堂本千晶さん 評判・卒業生の声

学生の声

手あたり次第に知識だけを習得するものの、
それらを実務で上手く活用できず悩んでいた。

外資系製薬メーカー


グロービス経営大学院 2012年入学 2014年卒業

堂本千晶さん Chiaki Domoto

※2013年掲載・2015年更新

堂本千晶さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

手あたり次第に知識だけを習得するものの、それらを実務で上手く活用できず悩んでいた。

 MR職(医薬情報担当者)として入社後、6年目に縁あって本社のマーケティング関連業務に異動となりました。しかし、異動後は営業時代に身につけたスキルだけでは周囲の期待に応えられず、毎日悔しい思いをしていました。そうした状況を見かねたのか、上司がグロービス・マネジメント・スクール(GMS)での受講を奨めてくれたのです。それがグロービスと出会ったきっかけでした。
 3ヶ月間のGMSでの受講を終え、マーケティング担当者として最低限必要な知識の習得ができたお陰で、業務にも徐々に慣れ始めていたのですが、新たな課題にぶつかりました。当時、マネジメント層が参加する会議に同席することが多くなり始めたのですが、会議中の会話が理解できず、マーケティングの知識だけではここではやっていけないと感じ始めたのです。

そこで、英会話学校での会話のテーマをビジネス関連に変更したり、通信教育を始めてみたりと、少しでもビジネスの知識を増やそうと手あたり次第手を出しました。しかし、状況はなかなか改善されず、経営層の問題意識を把握するにはビジネスの基礎知識を得るだけでは足りない。そうした知識を使って経営課題を分析する訓練がもっと必要だと感じるようになったのです。そこで、インターネットで検索してみたり、同僚に相談に乗ってもらったりしたことがきっかけとなり、経営課題を分析するスキルを鍛える手段としてMBAへの進学を視野に入れ始めました。手あたり次第に知識だけを習得するものの、それらを実務で上手く活用できず悩んでいた日々から脱却したい、そんな悩みを解決するために経営大学院への進学を決めたのです。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

成長意欲の高い学生が集まっていることが出願の決め手に。

 グロービスだけではなく他の大学院も検討しました。私は、異動により学びの必要性を感じたこともあり、学びと実践のサイクルを回しながら今の職場で成長したいと考えていました。休職をして全日制の大学院でのMBA取得を目指すことは考えず、仕事と両立しながら学べる環境を模索しました。
 私は、①即実践につながるスキルを習得できること、②学生の熱意が高く刺激的な環境であること、③ビジネスの現場に則したリアリティのある話を交えながら授業を進めてくれる教員がいること、④仕事が入っても振替受講が可能なこと、を判断軸としてビジネススクールの比較を進めました。また、オープンキャンパスやセミナーに出向き、卒業生の声を直接聞くことで、自分の目で各校の特徴や雰囲気を把握するようにも心がけていました。その上で、大学院への通学経験のある同僚の話から、グロービスは上記の判断基準をすべて満たせそうだということが分かったこと。そして、私自身がGMSの受講経験があり、すでに学校の雰囲気をよく知っていたこともあり、大学院の科目を1科目から受講できる単科生として受講を始めたのです。
 最初に受講したのは、『クリティカル・シンキング』。この科目で学んだことを実務で活かしてみると、自分の課題が見え仕事の進め方が少しずつ改善されてゆき、毎日の業務で大きな充実感を得ることができるようになったのです。また、グロービスは利害関係がなく業界や職種の異なる多様性のあるコミュニティであることに加え、成長意欲の高い学生が集まっていることが出願の決め手となりました。会社を離れて切磋琢磨できるこうした仲間が得られたことで、自分の可能性を信じて前に進もうという強い気持ちが芽生え、本科への出願を決意したのです。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

仲間のパワーに感化され自分のエネルギーもどんどん高まってゆくことを実感できる。
 何よりもグロービスに集まっている「人」が、大きな魅力だと思っています。共に学ぶ仲間が発する熱量の多さにとても刺激を受けました。授業では、年齢も業界も職位も関係なく、一つの課題に対して真剣にディスカッションを行います。時には、白熱して議論が止まらずに懇親会まで持ち越しになるということもあります。授業だけではなく、在校生・卒業生が所属する学校公認のクラブ活動や、全国の学生が年に1度集う「あすか会議」などを通じて、自分の関心のあるテーマについて仲間と語り合える機会が多いことも、他のビジネススクールにはないグロービスの特徴のひとつです。
 グロービスにいると、仲間のパワーに感化され自分のエネルギーもどんどん高まってゆくことを実感できます。社会人になってから、会社や業界を超えて切磋琢磨できる仲間を得られる場を持てることはとても貴重であり、グロービスで得られた仲間は、私にとってとても大きな財産だと思っています。またクラスメイトだけではなく、実務経験豊富な教員も非常に魅力的です。経営層は私にとってはまだ遠い存在であり、教員の方々が経験してこられたマネジメント実務での成功例や失敗例を交えたディスカッションは、現場で働く私のような学生にとって、他では得られない貴重な機会でした。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

自分の可能性を信じてつき進むことができるように。

 1つ目の変化は、学んだことを成果につなげることをより重視するようになった点です。MBAでの学びを通じてビジネスの基本となる「思考の型」を学びましたが、実際の仕事は問題が複雑に絡み合っており、一筋縄ではいきません。しかし、以前は立ち往生していた問題に対して、視界がぼんやりしている状態からでも少しずつ情報を整理・分析し、見落としている点がないかどうか俯瞰的に物事を捉えられるようになったことは、グロービスで学んできた効果の一つだと思っています。卒業後も情報交換を定期的にしているグロービスの仲間とディスカションする場を設けたり、新たな知識をインプットしたりと、学びを成果につなげるための努力を続けています。
 2つ目の変化は、自分の可能性を信じることができるようになったことです。グロービスには『企業家リーダーシップ』という、自分自身の「志」について考え、掘り下げていく科目があります。この科目と、卒業直前に受講した『企業の理念と社会的価値』という科目を通じて、「何のために働くのか。大切な時間を自分は何に費やすのか」ということを明確にすることができました。忙しくなると目の前の業務に追われタスクをこなすことだけになってしまいがちなので、授業で作成した当時の資料をスマートフォンに入れ、定期的に見返すようにしています。ハードな状況やプレッシャーのかかる仕事に直面しても、自分の価値観を明確にできていることで非常にポジティブな気持ちで向き合うことができています。「何のために働くのか、自分は何を大切にしたいのか」が明確になってからは、困難な状況に遭っても、「きっと大丈夫だ」と思えるようになり、自分の可能性を信じてつき進むことができるようになりました。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分の可能性を信じて、将来を思い描き必死に学ぶ。
そんな刺激溢れる学生生活を送ってみませんか。
 私たちは24時間という時間が平等に与えられ、その多くの時間をビジネスに費やしています。このビジネスに関わる時間の中で、もどかしい思いをし続けることはとてももったいないことだと思います。日々、ビジネスの現場で悩み続けている方は、勇気を持って一歩踏み出してグロービスで学んでみてください。翌日から実務に活かせることを自分で確かめられるはずです。
 そしてグロービスには、マネジメント能力を習得するだけではなく、人生を変える仲間と出会える機会があります。社会問題を解決したい人、自分の会社を変えたい人、新商品を世に送り出したい人、起業したい人など、それぞれに強い志を持った仲間が集まっています。グロービスに集まるのは、互いに成長し合うことを願う人たちばかり。仲間に励まされ、時には厳しい指摘を受けながら、自分の成長を日々実感できる場所です。
 皆さんも志をもった仲間が活躍する姿を間近に感じながら、自分の可能性を信じて、将来を思い描き必死に学ぶ。そんな刺激溢れる学生生活を送ってみませんか。今、皆さんの心の中に湧き起っている知的好奇心や、ビジネスに対する情熱をぜひ大切にしてください。
堂本千晶さん ● Chiaki Domoto

 グロービス経営大学院2012年入学、2014年卒業。同志社女子大学学芸学部英語英文学科卒業後、2005年に現在の会社に入社。5年間のMR職を経て、本社にて新薬の上市支援、部門横断チーム立ち上げプロジェクト等を経験し、現在は、短~中期マーケティング戦略立案とオペレーションプラン立案の支援、マーケティング組織の機能向上のための各種企画等に携わっている。

堂本千晶さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。