セミナー

【福岡校特別セミナー】「ミーボで変える家族コミュニケーション」
~6Tech×IT&ITの最新起業事例~
ユニファ株式会社 代表取締役社長 土岐 泰之 氏 [2/18(木)19時開催]

これからのメガベンチャーのトレンドは、「6Tech」と「IT&IT」です。既存事業とITを組み合わせた「6Tech」(Fin tech,Edu Tech,Healthcare Tech,Home Tech,Auto Tech,Frontier Tech)と呼ばれる分野や「IT(Information Technology:情報技術)&IT(Industry Transformation:産業の改革)」領域への期待は、今後10年でますます高まる見込みです。

また、ベンチャーキャピタルであるグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)は、2016年1月4日に総額160億円の新ファンドを組成し、これらの領域を投資対象としていきます。テクノロジーを利用して既存業界にイノベーションを生みだすベンチャーは投資業界も注目する最新のビジネスモデルと言えます。

そのビジネスモデルを体現したベンチャー起業家の一人が、ユニファ株式会社 代表取締役社長 土岐 泰之氏です。2013年にスタートアップした同社は、2015年8月に保育園・幼稚園向けの園児見守りロボット「MEEBO」(ミーボ)を発表しました。「ミーボ」は、内蔵したカメラで自動的に写真を撮影するほか、地震速報、体温の検知、園児と一緒に遊ぶ等の機能を開発/検証中です。撮影したデータはサーバーに転送され、保護者が閲覧・購入できます。土岐氏はミーボの普及により、保育園や幼稚園の人手不足、共働き夫婦の増加による家族の時間の減少という2つの社会問題の解決に挑んでいます。

セミナー当日は、着想のきっかけやビジネスモデルの構築など「ミーボ」誕生に至る経緯や、全国展開に向けた今後の戦略について、対談を交えながらお話しいただきます。

概要

■ 日 時:2016年2月18日(木)19:00-21:00
■ 場 所:グロービス経営大学院福岡校
■ 参加費:一般の方:2,000円
      受講経験のある方:1,000円 
     (終了後、簡易懇親会付き)
■ 定 員:100名 
※参加費は当日受付にてお支払いください。

-内容-
第1部:土岐氏の講演
第2部:グロービス福岡校責任者 佐野との対談
第3部:質疑応答
(終了後、ラウンジにて簡易懇親会)

お申込み方法

一般の方

受付は終了しました

大学院本科生・卒業生の方

受付は終了しました

単科生・グロービス受講経験のある方

受付は終了しました

■スピーカープロフィール

土岐 泰之 氏 | Yasuyuki Toki

住友商事のベンチャー投資部隊にてIT企業を中心に投資・事業開発に従事。外資系経営戦略コンサルティング会社ローランド・ベルガーにて大企業を中心とした事業戦略/再生支援を実施。デロイトトーマツコンサルティングにて中堅企業を中心に事業戦略/会計関連プロジェクトに従事。2013年ユニファ設立。九州大学卒業。福岡出身

■スピーカープロフィール(対談、聞き手)

佐野 友昭 | Tomoaki Sano

グロービス経営大学院 福岡校リーダー
教員(マーケティング・経営戦略領域)
慶應義塾大学理工学部卒業。グロービス経営大学院(MBA)修了。 大手通信会社にて、研究開発、新サービス開発、法人営業に従事。その後グロービスに入社し、スクール部門のマーケティングチームのリーダー、企業研修部門のコンサルタントを経て、福岡校の立ち上げに挙手。グロービス経営大学院や企業研修でマーケティング・経営戦略領域の講師を務めるほか、講師育成やケース開発も行う。