來田吉弘さん 評判・卒業生の声

学生の声

実務経験の豊富な教員による
ビジネスの現場を意識した授業。

大手自動車メーカー

生産技術者
グロービス経営大学院 2011年入学 2013年卒業

來田吉弘さん Yoshihiro Kida

※2012年掲載・2015年更新

來田吉弘さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

いつの間にか居心地のよい専門分野に閉じこもっている自分に気付いた。

 私は自動車メーカーで、製造技術に関わる仕事に携わってきました。入社3年目に、これまで関わった中で最大規模の新設備導入プロジェクトのリーダーに抜擢され、無事に完了させました。やっと一人前になったと一息ついていたのですが、大学時代からの親友たちが、新聞に掲載されるほどのビッグプロジェクトに携わっていることや、ネットビジネスで幅広い裁量権を持ってプロジェクトを引っ張っていることを知り、このままでは大きな後れを取るのではと危機感を持ちました。

 大きな夢を持って社会に出たものの、いつの間にか居心地のよい専門分野に閉じこもっている自分に気づき、「今のペースでは夢を実現できない。そろそろギアを上げなければ」と決心しました。学生時代からマネジメント分野に興味があったので、さっそく経営学の本を手に取り勉強を始めました。しかし、グロービスのオープンキャンパスに参加して体験授業を受けたときに、独学では決して得られないディスカッションを通じた学びの深さに感動し進学を決めました。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

実務経験の豊富な教員による、ビジネスの現場を意識した授業。
 最初は海外留学を考えていましたが、実務を通じてしか得られない「現場感」を大事にしたいと思い、仕事をしながらMBAを取得しようと考え直しました。
 その後、複数のビジネススクールの体験授業に参加しました。グロービスに決めた理由は、ビジネスの現場で通用する実践的なマネジメント能力が身に付くと感じたからです。実務経験豊富な教員による、常に現場を意識させるファシリテーションにより、活発で質の高いディスカッションが展開され、向上心溢れる学生との議論に揉まれることで自分の思考が研ぎ澄まされていくように感じました。
 業界やポジションの異なる学生からの鋭いフィードバックに正面から向き合うことは、自分の考えを客観視できるだけではなく、深化させるためにもとても重要です。グロービスの授業は、まさに思考力を鍛える絶好の「場」であると確信しました。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

自らの「志」が見えることで、新たな挑戦に踏み出す勇気が得られる。

 グロービスの授業は、「ケースメソッド」と呼ばれるディスカッション形式で進められます。教科書通りの回答を用意するのではなく、常に「自分ならどうするのか」を予め徹底的に考え抜いた上で、授業にのぞまなければなりません。入学当初は、戦略の科目なら戦略の視点でしか、マーケティングの科目ならマーケティングの範囲内でしか、物事を考えられませんでした。しかし、実務家である教員や学生同士で議論を重ねていくことで、半年ほど経った頃には、「戦略・マーケティング戦略」「人材マネジメント・リーダーシップ」「アカウンティング・ファイナンス」の各分野が自分の頭の中で繋がり、より広い視野、高い視点で物事を見る習慣が身につきはじめました。共に学ぶ仲間たちも、みな探究心と成長意欲溢れ、常に自らのビジネスに対して高い問題意識を持っている学生ばかり。彼らと共に机を並べるだけも会社では得られない学びが得られました。
 また、グロービスの最大の特徴は、「自分は何者で、何を成し遂げたいのか?」を問い続け、自分の内面に真剣に向き合う「志」系と呼ばれる科目群が存在することです。自分自身に徹底的に向き合うことで、自分の「想い」を顕在化させ、それらを仲間同士で語り合うことで磨いていく。この営みを繰り返すことで、自分の「志」や「使命」が具体化され、新たな挑戦に踏み出す勇気につながっていくのです。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

「自分が最後の砦」という意識が芽生え、「突破力」を養えるように。
 担当するプロジェクトを一つの小さな会社経営と見立て、ヒト・モノ・カネをうまく活用すること。加えて、どうリーダーシップを発揮するのかを常に意識して仕事をするようになりました。例えば、このプロジェクトの経験を通じてプロジェクトメンバーにどのように成長してほしいかを考える。設備仕様に対しては、プロジェクトの方針や予算に適合しているかを考える。問題発生時には、関係者に適切な働きかけを行い解決に導くなど、考えるべきテーマを漏れなく洗い出し、その1つ1つに真剣に向き合い、その成果を客観的に評価・改善するよう心掛けるようになりました。
 とくに難易度の高い課題に対しては、逃げずに「自分で仕留めること」にこだわって取り組むようになったのは大きな変化です。大企業で働いていると、上司や組織の力など大きな後ろ盾がありますが、経営者には、そんな甘えは許されません。「自分が最後の砦」という意識で常に仕事をすると、当然プレッシャーも強くなります。しかし、そのプレッシャーに打ち勝つためにトコトン考え抜くと、必ず微かな光が見えてきます。その光に向かってメンバーを巻き込んで突き進む。この経験を積み重ねることで「突破力」が磨き上げられていくのだと思います。
 こうした営みを繰り返すことができるようになったのは、グロービスで学んだお陰だと思っています。グロービスでは、同年代で既に会社経営をしている方や、「自分が最後の砦」という覚悟を持った方々と議論する場があります。それらを通じて、より広い視野と高い視座が身につき、さらには状況を的確かつ俯瞰的に捉えられる力を身につけることができました。その結果、自分の考えに自信が持てるようになり、さらに大きな仕事に挑戦していけるようになったのだと思っています。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分の直感を信じること。
 まずは悩む前に実際にグロービスの授業を受けてみることです。ぜひオープンキャンパスに参加して体験授業を受けてみてください。参加してみて、「ワクワクする」「もっと成長したい」など、ポジティブな気持ちが芽生えたなら、その直感を大事にして、まず第一歩を踏み出してみることです。
 出願にあたっての私の最大の悩みは、学習時間の確保でした。平日は遅くまで仕事があり、週末も不定期に出勤があり、なかなか出願に踏み切れませんでした。しかし、最終的には、「できる、できないは、やってみないとわからない。だめならその時点で考え直せばよい」という気持ちになり、出願することにしました。そのように思えたのは、実際に授業を受けて「グロービスでなら成長できる」と実感したことです。
 入学後は、仕事で授業を欠席することもありましたが、授業で普段から積極的に発言することで発言点を積み上げたり、振替受講制度を活用したりすることで着実に単位を取得しました。グロービスは忙しい社会人が通いやすいように様々な制度が用意されています。「成長したい」という強い気持ちがあれば、多少厳しい状況でも必ず乗り越えられるはずです。あれこれ思い悩む前に、ぜひ行動に移してみてください。志高き仲間と学び進めることで、きっと新たな世界が見えてくることが実感できると思います。
來田吉弘さん ● Yoshihiro Kida

 グロービス経営大学院2011年入学、2013年卒業。京都大学大学院工学研究科卒業後、「次世代モビリティの創造」を目指して大手自動車メーカーに入社。現在はボディー溶接工程の生産技術業務に従事。

來田吉弘さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。