セミナー

【茨城水戸・特設キャンパス】5/7(日)開催
地域を経営の力で変えていく‐水戸にMBAスクールをつくる理由
~グロービス経営大学院 学長 堀 義人 講演~

「グロービス経営大学院の6つ目のキャンパスを水戸に開設するーーー。」
2016年11月の決断は、社内外に大きな衝撃を与えました。

開学10年を迎えた2016年には750名を超える入学生をお迎えし全国5キャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)とオンラインを構える国内最大の経営大学院となり、「創造と変革」を体現しながらアジアNO.1のビジネススクールを目指しているグロービスが、人口27万の地方都市にキャンパスを構える理由とは何か。

■経営教育(MBA)が地方を再生する可能性とは。
■その先に描いている地方を活性化するビジョンとは。
■水戸で育む「創造と変革の志士」像とは。

堀義人学長本人がその思いを語ります。

後半の質疑応答の時間では、皆さまからの質問に堀が一つひとつお答えしながら、MBAの価値や、激変する昨今の環境下でビジネスリーダーに必要とされる資質や考え方、そしてそのための能力開発について、一緒に考えていきます。

MBAを考えている方はもちろん、今の時代において求められるビジネスリーダーの在り方や、必要な能力、そして地域の再創造について関心がある方はぜひご来場ください。

正面_170327

◆ 概 要 ◆

■日 時: 2017年5月7日(日)10:00-12:00
 第1部 10:00~10:30 学長 堀 義人 講演
 第2部 10:30~11:30 質疑応答
 第3部 11:30~12:00 特設キャンパス概要説明&質疑応答

■ 場 所:Remember ホール
     茨城県水戸市宮町1-3-38 中村ビル1F

■定 員: 50名  ■参加料: 無料

※終了後、希望者のみ個別相談を承ります。
※「体験クラス・説明会」も実施いたします。
 詳細はこちら

申込み方法

大学院 本科生・卒業生

単科生・受講生

スピーカープロフィール

堀 義人 | Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)

住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur’s Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、一般社団法人G1の代表理事を務める。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす 100の行動』(共著、PHP研究所)等がある。