矢野智美さん 評判・卒業生の声

学生の声

問題から逃げずに自分の頭で考えるという癖がつく。

情報サービス企業


グロービス経営大学院 2013年入学 2015年卒業

矢野智美さん Tomomi Yano

※2013年掲載・2015年更新

矢野智美さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

ビジネスを学ぶことはやはり面白い。この知的好奇心を大切にして、一歩踏み出そうと考えた。
 私は「高い専門性を持ちながら、顧客の視点に立ったソリューションを提案できるSEになりたい」という思いを持って、現在の会社に入社しました。入社後しばらくはプログラミングなどシステム開発の基礎を叩きこまれる日々でしたが、一番楽しいと感じていたのはシステム要件を顧客にヒアリングをすることでした。
 顧客との会話の中から、システム導入の背景にある経営課題や戦略を理解できた瞬間がとても面白く感じられ、漠然と「ビジネスや経営のことをもっと深く知りたい」と思うようになったのです。一方で、まだ若手の立場でそんな気持ちを持つことに関して、後ろめたくも感じていました。「まずはエンジニアとして一流にならなくては。邪念は捨てよう」と自分に言い聞かせて過ごしていました。
 そんな折、グロービス・マネジメント・スクール(GMS)で『クリティカル・シンキング』を受講することになったのです。業種や職種も異なる受講生と議論しているうちに、世の中には無数の考え方や選択肢がある。自分はこれまで不要に自分を抑えつけていたのではないかと考えるようになりました。同時に、「ビジネスを学ぶことはやはり面白い。この知的好奇心を大切にして、一歩踏み出してみよう!」と考え、MBAを意識し始めたのです。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

「歴史」「知名度」「ブランド」などを重視していたが、「授業の質の高さ」からグロービスに出願することに。

 意識したきっかけが、グロービスの『クリティカル・シンキング』だったため、最初からグロービスを選択肢に入れていました。
 しかし、いざ出願するとなると、これまで「歴史」「知名度」「ブランド」などを重視して大学や高校を選んできた部分もあり、そうした条件を満たす他の大学院も検討対象にしていました。また、国内MBAよりもやはり海外のMBAが良いのでは・・・という考えも頭をよぎっていました。こうした自問自答を繰り返した後、ふと「そもそもなぜMBAを取得しようと考えるようになったのか?」と原点に立ち返って考えてみたのです。すると、「MBAという学位を得ることが目的ではない。経営への理解を深め、仕事で実践することだ。その目的にあった大学院を選ぼう」と素直に思い直すことができたのです。
 また、このとき『クリティカル・シンキング』に続き、『マーケティング・経営戦略基礎』を受講し始めており、やはりグロービスの授業の質は高いと確信を持てたことも大きかったです。
 この結果、母国語でしっかりと学ぶことが出来る国内MBAの中で、豊富なビジネス経験を持つ教員がそろっており、実践性を重視した授業を行っているグロービスの門を叩くことを決めました。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

実務で問題から逃げずに自分の頭で考えるという癖がつく。
 学んだことを実務で実践できることを強く意識した授業と実務経験豊富な教員の指導が得られるという点です。グロービスでは、理論やフレームワークなどの知識は予習で習得していることを前提として授業が進みます。授業では、ビジネス上100%正しい答えはないという前提に立ち、理論やフレームワークを駆使してより良い考えはないのか、最後まで思考を停止させずに自分の考えをアウトプットすることが求められます。こうした営みを繰り返しているうちに、実務において問題から逃げずに自分の頭で考えるという癖がついたと感じています。講義形式の受け身の授業では、こうした学びは得られないと思います。
 また、グロービスの学生はみな好奇心が強く、多様性に富んでおり、そうした仲間と共に学べることも魅力です。私の入学した2013年度は同級生が約500人。国内最大の規模を誇るグロービスですから、授業の度に一期一会の出会いがあります。年齢や業種・職種だけでなく価値観や志の異なる仲間たちから、出会いの数だけ刺激を受けることができます。このことが授業にのぞむ姿勢に程良い緊張感をもたらしています。一方で、授業を通じて親しくなったクラスメイトたちとはその科目が修了してからも、自主的に勉強会や懇親会を開催したりしながら繋がっていました。こうした授業以外の場面での交流が多いのもグロービスの魅力のひとつではないでしょうか。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

経営陣に刺さる提案が何かを理解できるように。

 現在の法人営業の仕事ではクライアントの経営層に対して提案をさせて頂く機会も多いのですが、経営者がどのような視点で事象を捉え、どのような筋道で物事を考えるのかということを徹底的に学んだことから、経営層に刺さる提案というものを意識できるようになりました。加えて、卒業後は社内でもよく提案するようになりましたね。定型業務を一つとっても「上の人が決めたことだから」とか、「これまでずっとこのやり方でやってきたから」などという理由では納得できない体質になってしまったので(笑)、より良いやり方を自分で考え提案するようになりました。
 在学中は職場とグロービスを往復することで精一杯な生活を送っていましたが、卒業後は時間を見つけて勉強会やセミナーに参加するようになりました。業務に直接結びつくテーマ以外の内容や業種のことでも興味をもって学ぶことで、本業にもポジティブな効果をもたらしてくれると考えています。これは、好奇心旺盛で行動力のある大学院の仲間から大いに刺激を受けたおかげだと思っています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分の足を引っ張るのも、自分の足を一歩踏み出させるのも、他の誰でもないあなた自身。

 「とりあえず」出願準備をしてみて下さい(笑)。というのも、出願のためにはエッセイを書く必要があるのですが、その課題について考える中で、自分自身と向き合い、これまでの自分の棚卸をする機会が得られるからです。この機会を得るだけでも、常に成長が求められるビジネスパーソンにとっては相当な意味があると思うからです。
 もしエッセイを書いた後に、MBAを取得することがやはりピンとこないとか、引っ掛かるものがあったのならば、それがその方にとっての答えなのだと思います。ただし、これは行動してみないと得られない答えです。ですので、ぜひ「とりあえず」出願準備をしてみて下さい。
それから、学びを始めるタイミングとしていつが適切なのかという悩みもよくお聞きします。

私も出願前は、女性として避けられない様々なライフイベントについて思案し、人生設計と照らし合わせたときに一体いつがベストなのかと悩みました。
 しかし、結局は学びたいと思ったときが一番の学びどきだと思います。学びたいと思っている時は、吸収力が違います。1回ごとの授業で世の中の見え方が、どんどん変わっていきます。いかに自分の視野が狭く、小さなことにとらわれていたのか。こうしたことに気づいてしまった今では、恐ろしくてもう過去に後戻りはできないです(笑)。
 自分の足を引っ張るのも、自分の足を一歩踏み出させるのも、他の誰でもないあなた自身です。ぜひご自身の心の声に素直に従って、一歩前に踏み出してもらいたいと思います。

矢野智美さん ● Tomomi Yano

 グロービス経営大学院2013年入学、2015年卒業。お茶の水女子大学理学部情報科学科卒業後、情報サービス企業に入社。アプリケーションエンジニアとして、システム保守開発や営業に従事。顧客の経営戦略を深く理解したソリューションを提案することを目標に、日々奮闘中。

矢野智美さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。