セミナー

【出版記念セミナー】
『定量分析の教科書』
~30代までに身につけたい数字力の磨き方~(1/30(月)開催)

「定量分析の教科書」(東洋経済新報社)の出版を記念し、執筆者であるグロービス経営大学院教員 鈴木健一によるセミナーを開催します。

人工知能・ビッグデータの活用といったテクノロジーの進化が激しい今、ビジネスパーソンとして必要不可欠な数字力の磨き方をお話するほか、、
データ分析における仮説の立て方、問題解決に必要な数字の読み方といった具体的な分析手法の解説も行います。

グロービスの教育現場での過去10年間、のべ2,000人を越えるビジネスパーソンとの対話から芽生えた問題意識をもとに、特に30代前半までに身につけておきたい「ビジネス数字力」を磨くための学び方についてお話いたします。

 ●分析とはそもそも何なのか?

 ●分析ツールの使い方よりも大切な、数字を分析する際に持つべき考え方とは何か?

 ●データを、どのような視点、アプローチで見ていくと、意思決定に役立つ分析につなげられるのか?

意思決定に不可欠なスキルであり、ビジネスの基本となる数字力の身につけ方に興味がある方はぜひお越しください。

なお、ご参加頂いた方には書籍「定量分析の教科書」を進呈いたします。

書籍

概要

■ 日 時:2017年1月30日(月) 19:00~20:30
     (受付18:30開始)
■ 場 所:グロービス経営大学院 東京校
■ 参加費:3,000円
※参加費は当日受付にてお支払いください。

■ 定 員:100名

■ 対 象:35歳までの方
※学生(未就業者)の方の参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承くださいませ。

第1部 講 演 グロービス経営大学院 鈴木 健一
第2部 質疑応答
※参加者の皆様から質問を承ります。

お申込み方法

単科生・GMS生の方

大学院 本科生・卒業生

スピーカープロフィール

鈴木 健一 | Suzuki Kenichi

東京大学大学院工学系研究科修了
学位:工学修士
米国シカゴ大学経営大学院修士課程修了
学位:MBA

野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。グロービスでは2006年の大学院設置認可、さらに2008年の学校法人設立など、開学から2016年3月まで10年にわたり事務局長として大学院運営にたずさわってきた。現在は教員に専念し、ビジネス定量分析、クリティカルシンキングをはじめとする論理思考系科目の科目開発、授業を担当している。また、最近は人工知能オタクと化しつつある。