セミナー

【福岡校/特別セミナー】「途上国から世界に通用するブランドを」
            ~志をかたちに~マザーハウス 山口氏の挑戦[5/26(金)開催]

今回のグロービス経営大学院 福岡校 特別セミナーは、貧しい国々のために何かをしたいという強い志を胸に、アジア最貧国であるバングラデシュで株式会社マザーハウスを起業された、山口 絵理子氏をお迎えします。

大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じた山口氏は、「必要なのは施しではなく、先進国との対等な経済活動」という信念のもと、2006年に当時24歳で株式会社マザーハウスを設立しました。

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げる同社は、バングラデシュの天然素材であるジュート(麻)やレザーを使ったバッグを中心にファッションブランドとして展開し、発展途上国の貢献に寄与しようと挑戦を続けています。

設立から10年。途上国という異文化でのマネジメントは困難の連続でした。絶望の淵に立たされた時でも絶対に諦めなかった山口氏は、試行錯誤を繰り返しながら、奇跡を起こし続けてきました。

当日はバングラデシュでの起業に至った経緯や成長の軌跡、将来の展望までを熱く語っていただきます。 また、後半では参加者の皆さまからの質問を交えながら、山口氏のまわりを巻き込むリーダーシップや志をかたちにする実行力に迫ります。

やりたいことを見つけたいという方や新たな一歩を踏み出す勇気がほしいという方、社会問題を解決したいという思いをお持ちの方など、多くの皆さまに山口氏の想いや志に触れていただきたいです。 皆さまのご来場をお待ちしております。

概要

■ 開催日   2017年5月26日(金)
■ 時  間   19:00 ~ 21:00
■ 場  所   グロービス経営大学院 福岡校
■ 参加費 (当日受付にて申し受けます)
     一般の方 :
2,000円
     受講生: 1,000円
■ 定  員   150名

 第1部:山口氏ご講演
 第2部:対談
 第3部:質疑応答

お申込み方法

大学院本科生・卒業生

単科生・受講生

スピーカープロフィール 
山口 絵理子 Eriko Yamaguchi 

株式会社マザーハウス 代表取締役兼チーフデザイナー
1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。ワシントンの国際機関でのインターンを経てバングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程入学。現地での2年間の滞在中、日本大手商社のダッカ事務所にて研修生を勤めながら夜間の大学院に通う。2年後帰国し「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションとして株式会社マザーハウスを設立。現在バングラデシュ、ネパール、インドネシア、スリランカの自社工場・工房でジュート(麻)やレザーのバッグ、ストール、ジュエリーのデザイン・生産を行う。日本国内21店舗、そして台湾6店舗、香港2店舗で販売を展開。Young Global Leader (YGL) 2008選出。ハーバードビジネススクールクラブ・オブ・ジャパン アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2012受賞。フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006 最優秀賞受賞