内田智久さん 評判・卒業生の声

学生の声

経営者にとって、最後に頼れるのは自分だけ。
グロービスには経営に直結する学びがある。

株式会社ウチダコーポレーション

代表取締役
グロービス経営大学院 2012年入学 2015年卒業

内田智久さん Tomohisa Uchida

※2013年掲載・2015年更新

内田智久さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

経営者にとって、最後に頼れるのは自分だけ。グロービスには経営に直結する学びがある。

 「会社経営なんて金回りのことだけ理解していれば何とかなるだろう」。これが7年間金融関連の企業に勤めた後、家業を継ぐと決めた時の私の率直な思いでした。そして、その思いはトップになった瞬間に、一瞬にして崩れ去りました。
 「経営とは何か?」。経営に関する様々な書籍を読みましたが、正直どれもピンときませんでした。「会社を運営するとは、具体的に何をすることなのか?」「昔からいる社員とはどうやって付き合っていくべきなのか?」「どうやったら儲けを出せるのか?」「そもそも自分は何がしたかったのか?」。次々と湧き出てくる疑問に自分で何も答えを出せず、自分の頭で考えることができない無知な自分を思い知ることになりました。
 そうした状況を打開しようと、考え抜いた上で出した結論は、「最後に頼れるのは自分だけだ」ということ。まずは、今の自分に足りないものを冷静に見つめてみようと考えていた時に出会ったのが、グロービスのMBAでした。授業では経営に関する幅広い知識を得ることができる上に、ケース(企業事例)を使い意思決定の疑似体験を繰り返すことで、意思決定者としての経験値を積むことができます。また、グロービスは他のビジネススクールと比べると、かなり実践的です。自分の会社の経営に直結する学びを得ることができると確信を持つことができたため、進学を決めました。この決断はその後の私の人生を大きく変えるものになったと思っています。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

他校のMBA で学ぶ同僚から、グロービスを強く勧められた。
 他校のMBAで学んでいた前職時代の同期から、グロービスを勧められたのが検討を始めたきっかけです。将来への不安から「これから自分はどうすればいいと思うか?」と彼に相談をした際に、グロービスのMBAを強く勧められたのです。すでにMBAで学んでいる人間から「実務に活かせるカリキュラムを望むのであればグロービスが一番だ!」と言われたことが、グロービスを選択する決め手となりました。
 グロービスでは、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」という3つの理念を掲げています。単にスキルアップのために学ぶのではなく、人との絆を大切にするカルチャーや将来の展望について真剣に議論できる環境があり、それらの点にも魅力を感じました。「人的ネットワークの構築」や自らの志を明確にすることは、経営者にとっては必要不可欠な要素であり、これらを得られる場に自分の身を置くことが、将来にとって間違いなくプラスになると確信できたことも入学を決める大きな要素となりました。
 また、いきなり本科生として学ぶのではなく、1科目からMBAのカリキュラムを受講することが可能な「単科生制度」があったこと、所属クラスの開講日に出席できなくても別の日程のクラスを受講できる「振替制度」があったことも、グロービスへの入学を決めた大きな要因でした。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

何事に対しても自分の頭で考え、自分なりの結論を出せるように。
 入学時のオリエンテーションで卒業生の方が「卒業後は見える世界が違う!」と話されていたのを今でも覚えています。その最大の理由は「自分の頭で考え、自分なりの結論を出す力が身に付く」ことだと思います。
 授業で扱うケース(企業事例)は、意思決定に必要な情報が必ずしも全て記載されているわけではありません。また、それぞれのケースには100%正しい明確な答えを教員が提示してくれるわけでもありません。「自分がその課題に直面する張本人であればどうするのか?」ということを、皆とディスカッションしながら学んでいきます。その繰り返しの過程で、自分の考えで足りない部分など様々な気付きを得られるのです。例えば、自分で考え出したと思っていた結論が、実は自分の意見ではなく他人の意見やどこかの書籍のコピーだったり、周囲の同意が得やすいことを目的としてしまった面白味のない無難な解を考えてしまったり、といった思考の癖にも気付くことができました。同時に、周囲の影響を受けず、自分の信念に基づいて考え出した結論は意外と少ないということにも気付くことができました。
 こうした経験を繰り返すことで、実務において徐々にこれまでよりも素早く、かつ自信をもって意思決定を進めることができるようになったと感じています。私のように常に意思決定を求められる立場においては、こうした意思決定能力を高められる経験は何ものにも代えがたいものなのです。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

自分の未来に大きな可能性を感じ、それが新たな挑戦へとつながっている。
 グロービスでの学生生活は厳しい毎日でしたが、その結果、高い視座(当初掲げていた目標よりも更に数段高いところに目標を設定する覚悟)と広い視野(目の前にある以外の事業にも挑戦できるのでは?という気づき)を得ることができました。これらを得たことで、自分の未来に大きな可能性を感じ、それが新たな挑戦へとつながり、その結果、会社経営の「質」と「スピード」も大きく変わりました。
 経営の「質」を高めるには、経営理念の浸透させること、ビジョンを掲げること、人材を採用し育成すること、新しい収益モデルを作ることなど、難易度が高いテーマに積極的に取り組むことが必要になります。これらは言うのは簡単ですが、実際にはそんなに簡単には進みません。しかし、グロービスの授業でケースに基づいたディスカッションを何度も繰り返し、経営の意思決定の難しさを疑似体験してきたことで、実務においても粘り強く考え抜き、自分なりに納得のいく結論を出すことに拘ることができているのだと思っています。そうした営みを続ける中で、経営の「質」が徐々に上がってきたのだと感じています。
 また、「スピード」については特にこだわりました。卒業がほぼ決まった2015年4月、既存のリユース事業の他に新しくデイサービス事業を立ち上げました。また11月にはM&Aを実施(岐阜市内の就労支援事業を営む会社を買収、子会社化)、12月には本業であるリユース事業の新規店舗をオープンしました。こんなにスピーディに事業を展開することなど、グロービス入学前には想像もしていませんでした。グロービスでの学びが、経営の「質」と「スピード」を担保してくれているのだと日々実感しています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

新しい自分に会い、自分の可能性の広がりを感じられる場所。
 もっと成長したいと心から願っている人にとって、グロービスは数ある選択肢の中で、間違いなくベストアンサーになると私は確信しています。MBAを目指す方は、何かしらビジネスにおいて現状に満足していない方だと思います。グロービスには必ずそれを埋めるものがあり、加えて必ず新しい自分を発見できる場となり、自分の可能性の広がりを感じられる場になると断言できます。
 経営の知識を修得し、数多くの意思決定の疑似体験を得て、優秀な学生たちとの「人的ネットワーク」を構築し、志を醸成する。「ビジネス・リーダー」に必要な学びの全てがグロービスにはそろっています。また、何か新しいことをやりたいと願う人にとって、グロービスは同志と出会う場所になるでしょう。何かやろうとしても、一人の力には限界があります。皆さんの想いや信念を仲間に語ってみてください。きっと多くの仲間たちが、皆さんの同志となってくれるはずです。
 時間は有限であり、明日何が起きるかは誰にもわかりません。この文章を読んで頂いているのも一つの縁だと思います。ぜひこの良き縁を生かしてもらいたいと思います。
内田智久さん ● Tomohisa Uchida

 グロービス経営大学院2012年入学、2015年卒業。青山学院大学経済学部卒業後、金融を通じて企業の役に立ちたいという思いからオリックス(株)に入社。7年間勤務後、(株)ウチダコーポレーションの役員を経て代表に就任。リサイクルショップ、家電販売店を運営する一方で、新規ビジネスとして2015年4月に愛知県豊田市にてデイサービス事業である「運動リハビリステーションAQUA」をの運営を開始。現在多店舗化を計画中。

内田智久さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。