セミナー

【東京校/出版記念セミナー 満員御礼につき第2弾】
日本を動かす「100の行動」出版記念セミナー@東京(3/7(月)開催)

「この国も、やるべきことを100やれば明るい未来が開ける」

G1サミットが4年をかけてまとめてきた日本を良くするためのビジョン「100の行動」が書籍となりました。日本の抱える政策課題を網羅的に100個抽出し、掘り下げ、具体的な改革・行動の提案を行うほか、すべての各項目にわかりやすい図表を付け課題の概要が一目で理解できるように工夫をしました。政治行政関係者のみならず、ビジネスリーダーの皆さんにご活用いただけます。

今回のセミナーでは、著者のグロービス経営大学院学長 堀義人が G1メンバーの与野党の国会議員の論客をゲストに招き、「100の行動」の各テーマに即して最新の情報を取り上げます。予算国会が開会されている中、与野党の白昼の議論の最前線と将来に向けた重要課題へアプローチについて、生の声をお届けします。


●G1サミット/100の行動はなぜ生まれたのか
●いまの日本の政治に必要な改革とは、最も重要な政策テーマとは
●政治の信頼構築と次世代への責任を果たす政治の取り組みとは

など、ご参加者の皆様と積極的な議論を展開していきます。
第一弾はすでに満席となりました。今回は追加開催となります。
多くの皆さまのご参加を、お待ちしております。

当日は、ご参加者の皆様に「100の行動」の書籍を進呈します。

※政治情勢等により、登壇者が変更になる場合があります

主催:一般社団法人G1サミット
共催:グロービス経営大学院 東京校
    グロービス・マネジメント・スクール 東京校

書影

概要

■ 日 時:2016年3月7日(月)19:30-21:00
     (受付19:00~)
■ 場 所: グロービス経営大学院 東京校
■ 参加費:2,000円(当日は、ご参加の皆様に「100の行動」の書籍を進呈します)
■ 定 員:150名

※参加費は当日受付にてお支払いください。

第一部 スピーチ(堀義人)
第二部 パネルディスカッション 
    堀義人/小林史明氏/平将明氏
第三部 質疑応答
※参加者の皆様から質問を承ります。

お申込み方法

一般の方

受付は終了しました

大学院 本科生・卒業生

受付は終了しました

単科生・受講生

受付は終了しました

スピーカープロフィール

小林史明氏

小林 史明 | Fumiaki Kobayashi

衆議院議員

昭和58年:4月8日生まれ
平成19年:上智大学理工学部 卒業
平成19年:株式会社NTTドコモ 入社
平成24年:第46回衆議院選挙 当選
平成25年:自由民主党青年局 次長
     ネットメディア局 次長
     情報通信戦略調査会 事務局次長
     IT戦略特命委員会 幹事
平成26年:経済産業部会 副部会長
     総務部会 副部会長
     行政改革推進本部 幹事
     クール・ジャパン特命委員会 幹事
     組織運動本部団体総局
     商工・中小企業関係団体委員会 副委員長

スピーカープロフィール

平将明氏

平 将明 | Masaaki Taira

衆議院議員/前内閣府副大臣

早稲田大学法学部卒業後、サラリーマン生活を経て1991年家業である大田青果市場の仲卸「山邦」に入社、1996年同社社長に就任。
2003年社団法人東京青年会議所理事長。2005年経済産業省産業構造審議会基本政策部会委員就任、同年自民党の公募を経て東京第四選挙区より初出馬、初当選。
2009年二期目当選、2012年三期目当選、2014年四期目当選。
党経済産業部会長・シャドウキャビネット(影の内閣)行政改革・公務員制度改革担当副大臣・情報調査局長・衆議院決算行政監視委員会理事、経済産業大臣政務官、内閣府大臣政務官、自民党副幹事長、内閣府副大臣等を歴任

スピーカープロフィール

玉木雄一郎氏

玉木 雄一郎 | Yuichiro Tamaki

衆議院議員/安全保障委員会理事(野党筆頭)

昭和44年 兼業農家の長男として香川県さぬき市(旧寒川町)に生まれる
昭和63年 高松高校卒業
平成 5年 東京大学法学部卒業、同年大蔵省入省
平成 9年 米国ハーバード大学大学院(ケネディースクール)修了
平成17年 財務省を退職し、第44回衆院選に立候補。70,177票を得るも惜敗
平成21年 4年間の浪人生活を経て、第45回衆院選で109,863票を得て初当選
平成24年 第46回衆院選で79,153票を得て2期目当選
平成26年 第47回衆院選で78,797票を得て3期目当選

スピーカープロフィール

津村啓介氏

津村 啓介 | Keisuke Tsumura

衆議院議員

当選5回、岡山2区選出(岡山県岡山市東部(旭川より東の地域)、玉野市、瀬戸内市)
1971年10月27日 岡山県生まれ、44歳

1994年 3月 東京大学法学部(政治コース)卒業
1994年 4月 日本銀行入行
2001年 9月 オックスフォード大学経営学修士(MBA)
2002年 6月 民主党衆議院議員選挙候補者公募 合格者全国第1号
2003年11月 第43回衆議院議員選挙 初当選
      ⇒その後、第44回、45回、46回、47回衆議院議員選挙 当選
2007年1月 世界経済フォーラムより、Young Global Leader(世界の若手リーダー250人)に選出
2009年9月 内閣府大臣政務官(~2010年9月)(国家戦略室、経済財政政策、科学技術政策、地域主権推進担当)
2011年1月 与謝野馨内閣府特命担当大臣 補佐(~2011年9月)(社会保障・税一体改革、経済財政担当)
2011年9月 民主党 青年局長(~2014年9月)

【著 書】「国会議員の仕事-職業としての政治」 自民党・林芳正議員との共著 中公新書より(2010/03/25刊行)

スピーカープロフィール

堀 義人 | Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。
住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。

現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、2013年4月に一般社団法人G1サミットの代表理事に就任。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)等がある。