佐野博政さん 評判・卒業生の声

学生の声

実際の行動レベルまで掘り下げる議論。
だからこそ実務で活かせる。

梅花堂紙業株式会社

代表取締役
グロービス経営大学院 2010年入学 2013年卒業

佐野博政さん Hiromasa Sano

※2012年掲載・2015年更新

佐野博政さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

常に戦略的に考え、マネジメントできる能力を身につけたい。

 会社を戦略的にマネジメントできる能力を身につける必要があると気付いたからです。リーマンショック後の事業環境の激変で、当社は厳しい経営状態に陥りました。もし当時の私の判断が少しでも遅れていたり、間違っていたりしたら、当社は今存在していなかったかもしれません。会社の存亡に関わる重要な判断を一人でする勇気も能力も欠けていた当時の私は、様々な経営者が集まる勉強会に参加し、必死に学び、多くの方からアドバイスをもらいながら何とか生き延びているという状況でした。

 そんな中、あるMBAホルダーと出会ったのです。彼は数々の企業の経営を立て直した実績を持っていました。そして競争力のある企業を育てようという高い志を持ったプロの経営者だと感じました。私はことあるごとに彼に相談し、多くの学びを得ていました。最終的に彼は、絶え間ない事業環境の変化を前に、私の成長を待っていられないと感じたのでしょう、執行役員に就任し当社を支えてくださることになりました。一緒に仕事をするようになると、彼が持っている常に戦略的に考える能力は、経営者である私にも必須の能力であり、彼と同じレベルの思考の深さと広さを持った上で、お互いの考えをぶつけ合うことが、会社の成長を支えることにつながると確信し、MBA取得を決断しました。私が模索していた理想の経営者の姿が具体的になり、学ぶべきことが明確になったのです。

なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

実際の行動レベルまで掘り下げる議論。だからこそ実務で活かせる。
 グロービスを意識し始めたのは、私が尊敬するMBAホルダーの方が「日本でMBAを取得するなら、迷わずグロービスだ」と強く薦めてくれたことがきっかけです。今となっては私も、MBAの取得が目的ではなく、MBAの学びを実務で具体的行動につなげることが目的ならば、間違いなくグロービスだと周囲に薦めています。なぜなら、教員一人ひとりが、様々な経営環境での修羅場を経験されており、その時々に自らの頭で考えた経営の意思決定の成功や失敗の経験を交えて授業が進められているからです。授業では、学術的な視点からの議論は行われません。
 「本当にそれで組織は動くのか?」「他の選択肢はないのか?」「成功確率を高めるためには具体的に誰を巻き込みどう行動すべきか?」など、抽象的な方向性の提示に留まらず、ビジネスの現場を意識して行動レベルまで掘り下げて議論します。学生が納得できるまで議論を尽くす授業が多く、その経験を翌日の実務ですぐに活かせることがグロービスの魅力です。
 また、名古屋のキャンパスでも東京校と同じ内容の授業を受けられることや、仕事の都合に合わせて授業を大阪や東京などで振替受講できる仕組みは、予定を読めないビジネスパーソンにはとても助かりました。

グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

グロービスだからこそ出会えた多くの仲間は、一生の財産。

 グロービスの魅力のひとつは、学生たちがみな「どんな困難にも挑戦し、必ず結果を出す」という非常に前向きなエネルギーに満ち溢れているので、新たなことにチャレンジしていくマインドが自然と生まれてくることだと思います。
 堀学長がよく話される言葉に「可能性を信じる」があります。この言葉を学生たちがしっかりと受け止め、常に可能性を信じて前向きに意見をぶつけ合うことで、「自らが進むべき方向や果たすべき役割=志」が醸成されるのです。入学するまでは、自分の「志」について深く考えたことがなかった私が、授業で様々なケースを通じて議論することで、経営の意思決定に最も影響を与えるのは、自らの「志」に照らし合わせて、自分にとって譲れないことは何なのかを考えることだと思うようになりました。こうした考えが芽生えたことで、自分と深く向き合う機会が増え、自分の進むべき道を探すためにより多くの仲間との出会いと刺激を求めるようにもなりました。各キャンパスの学生が年に1度集う「あすか会議」はグロービスの最大の魅力です。このカンファレンスで出会い、真剣に意見をぶつけ合った仲間との繋がりは、私にとって一生の財産となっています。

卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

課題をいち早く捉えることができるようになり、企画力・提案力が明らかに増した。
 弊社が関わる事業全体を俯瞰できるようになったことで、様々な場面での問題点や課題をいち早く捉えることができるようになり、企画力・提案力が増したことに大きな変化を感じています。
 入学前の私は、自社なりのビジネスモデルを確立することで、利益を追求することに注力してきました。しかしグロービスで学ぶ中で、中小企業である弊社が100年を超える成長を目指すうえで、これからの時代に自社だけで成長し続けることは困難であり、弊社を支えてくれる協力会社の持続的成長もあってはじめて成し得るのだと気付きました。今考えれば当然のことだとは思いますが、調達から供給までの流れ全体の効率を高めることで、品質の向上・商品提案力・コスト削減・リードタイムの短縮を実現できるようになり、弊社の競争力とブランド価値が明らかに高まったと確信しています。それに伴って、協力会社から、弊社のニーズに沿った提案を得られるようになり、さまざまな場面で取り得る施策の選択肢が広がっていると感じています。さらに、弊社に対する取引先の期待が大きく膨らんでおり、我々の事業規模では通常考えられない内容で協力をしてもらえるようになってきました。

グロービスへの出願を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

自分の未来を切り開くのは、他の誰でもなくあなた自身。
 自分の道を自らの力で切り拓きたいと考えているビジネスパーソンの方々は、志高きグロービスの仲間とともに能力を磨き合いましょう。きっと皆さんは、「今の自分を変えたい」「もっとリーダーシップを発揮したい」「現在の組織のあり方に疑問があり変革したい」「新たなビジネスに挑戦したい」といった漠然とした希望を持たれているかと思います。今は漠然としていても、何らか未来の自分に希望を持っているなら、ぜひ一度オープンキャンパスに足を運び、同じ思いを持った人たちと話をしてみてください。きっと自分の悩みが小さく見えますよ。たとえ、出願時に自分の思いが形になっていなくとも、グロービスで学び仲間との議論を通じて、きっと明確になってくるはずです。
 また、日々の業務に忙殺され、学びたくてもなかなか決断ができない方も多いと思います。そういう方は、単科生制度を利用して授業を受けてみてください。そうすれば、今やるべきことの「優先順位」が明確になり、自然とタイムマネジメント力が向上し、限られた時間をうまく使って学びの質と吸収スピードを高められる自分に変化していくことを体感できます。
 自分の未来を切り拓くのは、他の誰でもなくあなた自身です。さあ、グロービスの仲間とともに新しいことに挑戦していきましょう。
佐野博政さん ● Hiromasa Sano

 グロービス経営大学院2010年入学、2013年卒業。大同工業大学建設学部卒業後、大和工商リース株式会社入社、大阪支店規格建築事業部に配属。在籍中に阪神・淡路大震災に遭遇し、社屋が倒壊した企業の再建にかかわる中で、家業を継ぐことを決意。現在は、梱包材緩衝材の設計・製造・販売を主な事業とする梅花堂紙業株式会社代表取締役として、積極的に新規事業立ち上げを進めている。

佐野博政さん 評判・卒業生の声 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。