朝岡真央さん 評判・卒業生の声

学生の声

書籍を読むだけでは決して鍛えられない、
自分の頭で考え結論を導く力を鍛える場所。

有限責任監査法人トーマツ

マネジメントサポート(経営管理)
グロービス経営大学院 2012年入学 2015年卒業

朝岡真央さん Mao Asaoka

※2013年掲載・2015年更新

朝岡真央さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

視野が狭く、未熟な思考力と知識しか持ち合わせていないことに気付いた。

 実は「単科生制度」を利用して受講をスタートした時は、MBAの取得は全く考えていませんでした。
 当時、私はメーカーの営業企画職で既存市場での販路開拓、未進出国での市場性調査など、分からないことは走り続けながら試行錯誤するという姿勢で日々の業務に取り組んでいました。しかし、ある投資プロジェクトを社長へ提案することになり、投資回収計画という定量分析に挑戦することになりました。先輩方や書籍に頼りながら挑戦するもこれまで無縁だったファイナンスという領域に悪戦苦闘し、専門家に学びたいと思いインターネットで検索した際に、グロービスに出会いました。

 初めは苦手かつ必要な科目のみを受講しようという気軽な気持ちで受講を始めたのですが、「クリティカル・シンキング」「マーケティング・経営戦略基礎」といったグロービス経営大学院の登竜門である科目を受講しながらその気持ちは徐々に変化していきました。受講して感じたのは、4年間営業企画という立場で顧客と打合せや交渉をしてきた自分は視野が狭く、未熟な思考力と知識しか持ち合わせていなかったこと。とても恥ずかしい思いに陥ったことを思い出します。以後、私にとってグロービスで学ぶことは、ビジネスに携わるものとして、最低限必要な知識習得の手段であるとともに、MBAはビジネスパーソンとしてスタートラインに立つために必要なものだと考えるようになりました。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

書籍を読むだけでは決して鍛えられない、自分の頭で考え結論を導く力を鍛える場所。

 多様な教員陣と共に学ぶ仲間が、グロービスを選択した理由です。
 グロービスの教員は、普段は企業でマネジメントに携わる、もしくは経営者である方々ばかり。実務の現場にいる教員だからこそ、経営のダイナミズムを教員の経験や苦労話を通じて体感することができます。また、ケース(企業事例)を題材として、経営者やリーダーの立場でどのような思考プロセスを踏み、意思決定すべきなのかを議論するのがグロービスの授業スタイル。教科書を読むだけでは決して学べない、自分の頭で考え自らの結論を導くための訓練をする機会が数多く用意されていることに魅力を感じました。
 また、各々異なる分野で活躍し、職種も年齢も異なり、互いの利害関係のない学生たちとディスカッションする機会は社内では決して得ることができません。ケースに課せられた課題に対して、各々が考え抜いた回答を持ち寄り真剣に議論をすると、自分だけでは想像できなかった考え方に触れることができるのです。こうした機会は授業だけではありません。学生たちが自主的に行う勉強会や懇親会を通じた交流からも、多くの刺激が得られます。私にとってグロービスは、会社や日本を良くしたいという想いをもつ仲間と刺激し合いながら、相互作用から成長していくとても貴重な場所となりました。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

自らの人生を振り返り、自問自答しながら自分の心の声に耳を傾け、リーダーとしての心の在り方を学ぶ。
 私にとってグロービスの最大の魅力は、「自分と向き合う機会」とそれを「仲間と共に徹底的に考える時間」が用意されているという点です。
 ビジネスリーダーとして、経営の知識を習得することは大事だと思います。ですが、未来の日本や世界を背負って立つビジネスパーソンとして、リーダーとして毅然とした態度を保ち意思決定をするための心の在り方や、葛藤への対処法なども大切な能力だと感じています。これらに関し、書籍を読み、歴史に名を残すリーダーのメッセージから学ぶだけではなく、自らの人生を振り返り、自問自答しながら自分の心の声に耳を傾ける。そして自分の価値観を自覚するという時間を持ち、自分自身を導くことができる。そんな独学では生まれないリーダーを育成する場所がグロービスなのです。
 また、グロービスでは周囲からフィードバックを謙虚に受け止め、また同時に仲間との意見交換を通じて志に触れ、感化される姿を目の当たりにすることが多いことも他のビジネススクールとは大きく異なる点ではないでしょうか。そうした姿に触れることを通じ、自分がこれからの人生で仕事を通して成し遂げたいことや、リーダーとしてのありたい姿に唯一絶対の答えなどないからこそ、常に考え続けることが必要であり、その営みがリーダーとしての心の在り方を築き上げるのだと学びました。教科書では学ぶことのできないリーダーとしての心の在り方を学ぶことができることも、グロービスの魅力のひとつだと思います。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

問題の発生要因を根源から断つことができるように。

 グロービスに出会う前は、例えば、何らかの問題に直面すると、その問題をどうやって解決するかという解決策を真っ先に考えていました。ですが、今は問題の真因はいったい何なのかを構造的に捉え、どこにフォーカスを当てればその問題の発生要因を根源から断つことができるのかという考え方が定着しています。こうした考え方を踏むことで、周囲の納得も得やすくなり、仕事の効率も随分良くなりました。
 卒業後はキャンパスを訪れたり、学生仲間と集まる機会が減ったせいか、仕事以外で他者から刺激を受ける機会はやはり減ってしまいました。そのため、目の前の業務に忙殺され視座が下がらないよう、また仕事の目的や問題の構造をしっかりと捉え、問題の本質がどこにあるのかをこれまで以上に強く意識して、日々を過ごしています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

学術書や論文などを題材として、“経営学”を学びたい人にグロービスは勧めない。
 幅広い年齢層や職種、業種に携わる方々が集まるグロービスから、「多様性」というキーワードは外せません。こうした環境に身を置き、その中で自分と他者との意見の違いから最大限の学びを得ようという姿勢を持てる方には、グロービス以上の学びの場はないのではないでしょうか。
 また、グロービスはどの科目も、企業の実例が描かれたケースが議論の題材です。ケースの中の主人公の立場で、意思決定を疑似体験するケースメソッド方式。なので、学術書や論文などを題材として、“経営学”を学びたいという方にはグロービスはお勧めしません。論文や名著に記された経営理論にはもちろん触れますが、グロービスの授業が重視しているのは、そうした理論をいかに実務に適応させるか。知識は独学もしくは仲間と実施する自発的な読書会等で補完することが多いと思います。
 とはいえ、グロービスでの学びが自分に合っているかどうかは、いくら言葉で説明されても自信を持って判断するのは難しいと思います。そんな方は、まずは「単科生制度」を利用して、一度グロービス経営大学院の授業スタイルや校風を体感してもらいたいと思います。
朝岡真央さん ● Mao Asaoka

 グロービス経営大学院2012年入学、2015年卒業。立命館大学国際関係学部修了後、株式会社カネカに入社。太陽電池の海外事業に従事し、市場調査・販売、事業企画等の実務を経て、在学中に国際NGOへ転職。前職で得た知識と経験、そしてグロービス経営大学院での学びを活かし、国際NGOの組織基盤強化に奮闘した後、経営管理領域の専門性を高めるべく現職へ。

朝岡真央さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。