小嶋亮さん 評判・在校生の声

学生の声

経営者として戦ううえで
武器となるスキルを身につけたいと考えた。

株式会社千草

代表取締役社長
グロービス経営大学院 2016年入学 在学中

小嶋亮さん Ryo Kojima

※2016年10月掲載

小嶋亮さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

経営者として戦ううえで武器となるスキルを身につけたいと考えた。
 大学卒業後、経営コンサルティング会社に就職し、その後ブライダルベンチャーに転職。27歳で、当時父が社長を務めていた会社に入社しました。一見、経歴からは準備万端で自社に入社したかのように見えるかもしれませんが、実際はそうではなく、中途半端に経験したコンサルタントやブライダル業界で得たスキルはたいしたものではありませんでした。業績を伸ばすことも、スタッフからの信頼を得ることも、思うようにいかない状態が続きました。自社の事業に対して今ひとつ情熱を燃やすことができず、かといって他にやりたいことがあるわけでもなく、悶々と悩むばかりの苦しい日々でした。今振り返ってみて、社員や会社にとって非常に申し訳ないことをしたと心苦しく思っています。ただ、事業承継者の中には、大なり小なり私と同じような経験をした方もおられるのではないかとも感じていました。
 そんな情けない状況から抜け出したい一心で、様々なセミナーに参加したり、経営書を読んだりしました。そうした日々を送る中で、少しずつ事業や会社に対する様々な想いが膨らんできました。同時に、その想いを具現化するために必要な経営スキルが、自分には圧倒的に足りていないという焦りも自覚するようになったのです。そこで、経営者として戦ううえで武器となるスキルを身につけたい、そのためにしっかりと学びたいと考えるようになったのが、MBA取得を目指したきっかけです。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

経営者としての自分にとって必要なものを得られる可能性を感じた。

 大学時代の友人と自社の社員からたまたま同じタイミングでグロービスの話を聞く機会があり、体験クラスに参加しました。受講を決めたのは、忙しい社会人でも学びやすい制度が整っていたからです。ブライダル業が主で土日が忙しい私にとっては、平日の夜に受講できること、福岡以外に東京・大阪・名古屋・仙台にもキャンパスがあり、拠点をまたいでクラスの振替ができること、また、本科に入学するまで1科目3ヵ月から学べる「単科生制度」があり、グロービスが自分に合うかどうか試せるということが決め手でした。まず、単科生として「クリティカル・シンキング」や「マーケティング・経営戦略基礎」を受講したのですが、1回目のクラスから早速自社に持ち帰って活用できる学びがあり、その実践性は本科への進学を検討する大きな要因になりました。さらに、事業に対する情熱やビジネスを通じて成し遂げたいことについて非常に悩んだ経験があったため、グロービスの「志」の醸成を重視するカリキュラムはとても魅力的に思えたのです。経営スキル以上に経営者としての自分にとって必要なものを得られる可能性を感じました。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

クラスは刺激的で、3時間があっという間に過ぎ去る。
 まず、科目の選択肢が多岐に渡ること。ヒト系、モノ系、カネ系に加えて、グロービスの特徴たる「志」系や「思考」系――それぞれのカテゴリ内のラインナップは、本当に多彩だと思いますし、受講したい科目ばかりが並んでいます。今年は、事業承継者向けの「ファミリービジネス・マネジメント」といった科目まで新設されるようで、痒いところに手が届く感じがいいですね(笑)。
 教員は現役でビジネスに携わっている方がほとんどのため、リアルな経験に裏打ちされたクラスは刺激的で、3時間があっという間に過ぎ去り、大学時代の講義とは全く違うと感じています。クラスはケースを使ったディスカッションが中心です。予習はケースの当事者になりきって課題解決を目論むわけですが、このなりきるというのが意外と難しいと感じています。学んだフレームワークを使って分析を行うと、ついつい評論家的な回答をしてしまうのですが、本当に重要なのは、経営者としての意思決定の手がかりを見つけ出すことと、それをいかに限られた時間で行うかということ――つまり経営そのものです。予習の要求水準は高いですが、高い目標を自分に課し、それを乗り越えるプロセスの中で成長を感じることができるので、とてもやりがいがあります。
 私は、ただMBAを頑張って取得するだけではなく、MBAで学ぶプロセスを通して、真に使える経営力を身につけることを目的としています。そのため、それを常に思い起こさせてくれる教員陣の高レベルな要求水準をとても魅力的だと思っています。

出願するにあたっての懸念点はどのようなものでしたか?

仕事と両立することも十分可能だと分かり、不安は解消。
 大学を卒業してから本格的な授業形式で学んだことがなく、ついていけるかどうかが最大の不安でした。しかし、体験クラスで授業の面白さを感じ、その後、単科生として受講する中で、予習復習のリズムがつかめ、仕事と両立することも十分可能だと分かり、この不安を解消することができました。他には大きな懸念はありませんでした。

入学後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

言葉の力が高まればおのずと業績も高まっていく。

 昨年7月に社長に就任したのですが、経営者として、「言葉」が本当に重要だと感じています。従業員にかける言葉、お客様への言葉、取引先・銀行筋に対する言葉――これらの言葉を通して、相手は何らかの行動を起こし、その積み重ねが業績に繋がります。そして、言葉の背後にある経営者としての想いや経営能力が、確実に相手に伝わっていると感じています。
 経営者としての志と能力を磨くことを通してしか言葉の力を高めることはできないし、言葉の力が高まればおのずと業績も高まっていくのだなという考えに至ったのは、グロービスで学んだ成果のひとつです。
 心からそのように思うようになった結果、自分がグロービスで学んでいることを社員に対して包み隠さずオープンにするようになり、それと同時に社員に対しても、勉強することや人生の目標を持つことの重要性、また自分の考えや想いを発信する重要性を以前にもまして説き、周囲に求めるようになってきました。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

考えることから逃げなければ必ず何らかの答えに到達できるはず。
 悩んでいるようであれば、まずは体験クラスや単科生受講で、グロービスとフィットするかをチェックしてみればよいと思います。体験クラスは無料ですし、軽い気持ちで参加してみてもよいのではないでしょうか。
 私は先述の通り、いろいろと行き詰まっていた時にグロービスに出会いました。答えを求めて行動したからこそ、その時に必要なものとして、グロービスに出会えたのだと思います。皆さんにとって最適な答えがグロービスにあるのかどうかは分かりませんが、今現在、このHPを読まれているということが、1つの答えなのかもしれません。学ぶ気持ちがあれば、もちろんどこでも学ぶことができますし、考えることから逃げなければ必ず何らかの答えに到達できるはずです。他の選択肢との比較やタイミング、出会いなどいろいろな要素を考慮して決められることをお勧めします。
 ソフトバンクの孫さんは、何か新しいことに取り組む時は徹底的にロジカルに考え、それでも3割は理屈ではない部分で決断しているそうです。最後はご自身の直感を信じ、是非その一歩を踏み出してください。
小嶋亮さん ● Ryo Kojima

 グロービス経営大学院2016年入学、在学中。1914年(大正3年)創業の株式会社千草の創業家に生まれ、大学卒業後、外資系コンサルティングファームからブライダルベンチャー企業を経て、2002年に株式会社千草入社。2015年1月にグロービスの体験クラスに参加後、単科生として学んでいた2015年7月、代表取締役社長に就任。現在4代目社長として、ホテル、結婚式場、そして衣装・美容・装花・写真といった婚礼付帯業を地元北九州で営んでいる。

小嶋亮さん 評判・在校生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。