セミナー

【特別セミナー】“成功”と“失敗”、分かれ道はなにで決まるか
~入社10年目までに必要なこと~

「より成果を出せるようになりたいが、経験を積む以外で仕事に役立つことはあるのか?」
「目指すキャリアを早期に手に入れるために、どのような準備をしておくべきなのか?」
「近いうちに“リーダー”になりそうだが、求められる要素はどう変わっていくのか?」


入社して数年間、仕事で成果を出し続けてきた方でも、「入社10年目」というひとつの区切りを前にし、このような気持ちを抱くことは多々あるかと思います。
実際に、グロービス経営大学院にはたくさんの20代後半~30代前半の方にお越しいただいていますが、多くの方が入学前にこのような不安や疑問を持ち、そしていざチャンスが来た時に越えられない壁にぶつかったとおっしゃいます。


本セミナーでは、私たちを取り巻く環境がどのように変化しているかをお話しすると同時に、その変化が激しい時代に何を準備しておくべきなのかを考えていきます。

第1部ではグロービス経営大学院 研究科長田久保より、「変化の激しい時代に、リーダーとして何を身につけるべきか」をわかりやすくお伝えします。
また第2部では、入社10年目を前に、グロービス経営大学院で学ばれた卒業生お二人からお話を伺います。新規事業計画に挫折し続けた経験、意思を持って希望を出し獲得した異動経験など、お二人のリアルな経験を伺いながら、 “成功”と“失敗”を分ける要素は何かを考えていきたいと思います。

それぞれが語る“本音”に触れる時間を通じて、ぜひ、ご自身へのヒントを探していっていただければと思います。
なお、セミナー終了後はセミナー会場にて懇親会を予定しております(自由参加)。
近しい年代のご登壇者様や参加者の皆さまと懇親を深める機会にしていただければ幸いです。

このイベントをFacebookで友だちに教える
▼ コメントを見る
▲ 閉じる

|| 開催概要

■日 時:2017年6月9日(金)19:30-21:00(受付19:10開始)
■場 所: グロービス経営大学院 東京校
■参加費: 無料
■定 員:50名
■ 対象
・社会人経験10年目位までの方を対象としております

■セミナー構成
第一部 講演 田久保善彦
第二部 パネルディスカッション
    グロービス経営大学院 卒業生(2名) × 田久保
第三部 質疑応答
※セミナー終了後、会場にてご登壇者様を交えた懇親会を予定しております。こちらも是非ご参加ください。

|| お申し込み

|| 第一部スピーカー・第二部モデレーター プロフィール

田久保 善彦 | Yoshihiko Takubo

グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長
学校法人グロービス経営大学院 常務理事

慶應義塾大学理工学部卒業/同大学院理工学研究科修了/スイスIMD PEDコース修了。
株式会社三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁(経済産業省、文部科学省他)、自治体などを中心に調査、研究、コンサルティング業務に従事。現在グロービス経営大学院及びグロービス・マネジメント・スクールにて企画・運営業務・研究等を行なう傍ら、グロービス経営大学院及び企業研修におけるリーダーシップ開発系・思考科目の教鞭を執る。経済同友会幹事、経済同友会教育問題委員会副委員長(2012年)、経済同友会教育改革委員会副委員長(2013年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問、NPO法人の理事等も務める。著書に『ビジネス数字力を鍛える』『社内を動かす力』(ダイヤモンド社)、共著に『志を育てる』、『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』、『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済新報社)、『日本型「無私」の経営力』(光文社)、『21世紀日本のデザイン』(日本経済新聞社)、『MBAクリティカル・シンキングコミュニケーション編』、『日本の営業2010』『全予測環境&ビジネス』(以上ダイヤモンド社)、『東北発10人の新リーダー 復興にかける志』(河北新報出版センター)、訳書に「信念に生きる~ネルソン・マンデラの行動哲学」(英治出版)等がある。

|| 第二部登壇者 プロフィール

齋藤 眞一朗(GMBA2012期、2014年卒業) | Shinichiro Saito

株式会社ラネット 執行役員キャリアショップ事業本部長 兼 MVNO事業部長
福島大学教育学部卒業
グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了(MBA)

大学卒業後、家電量販店での店頭販売員を経て株式会社ラネットに入社。卸先営業・インフラ構築・新規事業などを担当。新規事業担当時には数多くの新規事業に携わるもそのほとんどが実を結ばず、大きな挫折を経験。その挫折をきっかけにグロービスへの進学を決意する。グロービス在学中にBIC SIMのリリースに関わり、グロービス卒業後より執行役員として販売店運営事業・MVNO事業の2つの事業部門を統括している。また、2016年よりグロービスマネジメントスクールにて『組織行動とリーダーシップ』の講師を務める。

※MVNO=Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体サービス事業者)

|| 第二部登壇者 プロフィール

本田 慎二郎(GMBA2015期、2017年卒業) | Shinjiro Honda

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 法人システム営業本部 企画部 主務
2010年パナソニック株式会社入社後、4年間人事業務(任用・教育訓練・海外人事・事業構造改革を担当)に従事。その後、経営企画部門にて全社成長戦略の策定及び事業基盤の構築を担当。2015年より物流・流通・製造業界を担当する営業企画部門にて立案した戦略の実行を担う。2017年4月に希望していたデザイン会社への異動(出向)を実現し、現在デザイン会社にて、営業及びパナソニックとの協業を推進中。