願を決めることができました。
 ビジネススクールへの時間とお金の投資は、勇気がいる選択だと思います。みなさんが迷っているのであれば、まずは小さい行動から不安を解消していき、ぜひ迷いのない選択をしていただきたいと思います。
竹内愛嘉さん ● Aika Takeuchi

 グロービス経営大学院2016年入学、在学中。南山大学外国語学部卒業後、アイシン精機株式会社に入社。入社以降、エネルギー機器、ベッドなどの非自動車部品事業の商品企画に従事。現在は2015年に新設されたイノベーションセンターにて、エンドユーザー視点・長期視点での市場創造型商品・新事業の創出と、イノベーション人材の育成を目指す。

竹内愛嘉さん 評判・在校生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。