セミナー

“数字力”を鍛え、実務で活用するためには 1/20(水)
データを分析し、意思決定につなげる【経営入門セミナー】

受付は終了しました

ビッグデータに象徴されるように、この数年“数字力”に関する書籍、雑誌を
目にすることが増えてきました。

ここまでブームになる背景の一つとして、誰でもデータを取得できる環境が整い、
データが少なかった時代にはわからなかったことがわかるようになってきたこと、
そしてそのデータをどのように分析すればいいのかが求められるように
なってきていることがあげられます。

同時に、これまでのビジネスの延長に正解がない中で、新たな価値創造につながるヒントを
データから得たい、というニーズが高まっているのではないでしょうか。

本セミナーでは、経営における分析の意味とは何かを考え、体験して頂けるように
小演習を取り入れていきます。

また、グロービスで日々学ぶ社会人が陥りやすい傾向から、

 ●分析とはそもそも何なのか?

 ●分析ツールの使い方よりも大切な、数字を分析する際に持つべき考え方とは何か?

 ●様々なデータを、どのような視点、アプローチで見ていくと、意思決定に役立つ
  分析につなげられるのか?


について考えていきます。

セミナー終了後は、参加された皆さまが、数字を見ることの楽しさを実感して
頂けるような場にしていきたいと思います。
ご参加をお待ちしております。


科目紹介:「ビジネス定量分析」

QAB

日程

■ 日 時:1月20日(水)19:30-22:00
     (受付開始19:10)
■ 場 所: グロービス経営大学院 東京校
■ 参加費:3,000円(当日受付にてお支払いください)
■ 定 員:40名

※グロービス・マネジメント・スクール 共同開催回

■ 対 象
 ・分析力を高めたいと考えているが、
  なにから手を付けてよいか悩まれている方。
 ・企画、提案業務において、より説得力を持たせる
  ことに課題意識をお持ちの方。

※グロービスでのご受講経験のない方。
(ご受講生の方は、別途ご案内のセミナーをご検討ください)

※これまでに「経営入門セミナー」
(クリティカル・シンキング/マーケティング/数字力入門)
 にご参加経験のない方が対象です。
 上記の参加経験があり、今回ご希望の方は
 事務局まで必ずお問い合わせください。

※同一法人からのお申込は、2名までとさせて頂きます。
 3名以上参加予定の場合は事前にご相談ください。

※社会人経験のある方が対象です。
 (学生の方の参加はご遠慮ください)

受付は終了しました

セミナー講師

鈴木講師

鈴木 健一 | Suzuki Kenichi

東京大学工学系修士、シカゴ大学MBA。野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。現在はグロービスに加わり、グロービス経営大学院の事業設計に携わるほか論理思考系科目の講師を担当する。