セミナー

【中継:トップセミナー】
「文部科学省で教育改革を実現するリーダーシップと哲学」
衆議院議員 下村博文氏(3/25(金)開催)

ゲストに、衆議院議員 前文部科学大臣 下村博文氏をお迎えいたします。

下村氏は、9歳のときにお父様を交通事故で亡くし、高校・大学を奨学金でご卒業されました。早稲田大学在学中に始めた学習塾が成功し、教育の世界へ進まれ、その後東京都議会議員を経て、1996年に衆議院議員初当選。(現在7期目)

文部科学大臣政務官や内閣官房副長官を歴任し、教育問題の第一人者として知られ、2012年12月から2015年10月まで文部科学大臣を務められ、「センター試験を廃止(2020年度)」という歴史に残る教育改革を果たされました。

また、教育だけでなく、スポーツも国を支える重要な分野・成長産業として捉えて「スポーツ庁」を設置するなど、未来を見据えての改革にも取り組まれました。

セミナー当日は、改革を実現するリーダーシップと哲学をお話頂くと共に、次の時代を拓いていく能力と、その伸ばし方についてもお話いただきます。

ご講演後は、グロービス経営大学院学長の堀義人との対談、東京校・大阪校・名古屋校・仙台校・福岡校の皆様との質疑応答の時間もございます。

皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。

下村博文氏

概要

■ 日 時:2016年3月25日(金)19:00-21:00
     (受付18:30開始)
■ 場 所: グロービス経営大学院 大阪校
■ 参加費: 一般の方:2,000円
     受講経験のある方:1,000円
■ 定 員:100名

※参加費は当日受付にてお支払いください。
※本セミナーは「東京校からテレビ中継」いたします。

 第一部 ご講演 下村博文氏
 第二部 対 談 下村氏/グロービス経営大学院学長 堀義人
 第三部 質疑応答
 ※東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の参加者皆様から質問を承ります

お申込み方法

一般の方

受付は終了しました

大学院 本科生・卒業生

受付は終了しました

単科生・受講生

受付は終了しました

スピーカープロフィール

下村博文氏

下村 博文氏 | Hakubun Shimomura

衆議院議員
前文部科学大臣

昭和29年群馬県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。平成元年東京都議会議員に初当選。自民党都連青年部長、都議会厚生文教委員会委員長などを歴任し2期7年を努め、平成8年第41回衆議院総選挙において東京11区より初当選(現在7期目)。
9歳の時、父の突然の交通事故死により苦しい生活がはじまる。高校・大学を奨学金のおかげで卒業できた。その間、多くの人々に助けられ「皆に恩返しを」という気持ちが高まる。また大学時代に交通遺児育英会の活動、早稲田大学雄弁会の幹事長等を経験し、日本をリードしていく情熱あふれる人々との出会いにより、自分の進むべき道は政治家であると確信する。
以来、その使命感が原動力となり、行き詰った政治システムを再興し、「教育改革を通して日本の再構築」を実現することを目標とし、人の役に立つことが自分の人生の喜びであることを念頭に活動している。
自民党青年局長、法務大臣政務官、議院運営委員会理事議事進行係(第70代目)、第二次小泉内閣の文部科学大臣政務官、自民党国対副委員長、内閣官房副長官を歴任。自由民主党シャドウ・キャビネット文部科学大臣、自民党教育再生実行本部長を経て、現在は第三次安倍改造内閣にて文部科学大臣 教育再生担当大臣、東京オリンピック・パラリンピック大臣を務めた。現在、自由民主党総裁特別補佐兼特命担当副幹事長。



スピーカープロフィール

堀 義人

堀 義人 | Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。
住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。

現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、2013年4月に一般社団法人G1サミットの代表理事に就任。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)等がある。