菅原英之さん 評判・在校生の声

学生の声

変化の速いビジネス環境の中で、
機を逃さず能力・強みを発揮したい。

大手総合商社

総合職・営業 マネージャー
グロービス経営大学院 2016年入学 在学中

菅原英之さん Hideyuki Sugawara

※2016年10月掲載

菅原英之さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

変化の速いビジネス環境の中で、機を逃さず能力・強みを発揮したい。
 私は世界各地の農業ビジネスに従事しています。現地での営業活動は当然のことながら、市場調査、対象国における関連法規への対応、商品知識の吸収など、業務は多岐にわたります。文化・慣習の異なる相手とのビジネスや農業特有の天候リスクに対応する難しさもありましたが、実践を積み重ねることで知識・経験を得ると同時に、問題解決へのアプローチやプロジェクトの立案などができるようになったと実感していました。
 仕事におけるこうした充実感を得る一方で、ほぼ独学で進めてきたやり方に限界を感じつつもありました。将来の自分を想像した時、今のまま過ごして自己成長を最大化できるのか、まだまだ足りない部分があるのではないか、そして経営に必要な能力を早めに鍛えておく必要があるのではないかと危機感を抱くようになったのです。
 それと同時に、マーケティングやファイナンス、人材マネジメントなどのビジネススキルについても、基礎から体系的に学びたいという想いが強くなっていました。変化の速いビジネス環境の中で、機を逃さず自分の能力・強みを発揮できるよう、MBAでの学びを通してベースアップを図り、これまで以上に視野を広げる必要があると判断し、入学を決意しました。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

いちばん求めたのは、いかにビジネスの現場で活かせるかということ。

 「実践力」を徹底的に鍛えるカリキュラムが組まれていたからです。
 多くの時間とお金を投資するビジネススクールに対して私がいちばん求めたのは、授業で学んだことがいかにビジネスの現場で活かせるかということでした。グロービスには、実践力を磨くことにこだわった授業が用意されており、授業では「実際のビジネスにどう活かすのか」をよく問われます。事業戦略をどう作るのか、それをどう実行し成果をどのように評価するのか、そして次に向けて何をどのように修正していくのか――各プロセスに必要なことを一つひとつ学びます。授業が終盤にさしかかるにつれ、アウトプットのクオリティや、各回で学んだ内容との結びつきが求められるようになりますが、高いレベルを要求されるほうが真剣勝負でやり甲斐があります。実際にコンサルタントや会社経営をなさっている方々が教員として登壇されているので、普段の業務に近い話題がよくあがり、実務との関連性がよりイメージしやすくなっています。
 またグロービス自体、オンラインでのディスカッション中心の授業にトライしたり、テクノロジーやイノベーションの分野を始めとする時代の先を読んだ新しいカリキュラム開発にも積極的であり、大学院自体がチャレンジし続ける姿勢を持っている点にとても共感を覚えています。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

自分をもう一つ高いレベルへ引き上げてくれると確信できる。
 グロービスは、ビジネススキルを体系的に習得できる場所、そして自分の「志」を醸成できる場所だと思っています。日々忙しい中で自分が成長するためには、いかに強い意志をもって自己研鑽を継続できるかが重要だと思います。問題意識が高く、成長意欲に溢れる人が多く集まるグロービスはとても刺激的で、継続へのモチベーションが維持できる環境となっています。
 集まる仲間の職業は多種多様で、業界を超えた仕事の話で盛り上がったり、勉強に関する悩みを相談したり志を語り合ったりと、意見交換する内容は多岐にわたります。高い「志」を持つ仲間と一緒に切磋琢磨できるグロービスという場は、自分をもう一つ高いレベルへと引き上げてくれると確信していますし、ここで得られる人的ネットワークは人生における財産になると感じています。
 また、グロービスの授業は、経営の知識を体系的に得られるだけではなく、ビジネスの最前線で理論を実践できる応用力を最大限に引き出してくれる内容になっています。実務家教員や成長意欲の高い仲間との議論も、日増しに難しくなる課題も、私は大いに楽しんでいます。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

学びを最大化するためには、どうしても「時間」が必要。
 仕事・家庭とグロービスの両立が、いちばんの懸念点でした。学びを最大化するためには、どうしても「時間」が必要となります。授業に向けて十分な予習が必要であり、授業の後も自分に腹落ちするまで復習することが求められます。在学中はこの繰り返しになりますし、当然ながら仕事では高いパフォーマンスが求められ続けますので、いかに時間を有効活用するのかをこれまで以上に考えながら業務に取り組むようになりました。
 今、最優先に取り組むべきことは何かということに徹し、かつ自分の考えは物事の本質を捉えられているのかも常に考えながら業務につくようになりました。グロービスへ通い始めてから、仕事をより効率的にこなせるようになったと感じていますし、スケジュールに関しても今まで以上に先々を見通した管理ができるようになってきました。
 海外出張も多いのですが、グロービスでは「振替受講制度」などのバックアップ体制が整っているので、柔軟に対応できています。理解してくれている家族や職場への感謝の気持ちを忘れずに、これからも勉学に励みたいと思います。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

学びを通じて自分の可能性が広がっていくことに喜びを感じる。

 自分の業務を多角的に捉えることができるようになりました。
 授業を通じて「ヒト」「モノ」「カネ」という経営資源に対する基本を基礎から体系的に学ぶことで、自分の業務に対していろいろな角度から考えられるようになりましたし、今何にどのようにアプローチすべきか、フレームワークは当然のこと、より多くの引き出しを持って、より深く考えられるようになったと感じています。
 これまでは、経験からしか自信をもって判断できず、自分の引き出しの少なさ、思考の浅さに不安を感じていたのですが、学びを続けることで新しい分野へのチャレンジでもロジカルに、確かな手応えを感じながらアプローチできています。
 それでも授業では自分の思考の浅さを実感したり、数字に隠されたストーリーを読み解けなかったり、事業予測の甘さを痛感したりと悔しい想いをすることもありますが、復習を通して挽回しようと前向きに捉えています。
 忙しく大変な日々ではありますが、グロービスでの学びを通じて自分の可能性が広がっていくことに喜びを感じています。まだ先の話ですが、卒業する頃にどのような自分になっているのかを楽しみにしています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

同じ悩みや志を持つ仲間と出会うことができる。
 まずは「単科生制度」を利用して1科目から受講することをお勧めします。仕事・家庭と両立ができるのか、そもそもMBAにはどんな学びがあるのかなど、ビジネススクールに関心を抱きながらも、一歩踏み出せない理由は人それぞれかと思います。「単科生制度」を活用することで、グロービスでの学びがどういったものかを理解できますし、同じ悩みや志を持つ仲間と出会うことができます。
 具体的なイメージを持つことができれば、大抵の懸念は払拭できるはずです。将来自分はどうなりたいのか、そのために今何をしなければならないのか――それがモチベーションにつながると私は考えています。どこかで自分と向き合う時間を作ってみてもよいかもしれません。
 グロービスでは「志の醸成」を重視しており、自分の目標に向かって突き進むエネルギー溢れる人たちが集まっています。日々業務をこなしながら質の高い授業を受け続けることは想像以上に大変ですが、かけた時間以上の価値を自分にもたらしてくれます。まずは、一歩を踏み出してはいかがでしょうか。グロービスには皆さんが必ず成長できるフィールドが用意されていると思います。
菅原英之さん ● Hideyuki Sugawara

 グロービス経営大学院2016年入学、在学中。青山学院大学大学院修士課程を修了後、2008年に大手総合商社へ入社。入社してからの約9年間、農業ビジネスに従事。世界の農業を発展させるという壮大な目標に向かって、実際に現場へ足を運びながら、今の自分に何ができるのかを考え、日々チャレンジを続けている。目標実現を確かなものにするためMBAへの進学を決意。仕事と学業を両立させながら、充実した毎日を過ごしている。

菅原英之さん 評判・在校生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。